自宅でのフッ素使用と、歯科医院でのフッ素塗布の違いについて

歯チャンネル歯科医院検索  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 

★歯科相談室TOP★

歯科相談掲示板
歯科相談を投稿
24時間以内の返信率
99%以上!
回答者紹介
回答者一覧
回答者登録はコチラから

歯医者さんの探し方
抜歯(抜けた・抜く予定)
歯の異常・トラブル
歯の痛み
知覚過敏
虫歯(むし歯)
歯の根っこの病気・異常
根管治療(神経・根の治療)
歯茎(歯ぐき)の病気・異常
歯茎(歯ぐき)の痛み
歯周病(歯槽膿漏)
歯列矯正(矯正歯科)
歯並び(歯ならび)
噛み合わせ(咬合)
歯軋り(歯ぎしり)
顎関節症
審美歯科・美容歯科
歯のホワイトニング
口臭
親知らず(親不知)
上顎洞炎(蓄膿症)
小児歯科・子供の歯
妊娠〜出産〜授乳
歯磨き(プラークコントロール)
舌、粘膜、唇の病気・異常
アレルギー(過敏症)
麻酔
薬剤
レントゲン・CT
歯科恐怖症
治療費・費用
医療ミス・裁判・不信感
詰め物、インレー
クラウン(差し歯・被せ物)
支台築造(歯の土台)
インプラント
ブリッジ
部分入れ歯(部分義歯)
総入れ歯(総義歯)
衛生士・技工士・歯科助手
専門的な質問
歯科と全身疾患
海外
その他






文字サイズ : 普通  特大
タイトル

自宅でのフッ素使用と、歯科医院でのフッ素塗布の違いについて


質問者
まーやんまーやん さん
地域 非公開
年齢 24歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯予防
フッ素
子供(子ども)の虫歯
公開日 2009-05-20 11:49:41
回答者
櫻井 善明先生
吉岡秀樹先生
渡辺 徹也先生

質問 はじめて質問させていただきます


我が家では子供に普段から自宅で、チェックアップというフッ素入りジェルを毎日使用しております。

歯科医院に行ったときに、高濃度のフッ素を塗っておきましょう
定期的に塗った方がいいですよと言われました


毎日自宅で低濃度のフッ素を使っているのですが、歯医者でさらに高濃度のフッ素を塗ってもいいのでしょうか?

また、その必要はあるのでしょうか?


できましたら、低濃度のフッ素と高濃度のフッ素の役割の違いについて教えていただけたら幸いです


よろしくお願いいたします

まーやんまーやんさん  2009-05-07 11:27:52
回答1
ネクスト・デンタル(文京区・湯島)の櫻井です。

自宅で使う歯磨剤に含まれるフッ素濃度は1000ppm以下と決められています。
一般に歯科医院で行うフッ素塗布(フローデンAやフルオールゼリーなど)は約20000ppmと高濃度です。


低濃度のフッ素は主に再石灰化
高濃度のフッ素は主にフルオロアパタイトの形成(歯質強化)

に関与すると言われています。

つまり、作用が少し異なるんですよね。


なので、ウチでは「毎日のホームケア」と「数か月に1回のプロケア」の両方を行う事を推奨しています。

2009-05-07 11:49:41
回答2
ブレス・デザイン デンタルオフィス(新潟県長岡市)の吉岡です。

まーやんまーやんさん、こんにちは。


こちらにフッ素のまとめがあります。
参考:フッ素の種類でお勧めなのは?


