歯と歯の間にできた虫歯の治療について

相談者: ちゅちゅさん (33歳:女性)
投稿日時:2017-01-06 13:03:26
こんにちは
ちゅちゅと申します

虫歯が進行していないか一ヶ月ごとに定期検診をしてもらっていますが、左の下歯5番と6版の間に目視で1mmぐらいの黒い点を発見し、担当医師に確認したところ見落としの虫歯だとわかりました

医師によれば削るほどのものではないという判断ですが、歯と歯の間であれば通常どのような処置を皆様されているのか、お伺いしたく質問させていただきました

コンポジットレジンになるのかそれとも銀のインレーなのか、仮に隙間から虫歯が進行したときはどのような選択で治療していくのか、参考までにお聞かせください

よろしくお願いいたします


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-01-06 13:54:52
ちゅちゅさん、こんにちは。

>歯と歯の間であれば通常どのような処置を皆様されているのか

サイズによりますが、基本的にコンポジットレジンで治すことが多いですね。
元々インレー形態で削られているのであれば、その形態を利用してインレーで治すこともあります。


>医師によれば削るほどのものではない

ということであれば、フロスなどを通して虫歯が大きくならないように気を付けて頂いた方が良いかと思います。
結局治療したところは、遅かれ早かれまた虫歯になってしまいますからね・・・。

お大事になさって下さい。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ちゅちゅさん
返信日時:2017-01-06 14:23:05
三木先生、回答ありがとうございます

コンポジットレジンが多いのですね

現状経過観察ですが虫歯が大きくならないよう、監視したいと思います

間食を増やしたりブラッシングが甘かったりすると、やはり虫歯が増えると実感できました

奥歯インレーを見ていると治療というよりは、歯の寿命を延命させてるに過ぎないなと思います
詰物が取れるたびに多少なりとも削られていきますし

インレーを増やさないがベストなので、生活習慣が乱れないよう努めます!



タイトル 歯と歯の間にできた虫歯の治療について
質問者 ちゅちゅさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日