銀インレーのフィットについて

相談者: H.Mさん (35歳:女性)
投稿日時:2017-01-05 15:29:35
お願いします。

銀の新しいインレーを付けてもらったのですが、歯とインレーの隙間に、薄く全体的に白いセメントが見えています。
地層の断面図のような感じです。

これは、フィットが悪いのでしょうか?

それともセメントによって密着性が高まっているのでしょうか?

他のインレーはそのようになってないようなので、そこから虫歯になりそうで心配です。

アドバイスお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-01-05 20:18:42
肉眼で気になるぐらいだと良いか悪いかで言えば悪い方だと思うのですが、インレーはフィットを出すのが非常に難しい治療法ですので仕方がない様な気もします。
色々ある治療法の中でもインレーは寿命も短い方です。

見えているような表面の部分の白いセメントは大抵は徐々に削れ落ちたりしていくので、しばらくすると肉眼レベルでは他のインレー同様あまり気にならなくなるかも知れませんね。

修復物と歯の間に隙間があったとしてもむし歯を作りやすいのはエナメル質の箇所ではなく圧倒的に歯根面のところになります。
インレーのフィットで鏡で見て御自身で確認出来るような箇所といえばおそらくエナメル質のところだと思いますので、その部分自体は案外平気だと思います。

それより心配なのは、インレーが隣接面の歯根面にまで及ぶタイプの場合に、全体が浮き上がっているとすればインレーと歯根部歯質の間に隙間が生じることになりますから、そこは何年かするとむし歯を作ってくる可能性が非常に高いと思います。

こういうのはなかなか自分では気づきにくいタイプのむし歯ですので、定期的に歯科を受診して診て貰うとか、時々レントゲン撮影をするとかは重要だと思います。



もう少しアドバンスな方法だとマイクロスコープを用いた診査(出来る医院が限られます)や、日頃から歯間ブラシを通したお手入れをして(※非常に重要です)、そこを通した時だけ嫌な臭いがしないか気にする癖をつけておくのも有効な場合があります。

あまりにも気になるなら自費で精密な治療を提供している医院で相談してみて、必要なら再治療を、ということになるかと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: H.Mさん
返信日時:2017-01-07 09:33:33
解答ありがとうございます。

隣接面歯根面にまで及ぶタイプではないようなので、毎日のメンテナンスを怠らず、このまま様子を見ていきたいと思います。



タイトル 銀インレーのフィットについて
質問者 H.Mさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 保険のインレー(銀・金属)
詰め物、インレーのトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日