歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 抜歯後の選択肢
相談者 苺ママ4
年齢 44 歳
性別 女性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - 苺ママ4 2019/09/21(Sat) 15:57
回答1 - 細見 2019/09/21(Sat) 16:38
返信1 - 苺ママ4 2019/09/21(Sat) 17:20
回答2 - 松元 教貢 2019/09/22(Sun) 21:16
返信2 - 苺ママ4 2019/09/23(Mon) 01:34
回答3 - 松元 教貢 2019/09/23(Mon) 22:53
返信3 - 苺ママ4 2019/09/23(Mon) 23:30
回答4 - 小牧令二 2019/09/24(Tue) 16:36
返信4 - 苺ママ4 2019/09/26(Thu) 00:32
返信5 - 苺ママ4 2019/09/28(Sat) 23:47

  過去の質問 1 - 2019/09/21(Sat) 16:38 - 抜歯後の選択肢


質問 苺ママ4 2019/09/21(Sat) 15:57

中学生の頃に治療した右下6番目の歯が、お正月に悪くなりました。神経を抜いて治療を進めたのですが、未だに腫れが引かずです。
9カ月ほど状態が改善しなかったので別の歯科医院に行ったところ、即抜歯ですねーと言われました。レントゲンで、歯の根が弱っている、いずれ割れる、とのことです。

抜歯をした場合、その後をどうしたらいいか、何を基準に判断したらいいか分かりません。
(抜歯という言葉でショック状態です)

1:インプラント(高額で厳しい)
2:ブリッジ(両サイドの健康な歯を削りたくない)
3:保険内の部分入れ歯(左右の歯への影響など不安)
4:ウェルデンツ等保険外の部分入れ歯

今のところ、自分で調べてわかる範囲で、この4つが選択肢です。
どの方法もメリットデメリットあるので、どうにも選べないです。

譲れない条件は「健康な歯を削りたくない」なので、ブリッジは考えてません。インプラントを検討する場合、費用を準備するのに1〜2年はかかると思います。

素人では調べきれない、こういう方法もあるよ!など、何かありましたら教えていただきたいです。
よろしくお願いします。
回答1 細見 2019/09/21(Sat) 16:38

細見歯科医院の細見です。

>譲れない条件は「健康な歯を削りたくない」なので、ブリッジは考えてません。
>インプラントを検討する場合、費用を準備するのに1〜2年はかかると思います。

と言う事であれば1,2は選択肢として無くなりますから自ずと3,4になりますね。

多分初めての入れ歯でしょうから3が無難なように思います。
返信1 苺ママ4 2019/09/21(Sat) 17:20

回答、ありがとうございます。

初めての抜歯(神経を抜くのも初めてです)、始めての部分入れ歯なので、保険内の物で慣れてから保険外のを検討した方がよさそうな感じでしょうか。

2年ほど費用を貯めてからインプラントを検討と言うのは、あまり現実的じゃないのでしょうか?
抜歯するとあごの骨が痩せてくるとのこと、そのあたりで、抜歯後すぐのインプラントが良いと言う事でしょうか?
回答2 松元 教貢 2019/09/22(Sun) 21:16

松元教貢歯科医院(大田区山王)の松元です。

まず根管治療をしっかりとしていただける所を探された方が良いのでは?と思います。

拡大視野でラバーダムして治療されましたか?

そこからだと思うのですが…

ちなみに、顎の骨は抜歯されたら痩せてしまいますが、それでもインプラントはできますから、心配は要らないのでは、と思います。

痩せるのを防ぐための処置もありますから、そう言う対応の方が良いかと思います。

隙間を狭くしない為には、私は全く削らない接着ブリッジで対応してますが、良いですよ。

但し、本来の歯より一回り大きくなりますので、そこは辛抱いただきたいです。

入れ歯とかは、痩せされる最たるものなので、お勧めしません。
返信2 苺ママ4 2019/09/23(Mon) 01:34

回答ありがとうございます。

最初の歯科では、レントゲンも取ってません。ラバーダムとはゴムのカバーのようなアレですよね?そちらもしてません。拡大視野はマイクロスコープでしょうか?そちらも使っていません。

