歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル ドッグベストセメント、金歯装着後二カ月で金歯の下の歯が欠けた
相談者 mosmos
年齢 40 歳
性別 女性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - mosmos 2020/01/06(Mon) 15:25
回答1 - 三木 雄斗 2020/01/06(Mon) 16:22
回答2 - 吉岡秀樹 2020/01/06(Mon) 16:51
返信1 - mosmos 2020/01/07(Tue) 16:14

  過去の質問 1 - 2020/02/07(Fri) 16:22 - ドッグベストセメント後に金歯装着、2ヵ月で金歯の…
  過去の質問 2 - 2017/10/05(Thu) 11:32 - ガルバニック電流が気になってクラウンの材質が決め…
  過去の質問 他2件


質問 mosmos 2020/01/06(Mon) 15:25

左奥上の銀歯インレーが食事中はずれ、歯科で診ていただいたところ、銀歯の内部に虫歯ができており金歯が取れたのでしょう。とのことで、ドッグベストセメント後、奥歯ということもあり、金歯を選び(今後の虫歯再発を防ぐためや、嚙合わせる歯にも考慮しました)処置していただきました。

処置後、痛みもなく、特に不具合もなかったのですが、二カ月後、年明け早々その時治療した金歯の下の永久歯が欠けてしまいました。

欠けて二、三日は少ししみる感じがしましたが、今は特にしみる感じはありません。
銀歯のときは欠けなかったのに、金歯にして欠けるということは、金歯を選択しなければ永久歯は欠けなかったのかと、悩んでおります。

転勤したばかりでかかりつけ歯科がなく、HP情報から、なるべく削らない、歯を温存することに力を入れていると思われる医院を選びました。

結果的に歯を温存するどころか欠けてしまい、転院も考えております。
こういったことはよくあることなのでしょうか。

また、選ぶ素材はどれがおすすめでしょうか。

回答いただけたら幸いです。
回答1 三木 雄斗 2020/01/06(Mon) 16:22

坂寄歯科医院(茨城県取手市藤代)の三木です。

mosmosさん、こんにちは。

>こういったことはよくあることなのでしょうか。

そうですね・・・ドックズベストについては兎も角として。
歯を温存する方向性の強い歯科医師であれば多かれ少なかれ経験したことはある事象ではないかと思います。

虫歯は基本的に歯の内面にある象牙質で大きく広がっていることが多いです。
虫歯を取りきった結果、歯の表面のエナメル質だけが残存するということは結構あります。
こういう時に噛む力が強い方とかであればエナメル質が欠けてしまう事は実は割とあります。或いはかけないまでもヒビが入ってしまうとか・・・。

歯を温存しようする先生であればギリギリまでエナメル質などを温存しようとしますので、患者さんの咬む力や力のコントロールが出来ているかどうかを見誤ってしまうと、上記のような状況になってしまう事があります。

今回、このケースだったのかどうかは分かりませんが、文章からは一番その可能性が高いのではないかと想像できます。

ちなみに、銀歯と金歯であればどちらかというとその材料の硬さ的にも銀歯の方が歯が欠けやすいですよ。


>また、選ぶ素材はどれがおすすめでしょうか。

歯の治療とは繰り返せば繰り返すだけ当然大きく歯を削っていきますので、前に行った治療よりもその難易度は上がり、成功率は下がっていきます。

そのため、なるべく1回1回の治療を長持ち出来るように治療を行う必要があります。

ただ材料で全てが決まるという事はなく、歯科医師の技量はもちろん、技工士さんの技術・患者さん自身による注意事項の順守などによってその成功率は大きく変わってきます。
要は材料云々よりも、誰に治してもらうかというのが一番重要という事ですね。

基本的には担当医のお勧めするものが最もお勧めできる材料になりますので、担当医と相談の元、ご自身で決められる必要があるかと思いますよ。


ご参考程度にしていただければと思います。
回答2 吉岡秀樹 2020/01/06(Mon) 16:51

ブレス・デザイン デンタルオフィス(新潟県長岡市)の吉岡です。

こんにちは。


>銀歯の内部に虫歯ができており金歯が取れたのでしょう。
>金歯を選択しなければ永久歯は欠けなかったのか

内部でムシ歯ができていたわけですから、
残せた自前の歯質は減っています。

条件が以前より悪くなっているわけですから、
材質が金であれ銀であれ、結果は同じかもしれません。

材質が金属でなかったとしても、同じことが言えそうです。


>結果的に歯を温存するどころか欠けてしまい、転院も考えております。
>こういったことはよくあることなのでしょうか。

そもそも残すことが難しいところを頑張って残してみたけど、
結果的に耐えられずに欠けてしまった、とも考えられます。

白か黒か! ではなく、グレーなのをなんとかしようとすれば、
そういったことは起こってしまうと思います。

「厳しそうだなぁ」との予測がついていたのであれば、
事前に「厳しそうなんだけどね」と説明があれば親切でしたね。

なぜこうなったかの理由を聞きたければ、
処置された担当医に聞いてみられると良いと思います。

それで、納得されれば、相談の上で今後のことを考えましょう。
返信1 mosmos 2020/01/07(Tue) 16:14

三木先生、吉岡先生

こんにちは、早速のご返信有難うございました。

よく見ますと、金歯が表面にない(インレーの被さっていない)自身の歯が欠けているようです。

噛み合わせのチェックがうまくできていなかったのでは、、、と、また、不信感が出てきてしまいました。

さほど大きなインレーではなかったので、ショックも大きく、一番最初に来院したとき、HPとはかけ離れている衛生状況や設備、衛生士と歯科医師の言うことが違う、等、不信感はあったので、「やっぱりな、、」と思うところはありました。

三木先生、吉岡先生のおしゃることは、どれも参考になり、勉強になります。
どうしようかと悩んでいる気持ちに整理がついてきました。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.