弱った根へのファイバーコア適用について

相談者: 義歯倭人伝さん (44歳:男性)
投稿日時:2016-09-29 18:59:34
お世話になります。

左下なのですが。
8欠損、7抜歯予定、6欠損、5と4が繰り返しポストを打ち直し、既に茶色い根のみです。

今まで、その7から4をブリッジ保険の銀、メタルコア)にしていたところ、4番のコアが折れ、脱離し、先述の状況に至っています。

そして、5と4を連結のクラウンで修復する、ということになりました。
根が相当弱っているのも承知していたので、最近のネット情報などから「ファイバーコア」でお願いしたのですが、ドクターからは

「メタルで折れたのだから無理ではないか。
残存根では耐えられなくなって折れるから、メタルが望ましい。」

とお話しがありました。



ネットでは、抜髄し経年して弱った薄い残存歯だからこそファイバーコア、という感じのご意見解が多く、また、ブリッジから連結クラウンに変更するのなら、力のかかる方向も同じではないので、ブリッジでの折損との比較はどうなのか?、と、生意気にもいつもお世話になっているドクターに疑問を抱いてしまいました。
(疑心暗鬼気味の自身が情けないです涙)

これは私がお世話になっているドクターの得意分野であるかどうかの問題なのか、それとも、残存根の強度上、このような場合もあるのか、先生方にご教示頂けますと幸いです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-09-29 21:21:28
>ネットでは、抜髄し経年して弱った薄い残存歯だからこそファイバーコア、という感じのご意見解が多く

それは、大臼歯を全て失った方の「既に茶色い根のみ」の小臼歯に対しての記述でしょうか。

残存している部分の実際の状態が判りませんが、変色してしまった歯質に対しては、ファイバーコアやレジンなど接着系の治療は向いていないかもしれません。


>4番のコアが折れ、脱離し

折れるのと、脱離するのとは、意味合いが異なるように思えますが。

私だったら、力の負担を鑑み、小臼歯への修復のことよりも、大臼歯部の欠損部位に対して、どのような補綴治療を施すかの方に、主眼を置きたいと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 義歯倭人伝さん
返信日時:2016-09-29 21:51:02
小林先生

ご教示ありがとうございます。
うまく説明できず恐縮です。


左下54修復後、一旦左下67は部分入れ歯で対応し、当方の経済事情を鑑みて、その後7は欠損、6のみをインプラントを検討してはどうか、とお話しをいただいている状況です。

ほぼ同時に右上のブリッジも脱離してしまい、左右1〜3しか噛み合わない有様で、咬合が壊滅状態です。
産まれて初めての強烈な肩こり頭痛等に見舞われている状況です。



タイトル 弱った根へのファイバーコア適用について
質問者 義歯倭人伝さん
地域 非公開
年齢 44歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ メタルコア(金属の土台)
ファイバーコア(プラスチックとファイバーの芯の土台)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日