歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 歯茎のできもの
相談者 ねーむ
年齢 21 歳
性別 女性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - ねーむ 2018/06/12(Tue) 23:19
回答1 - 小林 誠 2018/06/13(Wed) 08:02
回答2 - 山田 豊和 2018/06/13(Wed) 12:31
返信1 - ねーむ 2018/06/13(Wed) 15:50

  過去の質問 1 - 2018/06/13(Wed) 08:02 - 歯茎のできもの
  過去の質問 2 - 2016/12/20(Tue) 19:56 - 右上第二小臼歯が虫歯でほとんどなくなってしまった


質問 ねーむ 2018/06/12(Tue) 23:19

数日前に、食べ物が歯茎と唇の間に詰まっているように感じ、舌でうまく取れなかったため鏡を見ると米粒大の小さなできものができていました。
5年ほど前に右上の側切歯の神経を抜いております。(画像ではなぜか左右が逆転しています!)
自発的な痛みはなく、押すと圧感というか、不快感のような違和感を感じます。
約1年前に右上中切歯に歯髄炎のような急性症状があり歯科を受診しましたが、中切歯の早期接触による歯髄充血だろうとの判断で、切縁を少し切削していただいたら症状は収まりました。
1ヶ月ほど前に、食事の際にお箸を噛んでしまい、昔レジン修復していただいた、中切歯の近心切縁隅角部が欠けてしまい、歯医者を訪ねる時間があまりなかったため自分で爪やすりで角をとりました。
中切歯、側切歯ともに歯の揺れはありません。
冷たいもの、温かいものにも痛みは感じません。
虫歯は大きなものはありません。

また中切歯も神経を抜かないといけないのでしょうか?

画像13A19475E-7273-4EE9-947A-202B6D14594F.jpeg
回答1 小林 誠 2018/06/13(Wed) 08:02

小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

>中切歯も神経を抜かないといけないのでしょうか?

「米粒大の小さなできもの」というのは、サイナストラクト(かつてフィステルと称されていたもの)なのかもしれませんね。

そうなると、既に神経=歯髄が失活していることになり、神経を抜くというよりも、神経があった部分を治療=感染根管治療をすることになります。

例えば、レントゲン写真を撮っていただくなどして、早期の治療開始が望まれるように思います。

担当医からの説明を受けてもなお、理解が不足するようでしたら、自費での受診になるかとは思いますが、歯内療法だけを診ている施設で相談することを検討なさってみてはいかがでしょう。
回答2 山田 豊和 2018/06/13(Wed) 12:31

山田歯科医院(兵庫県姫路市)の山田です。

こんにちは。

写真拝見いたしました、おそらくフィステルだと思います。

フィステル http://yamadashika.jugem.jp/?cid=87

>また中切歯も神経を抜かないといけないのでしょうか?

話の流れからするとすでに歯髄壊死を起こしていると思います。
返信1 ねーむ 2018/06/13(Wed) 15:50

小林先生、山田先生、

ご回答いただきありがとうございました。
もしそのまま放置しても大丈夫なら放っておこうと思っておりましたが、悪くなる前に歯科医院に行ってみようと思います。

ありがとうございました。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.