虫歯で左上6,7番抜歯、親知らずの移植を提案された

相談者: みきしもさん (19歳:女性)
投稿日時:2015-12-07 06:19:15
はじめまして。

半年〜一年前に、私は左上6番と7番の歯を、虫歯によって割れてしまったために失いました。

そこで近所の歯科に訪れたところ、院長からあなたはまだ若いし親知らずも健康なので左上8番に生えている左下8番に生えている歯(親知らず)を現在、歯のない左上6番と7番に移植してみませんか?とのご提案を頂きました。

ですが、病院も大学病院などではなくごく普通の歯科医院ですし(歯科口腔外科審美歯科治療はあり美しい病院です)先生はまだ30代とお若く親知らず移植での先生の実績等も伺っておりません。


自身で親知らずの移植について調べていくうちに親知らずの移植は大変難しい技術を要するもので、失敗の可能性が大いにあること、あごの骨を削るので輪郭が変わってしまう可能性があることや親知らずを矯正でずらすほうが良い、入れ歯のほうが良いなど様々な別の意見をも目にし戸惑っております。

一体、私はどうするのが最善でしょうか。
是非先生方の意見をお聞かせ頂きたいです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-12-07 08:01:36
ご相談ありがとうございます。


>様々な別の意見をも目にし戸惑っております。

絶対的な基準は無く、歯科医師ごとに診断が違いますから、迷うと思います。


親知らず矯正でずらすほうが良い、

特に今回、親知らずを矯正で7番の位置までずらすは、若い事、左の親不知は上下存在していて、歯根膜が生きている可能性が高い事、から、私はこれはメリットが大きいと思います。
移植のデメリットが消えるからです。
また矯正治療のメリットとして、全体の調和も治療できるからです。

6番については、他の治療法との組み合わせになります。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2015-12-07 09:27:18
みきしもさん、こんにちは

>一体、私はどうするのが最善でしょうか。

これはなかなか難しいですね。

なぜなら実際に拝見していないのと患者さんはそれぞれ価値観が違いますので非常に難しいのです。
なにに重きを置くかによって治療方針も変わってくると思います。

ただ、移植という治療法を提案されたということは、ある程度うまくいくという感触があるからだと想像できます。

また矯正もうまくいけば非常に良い方法だと思います。

両者を併用する方法も可能かもしれません。


担当の先生とよく相談して、場合によってはセカンドオピニオンも含めて決められたらよいと思います。

参考になれば幸いです。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2015-12-07 12:03:42
私ならおそらく、『6番のスペースへは下8番を移植』、『7番のスペースへは上8番を矯正で移動してくる』などを検討すると思います。

たしかに、移植後の根管治療は難しい場合が少なくないですね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: みきしもさん
返信日時:2015-12-08 19:07:36
ご解答ありがとうございます。

もう一度、通院先の先生にもご相談して考えてみようと思います。



タイトル 虫歯で左上6,7番抜歯、親知らずの移植を提案された
質問者 みきしもさん
地域 非公開
年齢 19歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、根の病気で抜けた・抜く予定
抜歯:6番(第一大臼歯)
抜歯:7番(第二大臼歯)
親知らずの移植
部分矯正・限局矯正(MTM、LOT)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日