[写真あり] 歯列矯正、抜歯と非抜歯の判断が歯科医によって違う

相談者: かなこ٩(๑~ ꇴ ~๑)۶さん (22歳:女性)
投稿日時:2017-02-07 17:59:26
歯列矯正を考えていて、カウンセリングを二件行きましたが一件目では抜歯を行なっての治療で、二件目では非抜歯での治療でインプラントアンカーを埋め込んでからの治療で良くなると言われました。

抜歯を行わずに治療するのが一番望みなのですがネットを見てる限り非抜歯だと口元が出ると書いてあり、一番悩みの口元が出ているのを治療したく矯正を始めようとしているので、どちらの意見が良いのか迷っています。


ここを見ていると非抜歯でもインプラントアンカーをすることにより口元のもっこり具合は抑えられると書いてありましたが、なぜ抜歯が必要なのか、非抜歯でも治療できるのか意見が分かれるのかが不明です。

非抜歯で大丈夫と言われた先生は、上顎と下顎の歯の差がそれほどないので抜歯すると奥に引っ込みすぎて更に噛み合わせが悪くなると言われましたが、それは上下抜歯すると解決するのではないでしょうか?
ちなみに、親知らずは生えていません。

写真を貼ってますので意見をお聞かせください。

画像1画像1 画像2画像2


回答 回答1
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2017-02-07 19:17:46
かなこさん、こんにちは。

抜歯・非抜歯の判断をする際に、「凸凹の量」、「口元の感じ」なども判断材料になります。

このときに必要なのがスペースです。
「抜歯」、「拡大」、「歯の縮小」のいずれかか、組み合わせで行います。


抜歯はその言葉のごとく、歯を抜いてスペースを作り、そのスペースを利用して凸凹をなくしたり、口元を下げたりします。


拡大は、歯列の拡大をさし、前方・側方・後方が移動方向になります。
どこまで拡大できるのかは、ケースバイケースです。

後方への拡大は今までは困難でしたが、矯正用インプラントアンカーによって以前よりも容易になりました。
(それでも難しいですが)


抜歯が良いのか、拡大(非抜歯)が良いのかは、どのように診断するのか・どのように治療するのかなどによって変わります。

個人的には、後方移動でできるスペースより、抜歯でできるスペースのほうが大きいと思います。
そのため、出ている口元の改善をしたいのであれば、抜歯のほうが良いかもしれません。


ただし、上記のことは一般論ですので、かなこさんに当てはまるかどうかは実際に診察をした矯正歯科医にしか判断できません。

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-02-07 19:32:22
歯科矯正治療法も様々な方法があり、また診断法もどれを使うか?によって色々分かれてしまうのでなんとも言えません。

口元をどれくらい引っ込めたいのか?によって治療計画が変わってきますがお口元のシュミレーションなども多くの歯科医院で見せてくれないと思います。


非常にあいまいに説明されたうえにかなり長期の治療になり高額で苦痛もあるのでよい方法とわかっていても、決断しにくいのが矯正治療だと思います。

先生は自分を信じてくれないならばやらないよという場合もありますが、初対面または数回しか合っていないうちに信頼できるかどうかを見極めがたいですよね。
本当に困りますよね。


それで検査というものが必要になります。
かなり精密にあれこれ資料を取って分析を行った上で治療計画を立案します。

資料取りや分析、立案には専門家の技術や技能を必要としますから数万円程度はお支払いにならなければ何も具体的には教えてもらえません。
カウンセリンの段階では教えられないからです。
その際の医院との相性もよい判断材料に出来ますしね。



検査や資料を元にデジタルデザイン矯正やシュミレーション機能を持たせた矯正法というものもあります。


知識があまりない方でも違いがはっきりイメージできるようなツールがあるので、そういうものも上手く利用してくれる矯正歯科医院があります。
そういうところにご相談されてもよいかもしれませんね。

もしも精密検査まで行ってもらっていて、まだわからない説明しかしてくれないのならば別にいかれたほうが納得できる治療が受けられるのではないかと思います。

カウンセリングでは一般的なことしか説明されないですから理解できる具体的な説明を期待されても無理でしょう。
根拠となる資料がないですからね。

またネット上の他のケースを自分に当てはめれるならば歯科医の頭は要らないということになります。
歯科医はケースバイケースで考えて対応策を打ちたて治療に当たっていますからね)


結局、費用負担がすくないからといって精密検査も受けずに歯科医にお任せしますという人は多いですが、納得できない理解できない状態で契約されるかどうかはご本人が決めてくださいね。

見た目改善のために矯正治療をされる場合はかなり高額になってもしょうがないと考えておかれたほうがよいと思います。
妥協点が低ければ別ですが。

治療により様々な不満が残らないようにご予算も期限もしっかりとっておかれたほうがよいでしょう。




タイトル [写真あり] 歯列矯正、抜歯と非抜歯の判断が歯科医によって違う
質問者 かなこ٩(๑~ ꇴ ~๑)۶さん
地域 山口
年齢 22歳
性別 女性
職業 会社員(事務系)
カテゴリ 歯列矯正の治療法
その他(写真あり)
インプラント矯正
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日