歯牙移植のための親知らず抜歯は麻痺が残りやすいか?

相談者: 歯を大切にしようさん (37歳:女性)
投稿日時:2016-03-16 10:50:45
前回投稿した続きの質問になります。


再来週に歯の移植手術を控えています。
先日、手術についての最終確認をしてきました。
その際、手術をすることのリスクとして

@ 移植が成功しないかもしれない

A 抜歯する親知らず不完全埋伏歯(ほんの少ししか歯の頭が出ていない、割とまっすぐ生えている)で、下顎神経に近いので麻痺が残るかもしれない

という2点 について説明がありました。


@については、やってみないとわからないので移植が失敗しても仕方ないと思っているのですが、Aについては麻痺が残ってしまうのはとても嫌です。

先生曰く、麻痺は慣れますとのことでした。

親知らずを抜歯するとき、割って取り出すこともあると聞いたことがあるのですが、今回は移植するために抜歯するので割ったりできません。
歯根膜を守るためにも単純に親知らずを抜くときと抜き方が違ってくるとおもうのですが、この場合麻痺が残りやすくなるのでしょうか。


現在授乳中で、できるだけ普段の生活に支障が出ないことを祈るばかりです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-03-16 10:54:34
歯を大切にしようさん、こんにちは

歯根膜を守るためにも単純に親知らずを抜くときと抜き方が違ってくるとおもうのですが、この場合麻痺が残りやすくなるのでしょうか。

実際に診ていないのでわかりませんが・・・

麻痺が残りやすいということはないと思います。

CTを撮影することで、抜歯予定の親知らずと神経までの位置関係を確認することができるのである程度の予測は立つと思います。

参考になれば幸いです。




タイトル 歯牙移植のための親知らず抜歯は麻痺が残りやすいか?
質問者 歯を大切にしようさん
地域 非公開
年齢 37歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 抜歯:8番(第三大臼歯、親知らず)
親知らずの抜歯
親知らずの移植
親知らず抜歯後の麻痺・しびれ
水平埋伏知歯(横向きに骨に埋まった親知らず)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日