舌裏にできた粘液嚢胞手術後の麻痺

相談者: junxさん (21歳:男性)
投稿日時:2016-03-17 10:37:25
1週間前の11日に舌の裏にできた粘液のう胞の手術をしました。
3ヶ月前に手術をしました。

3ヶ月ほど前にも同じ手術をしたのですが、再発したため今回で2度目の手術となります。

しかし、1回目の時と違い麻酔がきれても舌先の感覚が戻りませんでした。


次の日消毒で病院に行ったので伝えてみましたが、消毒してくれた人と手術をした人が違う先生だったので、おそらく手術で神経が傷ついてしまったかもしれないので1週間後の抜糸まで様子をみてみましょうと言われました。

1週間が経ち、今日抜糸をして傷口は問題なく治ったと言われたのですが、(抜糸も手術とも消毒とも違う先生)未だに感覚がないので聞いてみると神経活性の効果のあるビタミン剤を処方され2週間後にまた病院に行くことになりました。

一生治らないこともあるのか恐る恐る聞いてみると可能性がないとは言えないがとりあえずは処方で様子を見てみましょうと言われました。


こんなことになるとは思いもしてなかったのでショックが隠せません。
舌の神経は治らないこともよくあることなんでしょうか、?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-03-18 09:18:26
junxさん、こんにちは

>舌の神経は治らないこともよくあることなんでしょうか、?

良くあることではありませんが可能性としてはあり得ると思います。

神経というのは一度切れてしまうと再生するまでに時間が必要です。
もし、もう少し様子を見て改善傾向がなければ神経麻痺を専門に扱っている医療機関へ紹介していただくことも一法かもしれません。

参考になれば幸いです。




タイトル 舌裏にできた粘液嚢胞手術後の麻痺
質問者 junxさん
地域 非公開
年齢 21歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 舌の痺れ・麻痺(舌がしびれる)
舌の粘液嚢胞(のう胞)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日