質問質問

喉に近い舌の奥がヒリヒリと痛むが、リステリンで一時的に収まる

  • 質問者:ワカメ0423さん
  • 投稿日時:2011-12-11 00:00:22
はじめて投稿させて頂きます。

1週間前より舌ののどに近い部分の表面がヒリヒリ痛みます。
半分から先端部分は正常です。

鏡で見ると若干白くなってはおりますができもの等はないように見えます。
リステリンで口をゆすぐと一時的に収まります。
味覚につきましては変化はありません。
また、胃腸等にも異常は感じません。

昔よりストレスを感じると舌の先端やふちが痛くなる事はありましたが、舌の奥の部分が痛くなるのは初めてなので不安です。

食生活などが原因でしょうか?

よろしくお願いいたします。

質問者 ワカメ0423さん
地域 大阪
年齢 31歳
性別 男性
職業 会社員(事務系)
カテゴリ
回答者

回答回答1

  • 回答者
  • 回答者:中本です。
  • 回答日時:2011-12-11 12:44:35
ワカメ0423さん、こんにちは。

舌奥の痛み、ご心配ですね。

ご質問の文面を拝見する限り、舌扁桃肥大や舌痛症などが一つの可能性として疑われます。

舌扁桃肥大とは、舌の奥にあるリンパ組織が何らかの原因で大きくなっている状態をいいます。

この場合、舌の奥の痛み・違和感などの原因となります。

なお、舌扁桃自体は正常なリンパ組織です。

次に、舌痛症とは、文字通り舌が痛くなる症状で、舌のできもの炎症といった、見た目から明らかな異常を伴わないものをいいます。

確固たる発症メカニズムは定かではなく、ストレス等も関係していると考えられています。

特に、ワカメ0423さんが書かれている、

>昔よりストレスを感じると舌の先端やふちが痛くなる事はありました

という状態は、舌痛症の症状に類似しています。
この症状が、今回は、舌の奥に現れたとも考えられます。

ただし、舌の症状は、これら以外にも複数考えられます。

舌のみならず口腔内の、更には全身の全体的な状態をチェックする必要があります。

前記の舌痛症などは、これら検査でも特に異常が認められず、それでも舌のピリピリ感が現に存在する場合に、初めて一つの可能性として浮上する病名にすぎません。

したがって、まずは医療機関でしっかりと診察・診断を受けられることが重要だと思います。

適切な診療科としては、大学病院口腔外科などが考えられます。

お大事になされてください。

回答回答2

  • 回答者
こんにちは。

舌の粘膜が荒れているといった異常があればひりひりと痛むことがあります。
鏡では確認しにくい部分に異常が隠れているのかもしれません。
舌炎や舌腫瘍、異物の迷入、外傷、火傷などです。

粘膜の表面に異常がないのなら舌痛症が考えられます。
舌痛症の場合はリステリンによる刺激もそうですが、食事など何らかの刺激が加わっているときには症状が和らぎます。
舌炎や舌尖が痛む場合が多いのですが、舌背部が痛む場合も珍しくありません。

亜鉛不足が原因の場合もあり、肉や魚などの摂取量が少ないとこのような問題が生じることもあります。
他に食いしばりやストレス、うつなどさまざまな原因が考えられています。

回答回答3

  • 回答者
大きく口を開けたり、或いは食物を飲み込むときの症状は出てないでしょうか?

返信相談者からの返信1

  • 返信日時:2011-12-11 23:44:24
ご回答ありがとうございます。

今日は若干ザラザラ感と痺れのような感覚はありますがヒリヒリ感はほとんどなくなりました。

大きく口を開けたり、食物を飲み込む時も違和感はありません。

ここ2ヶ月ほど仕事でストレスを感じる事が多かったので大きな原因かもしれません。

悪化するようでしたら病院に行って検査をしっかりするつもりです。

回答回答4

  • 回答者
そうですね。
もし自然に軽減しなければ、例えば舌咽神経が何かに圧迫されていないか等を検査してもらったら良いように思います。