質問質問

オールセラミッククラウンにした歯が痛い。歯茎を切開して治療するとは?

  • 質問者:mamさん
  • 投稿日時:2007-12-27 01:44:13
こんばんは。はじめて質問します。
現在28歳です。

小学生の頃に神経を抜いた前歯(1本)の色がここ数年で黄色く変色してきたので、ネットで調べてオールセラミッククラウンがいいのかと思い、審美歯科に行きました。

審美歯科の先生に相談したところ、前2本をオールセラミッククラウンにすることになり、その際、もう一本の前歯の神経も抜きました。

(治療後に、神経を抜いたことを言われました)

しばらくは痛みはなかったのですが、仮歯の状態の時に若干、違和感が出てきて、その旨をセラミックをつけるために来院した時に言いましたが、まぁ大丈夫とのことで予定通りセラミックをつけました。

その後、1週間後、新たに神経を抜いた方の前歯に痛みが生じました。

痛みには波があり、ひどいときには夜、痛みのせいで一瞬起きてしまうほどでした。

しかし、痛みが出てきたら飲んでくださいと病院から渡された痛み止めを飲んだところ、2、3日で症状は軽くなり、普通の生活をする分には支障がないくらいに落ち着きました。

その時期は、仕事も忙しくて、あと海外にも行ったりとあんまり時間に余裕がなく、痛みも少しの違和感に軽減したこともあり、病院に行くことを後回しにしていたのも事実です。

その後、痛みが出た前歯は下の歯でたたいたりすると痛む程度が続きましたが、セラミックをつけた1.5ヵ月後に急に痛むようになりました。

今度は、その痛む歯の上の歯茎が膨らんでいて、口の上から触るだけで痛みが生じました。

さすがに2回目ということもあり、年末年始この痛みを持っているわけにはいけないと思い、本日セラミックをつけていただいた審美歯科にいきました。

レントゲンをとったところ、歯茎が炎症をおこしていて、膨らんでいるところには膿みがたまっているとのことでした。

膿みを歯茎を切開して取り出すことで痛みは治まると言われ、治療してもらいました。

何回も麻酔を打ってもらいましたが、もちろん効かず治療中はかなり辛かったです。

先生が言うには、こんなことは1年に1回あるかないかの稀なことで、神経を抜く際は、その後の体調不良などや免疫力によってこのようなことがあるとのことでした。

で、様子をみて今後も痛みが生じる場合は、根っこの治療が必要とのこと。
(レントゲンから神経の取り忘れはないそうです。)

その治療法が2つあって、取り付けたセラミックを外して行うか、歯茎を切開して行うか、それを選んでくださいと言われました。

どちらにせよ治りますとのこと。
料金も補償していただけるそうです。

正直、切開は怖いです。
が、先生はなるべくこっちの方法で行いたいそうです。

長々書いてしまいましたが、どちらの治療方法を選べばいいのか、知識がなく選びかねています。

取り付けたセラミックを外す際は、痛みはどうか。
また、切開した場合、今後歯茎に影響はないのか。など…


ちなみに、痛み止めは本日2回飲んで、飲んでから9時間がたった現在も、痛みがあった前歯をたたくと鈍く痛みます。

明らかに以前から神経を抜いてあった隣の前歯と様子が異なり、違和感があります。

その先生は、あんまり信用ができなくなってしまったので、もしよろしければ、アドバイスをいただければ嬉しいです。


質問者 mamさん
地域 非公開
年齢 28歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ
回答者

回答回答1

こんにちは。

オールセラミッククラウンを被せたあとにお痛みが出ているということですが、原因としては、

1.クラウンの適合などに問題があり、歯茎炎症が起こっている
2.歯の神経を取った際に、根の中に細菌感染が起こってしまっている

上記2つのいずれか(あるいは両方)の可能性が高いと思います。

1.の場合にはクラウンの作り直し
2.の場合には根管治療

が必要になります。

⇒参考:根管治療


1.であれば、クラウンを作り直せば何とかなると思いますが、
2.の場合にはちょっと厄介です…。

一番気になるのが「茎を切開して行う」という治療法のことですが、これがもし「歯根端切除術」のことを言われているのであれば、ちょっと慎重に考えたほうが良いかもしれません。

⇒参考;歯根端切除は「最後の手段」とはどういう意味か、教えて下さい


今回のご投稿だけでは、今後の治療方針についてよく分かりませんし、おそらくmamさん自身もよくご理解されていないと思いますので、治療前にもう少し詳しい説明を担当の先生にして頂いたほうが良いと思います。

治療を始めてしまってからでは後戻りすることはできませんので、

・何が痛みの原因と考えられるのか?
・治療法は?そのメリットとリスクは?

これくらいのことについては、しっかりと確認されておいたほうが良いと思います。

mamさんと似たご相談も過去にいろいろとありますので、説明をして頂く前に当サイトで少し勉強しておくと、コミュニケーションも取りやすくなると思います。

⇒参考:歯科相談室:オールセラミッククラウン


もしまた何か他にもご不明な点等ございましたら、いつでもご相談ください。

返信相談者からの返信1

  • 返信日時:2007-12-29 23:40:10
こんばんは。
早速のご回答ありがとうございます。

教えていただいたURLを拝見し、知識がないのに自分は大変な治療をしたんだなと正直びっくりしています。

生涯つきあっていく自分ののことをもっと大事に考えてあげればよかったなと深く反省しています。何か起こってしまってから反省しても遅いですが。

今現在は、何もしていなければ痛みはありませんが、前歯をたたくと痛みがあり、歯茎を唇の上から手で押してみても痛みがあります。

年明けに、先生にお話をお伺いしたいと思います。

今自分の歯に起こっていることが、とても大事(抜歯になんてなったらどうしようとか)のような気がしてならないのですが、覚悟を決めて聞いてみます。

お忙しい中いろいろありがとうございます。
また、何かあったらぜひ質問させていただきたく存じます。