高濃度フッ素の場合は、フッ化カルシウムが作られてフッ素イオンとカルシウムイオンの供給源として働くそうです。
そして、ハイドロキシアパタイトフルオロアパタイトに変質強化させることが期待できます。
Ca10(PO4)6(OH)2+2F-→Ca10(PO4)6F2 +2OH-

低濃度のフッ素は、脱灰の抑制と再石灰化の促進。

と、タイヨウ先生が言われた通りの違いがあります。


ところで、タイヨウ先生、20,000ppmという高濃度のものってありましたっけ?
たいてい9,000ppm程度だったような記憶があったのですが。。。

2009-05-07 12:49:42
回答3
ノア デンタルクリニック・ホワイトエッセンス(岐阜市)の渡辺です。

こんにちは。



>ところで、タイヨウ先生

↑「フッ化物」濃度だと20,000ppmぐらいで、「フッ素」だと9,000ppmぐらいですね^^



作用としては、低濃度の方が「芯から強くする」感じで、より効果的なイメージがあるのですが、「バリヤーを張る」イメージの高濃度でも、たった1回きりの塗布ですら、わずかながら虫歯の予防効果が確認?されていますので、健診がてら、歯科医院に足を運んだ時ぐらいやってみても・・と個人的には思いますよ。

とりあえず、悪いことはなさそうですからね。

参考⇒虫歯予防に対するフッ素の効果的な使用法とは?


ただ、必要があるかどうかは別です。

フッ素を使わなくても虫歯にならない人はいくらでもいらっしゃいますからね。
でも害にはならないならいいのでは?というのが個人的な見解ですね。

2009-05-07 14:07:29
回答4
ネクスト・デンタル(文京区・湯島)の櫻井です。

>ところで、タイヨウ先生

>↑「フッ化物」濃度だと20,000ppmぐらいで、「フッ素」だと9,000ppmぐらいですね^^


をう!
失礼!!

渡辺先生の記載通りです。

2009-05-07 15:01:04
返信1 先生方、早速のレスポンスありがとうございます
なるほど、なるほど とてもよくわかりました

自宅での低濃度フッ素歯科医院での高濃度フッ素の違いは、そういうことだったのですね

納得です
ありがとうございます



ところで、もう一つ質問なのですが・・・・

フッ素塗布を始める時期なのですが、HPなどを見てみると、上下4本がでてくる頃(1歳半頃)でペッとはき出すことができるようになった時期と書いてあるのが多いのですが、

あるHPには、フッ素塗布をした際に飲み込んでしまったフッ素が、歯の卵の状態の時に効いて歯が強くなると書いてありました

歯の卵ができるのが生後半年くらいとして、上記2つの時期はかなり差があると思いまして・・・


私の息子は現在11ヶ月でして・・・・


あと、フッ素錠剤が手に入らないかなと思ってネットを見ていたら下記のHPを見つけました。
物々しい感じですが先生のご意見をお聞かせいただけたら幸いです
http://members.jcom.home.ne.jp/tomura/murakami/news.fdrops.htm


お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いいたします

まーやんまーやん さん  2009-05-08 22:58:08
回答5
ノア デンタルクリニック・ホワイトエッセンス(岐阜市)の渡辺です。

んー、、錠剤まではしなくていいんじゃないでしょうか。
効率が悪いと思います。
確か99%ぐらい排泄されますからね。

そう言えば錠剤の予防効果の論文って、見た覚えがないんですけど、あるんでしょうかね。



>物々しい感じですが先生のご意見をお聞かせいただけたら幸いです

↓この辺りも読んで下さい^^;

参考⇒フッ素の安全性(このページ中のリリンク先も)
参考⇒フッ素の賛否両論について
参考⇒フッ素とダウン症の関係


色々な意見や考え方はありますので、一応「ぺっ」と出来る様になってからの方が、良い気がしますよ。

2009-05-08 23:33:49
回答6
ネクスト・デンタル(文京区・湯島)の櫻井です。

宣伝。

「ブクブク、ペッが出来るようになるまではMIペースト

以上、某社の営業でした(笑)。

2009-05-09 09:45:12
返信2 おはようございます

先生方、アドバイスをありがとうございました
とてもすっきりしました


今後ともよろしくお願いいたします

まーやんまーやん さん  2009-05-13 08:48:09

・上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
・歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
・保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意下さい。

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。

 Check

歯チャンネルFacebook




このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中