ゴールドコアにジルコニアクラウンはあり得るのか?

相談者: mari.rさん (30歳:女性)
投稿日時:2016-11-19 11:34:18
こんにちは。

現在、抜歯後の前歯2番から4番のブリッジ治療をしております。

前回の治療で型どりをし、今回ゴールドコアの土台と新しい仮歯をいれたのですが(この時点で52.000円ほど)、次回の治療計画にジルニコアクラウン型取り(486.000円)と書いてありました。

インターネットでいろいろと調べたところ、金属を土台とするメタルボンドジルコニアクラウンか選ぶといった印象を受けたため混乱してしまったのですが、ゴールドの土台の上にジルコニアの素材でかぶせる、といった意味でしょうか?
そのようなことは行われているのでしょうか?

また、仮歯を2回入れ替えたり精密印象を何回か撮ったりと金額が合計50万円以上かかっているのですが、一般的な価格でしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-11-19 13:16:40
まず欠損が3番であれば保険ではA3Cというブリッジは認められていないと思います。
2BCであれば保険でもできたような記憶です。


価格については「少し高めかな?」とは思いますが法外な価格ではないと思います。

ただゴールドのコアを入れる点は多少個人的には違和感を感じます。




タイトル ゴールドコアにジルコニアクラウンはあり得るのか?
質問者 mari.rさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ゴールドコア(金の土台)
ジルコニアクラウン
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日