接着ブリッジは強度的に六番目の歯でも大丈夫でしょうか?奥歯で圧力がかかるので、自分で調べた範囲では色々と治療にも制約があるように感じました。

初診→いきなり抜歯とインプラントを進めた歯科はとりあえずキャンセルして、根管治療で診てもらえる歯科を探してみます。


進め方としては、根管治療→どうしても抜歯になったら、いずれインプラントをいれると仮定しての治療(接着ブリッジなど)をする→そのままでもイイし、インプラントに移行してもいい

こんな感じでしょうか。

ネットは色んな情報がある分選びきれないので、アドバイス助かります。
回答3 松元 教貢 2019/09/23(Mon) 22:53

松元教貢歯科医院(大田区山王)の松元です。

接着ブリッジの設計次第かと思います。

歯を一切削らないで、噛み合わせに影響ない所を探して、エナメル質のみに頼る設計にして、出来るだけ広く接着面積を求めれば、かなりしっかりします。

但し、見た目は我慢して下さい。

私個人的には、非貴金属系のメタルを用いて、接着ブリッジを使えば、強度もかなり出ますので、インプラントする貯金ができるまでの2、3年は充分行ける、と思います。

歯は削られなければ、かなりしっかり持ちます。

なので、私は接着ブリッジを一押しです。

勿論、抜歯即時インプラントが、ベストとは思いますが、直ぐにできないなら、顎堤を保つ為には接着ブリッジをお勧めします。
返信3 苺ママ4 2019/09/23(Mon) 23:30

ありがとうございます。

まずは根管治療をしていただける、評判の良い歯科医院を探します。
そちらでどうしても抜歯しなくてはならないようなら、接着ブリッジも含め相談してみます。
奥歯なので、見た目は気にしていません。
後々の事を考え、なるべく自分の歯を温存できるようにしたいと思います。

本当にありがとうございます。
回答4 小牧令二 2019/09/24(Tue) 16:36

美江寺歯科医院(岐阜県瑞穂市)の小牧です。

苺ママ4さん、こんにちは

他の選択肢として

親知らずの移植(条件が合えば)
抜いたまま、なにも入れない

後、ブリッジですがインレーブリッジが可能なら、普通のブリッジより格段に切削量は少なくなります。

>3:保険内の部分入れ歯(左右の歯への影響など不安)
>4:ウェルデンツ等保険外の部分入れ歯

保険外の入れ歯でも、隣の歯への影響は大きく違わないと思います。
返信4 苺ママ4 2019/09/26(Thu) 00:32

回答ありがとうございます。

抜いたまま!
自分で調べた範囲では、周りの歯が倒れてきたり、かみ合わせがずれてきたり??と、あまり良い感じではなかったのですが、選択肢の一つになるのですか。一番後ろ(7番)は放置という選択肢も見かけるのですが。

親知らずの移植は、全然知りませんでした。
こちらも自分なりに調べてみたのですが、インプラントではない選択肢としてとても有効かなと思いました。年齢が40を超えているのが心配です。あと、同時抜歯!その後どれくらい痛むのか、腫れるのか、ちょっと怖いですね。

インレーブリッジも、検討してみます。強度の不安がありますが。

保険外の部分入れ歯も隣の歯に影響があるとのことなので、そのあたりも含めて歯科医院を探して相談してみます。


親知らずの移植ができるといいのですが・・・。
返信5 苺ママ4 2019/09/28(Sat) 23:47

先生がた、回答ありがとうございました。

別の歯科医院にて診察していただきました。
大変厳しい状況ではありますが、まずは根管治療を。
それでだめなら親知らずの移植を。
の方向で治療して行こうと思います。

親知らずの移植、抜歯、もうこの言葉だけでも怖くて仕方ないのですが、詰め物の下の虫歯に気づかなかったのがダメだったと反省して、口の中の環境をもっと良くするようにがんばってみます。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.