歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 前歯の抜歯後のインプラント治療について
相談者 桜坂
年齢 22 歳
性別 女性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - 桜坂 2018/01/11(Thu) 11:11
回答1 - 金田 祥弘 2018/01/11(Thu) 12:20
返信1 - 桜坂 2018/01/11(Thu) 16:22
回答2 - 金田 祥弘 2018/01/11(Thu) 17:44
回答3 - 松元 教貢 2018/01/11(Thu) 23:46
返信2 - 桜坂 2018/01/14(Sun) 19:11

  過去の質問 1 - 2018/04/10(Tue) 10:43 - インプラント治療前、前歯を抜歯した後の仮歯と歯茎…
  過去の質問 2 - 2018/03/08(Thu) 09:47 - 骨性癒着の前歯抜歯後の痛みと腫れはどの程度ですか?
  過去の質問 他1件


質問 桜坂 2018/01/11(Thu) 11:11

右1の前歯が、癒着を起こしており、
3月初め頃に抜歯します。
その後はインプラントを検討しており、
先日CTも撮ってもらいました。
その結果、骨の吸収が進んでおり、
インプラントするにもまず骨を作ることから
始めなければいけないそうです。

私のスケジュールの問題で、
抜歯後インプラント治療を開始できるのが5ヶ月後になります。
また、転居するので抜歯してもらう病院とは
異なるところでやることになります。
そこから骨作りを始めるとなると、
仮歯の期間がかなり長くなるのですが、治療的に大丈夫なのでしょうか?

調べていると、抜歯後2.3ヶ月でインプラント治療を開始、
仮歯の期間が長いと他の歯に影響が出るかも、
と出てきたので、不安です。

ご回答よろしくお願いします。
回答1 金田 祥弘 2018/01/11(Thu) 12:20

K DENTAL CLINIC(神戸市中央区)の金田です。

桜坂さん

こんにちは。

前歯の治療についてご心配のようですね。

>抜歯後インプラント治療を開始できるのが5ヶ月後になります。
また、転居するので抜歯してもらう病院とは
異なるところでやることになります。
⇒抜歯後にインプラント治療をするために、一度骨のリモデリングが行われることが望ましいと思います。ご年齢的にもまだまだ骨を作る力が強いと思います。新生骨ができるまでは3か月はかかりますので、5カ月待つことは特に問題にはなりません。それよりも骨造成が必要と診断されているのでしたら抜歯とインプラントを別の病院で行うことの方が心配ですね。抜歯時にできるアプローチもありますが、ドクターによって考え方も違いますので・・・

>仮歯の期間がかなり長くなるのですが、治療的に大丈夫なのでしょうか?
>調べていると、抜歯後2.3ヶ月でインプラント治療を開始、
仮歯の期間が長いと他の歯に影響が出るかも、
と出てきたので、不安です。
⇒抜歯後の仮歯ですと義歯タイプか臨在歯との固定タイプのどちらかでしょうか・・・
清掃性などは心配ではありますね。
抜歯後2カ月でというのは早い気がしますね。
返信1 桜坂 2018/01/11(Thu) 16:22

金田先生

ご回答ありがとうございます。

抜歯後の期間について、安心いたしました。

本来は、転居後に新たな病院で抜歯、インプラントをする予定だったのですが、先月から前歯がぐらつき始め、抜歯を先に行うことになりました…。
現在はCTや抜歯など大学病院で行っております。

清掃性、ということは、抜歯後の5ヶ月間も
定期的に見てもらう必要があるのでしょうか?
回答2 金田 祥弘 2018/01/11(Thu) 17:44

K DENTAL CLINIC(神戸市中央区)の金田です。

桜坂さん

>清掃性、ということは、抜歯後の5ヶ月間も
定期的に見てもらう必要があるのでしょうか?

⇒毎月のように見てもらうほどの必要性はないと思います。
ただ、現在の口腔内の状態を見せていただいたわけではありませんので、どういう治療を行うべきかとも言えません。
まずはむし歯と歯周病のリスクを評価してもらい、予防に力を入れていかれることをお勧めいたします。
プラークコントロールも重要ですのでブラッシング指導を受け、ご自宅でも奇麗な口腔内環境を保てるようになれば半年に一度の検診でも大丈夫だと思います。
それまでのインターバル(周期)は主治医の先生とよくご相談してみてはいかがでしょうか。
回答3 松元 教貢 2018/01/11(Thu) 23:46

松元教貢歯科医院(大田区山王)の松元です。

どう言う状態なのかが見ておりませんので、ハッキリとしたことは申し上げられませんが、かなり保守的な治療方針である、と感じます。

現在(私自身は18年以上も前からしてますが)抜歯即時植立インプラントでちゃんと周囲の骨も歯茎も治す、と言う方法がかなり確立して来ています。

抜歯後2,3ヶ月以上待って、と言うのは歯茎の治りを待って、その上で骨造成GBR手術をしよう、と言うことなのでしょうが、現時点では旧めの考え方だと明言します。

残念ながら、日本では世界の情勢と違って古い考え方が支配的で、その考えが染み付いている、言い変えると患者さんに何回もの手術を強い、大変な手術を押し付け、なかなか治らないと言うインプラント治療をしている、とも言えると思います。

実力のある、ちゃんと世界の情勢に添っているDRなら、現在1回の手術で殆どの問題を解決して差し上げられる治し方ができる、と言い切ります。

もっと業界のDRの方々はちゃんと勉強して欲しい、と思います。

1回きりの手術、抜歯と同時に病巣も取り切り、インプラント植立もし、骨造成GBR歯茎再生もする、と言うインプラント治療で実績のあるDRを探されることを強く勧めます。

その最大の理由は、骨造成GBR手術とか歯茎再生手術が患者さんにとって辛いこと、痛かったり腫れ上がったりして、もう二度と手術は受けたくない、と言う洗脳が為されてしまうことです。

結局インプラント治療とか、歯種病治療とか親知らずの抜歯のとかまで手術と言う言葉での痛い、腫れ上がる、学校仕事に行けない、と言う悲しい結果が、その患者さんのその後の人生にどれだけの不利益を与えるのか。

そのことを、本当にもっともっとちゃんと、業界人、一般人の方々に知って欲しい、と思います。

もっと楽に、早く綺麗に治せる方法があるんです。

骨造成、歯茎再生手術で散々切って貼って縫ってすると、瘢痕、簡単に分かりやすく言えば、ヤケドの治った傷跡であるケロイドの軽い状態のような跡、が残ることもしばしばです。

そう言う真実の情報をご存知でしょうか?

そこが凄く心配です。

こんなになるとは思わなかった、とならないように、良くお考え下さい。
返信2 桜坂 2018/01/14(Sun) 19:11

金田先生
予防も含め、日々のブラッシングの見直し等もしていこうと思います。
ご回答ありがとうございました。

松元先生
ご回答ありがとうございます。
大学病院で見てもらった先生はインプラント科の先生ではなかったことを考えると、やはりインプラントを専門としているようなところでもう一度見てもらった方がいいかな、と先生の回答より思いました。
これから何回も手術するのか、と不安になっていたところでもあります。
開業医で評判のいいところを探して相談してみようと思います。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.