質問質問

インプラントへの歯磨剤・フッ素の影響について

  • 質問者:aaaaakoさん
  • 投稿日時:2011-11-21 03:01:00
さまざまな角度からの回答がたくさんあり、いつも参考にさせていただいております。


今回インプラント歯磨剤の使用、またフッ素塗布の関係性について相談させていただきたいです。

ある論文を見たところ、《フッ化ナトリウム濃度0,5%以上の環境ではCPチタンやチタン合金に変色と表面の粗造化が認められ、耐食性が不十分になる。》というように書かれていたのですが

@0,9%フッ素濃度のフッ素塗布
A0,05%毎日法によるフッ化物洗口
B約0,1%の歯磨剤による1日3回のブラッシング

では影響は出るのでしょうか?

また、影響が出るのはどの程度の量や期間使用した場合なのでしょうか?


回答お願いします。


質問者 aaaaakoさん
地域 非公開
年齢 20歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ
回答者

回答回答1

そうですね。

一応、インプラント関係の書籍、セミナーなどでは「@0,9%フッ素濃度のフッ素塗布」は推奨されておりません。

ただ、それはインプラント体(チタン)に対してであり、残存歯に対してではありません。

なので、「直接のインプラント体へのフッ素塗布」は避けられた方がよろしいかと思いますが、周囲の歯に対しては問題無いのではないかと思います。



>A0,05%毎日法によるフッ化物洗口
>B約0,1%の歯磨剤による1日3回のブラッシング

これは特に問題無いように思います。

回答回答2

同業の方からのご質問ですよね??

20歳ということなら衛生士技工士(の学生?)か歯科助手と考えて回答します。
よく勉強してますね。

医院ごとでの方針もあるかと思いますので、勤務先の院長先生にまずは相談された方がいいと思いますが、先日のスウェーデンイエテボリ大学のカリオロジー教室教授の来日講演では、まったく問題ないと言われていましたよ。



ただ特に高濃度フッ化物の使用に対しての説明ではなかったかも知れません。
(個人的には気にもしてなかったですが・・)


もしも不安があるとしたら、既製の強化チタン(チタン合金)アバットメントを使用していて、そのアバットメントが縁上に露出している場合の高濃度フッ化物塗布の場合だけですよね。

確かにaaaaakoさんやタイヨウ先生が指摘された様なお話もありますので配慮はしてもいいと思いますが、他の残存歯の予防効果も同時に考えなくてはなりません。


当該のインプラント部だけ高濃度フッ化物の接触を控える工夫をするなどの考え方も出来るかも知れませんし、既製のチタン合金アバットメントが露出している様な場合の対応だけ、医院内で具体的に話し合われればいいのではないかと個人的には思いますよ。

返信相談者からの返信1

  • 返信日時:2011-11-30 21:11:00
遅くなってしまいすみません。
回答ありがとうございました!


フッ化物の影響がどの程度あるかまったく検討がつかなかったので参考になりました。

今回医院での勉強会の発表のためだったのですが、医院長や他の衛生士さんの意見が聞けてとてもよいものになりました。



本当にありがとうございました。