6歳、蕁麻疹の原因は説明なく使われた根管治療の薬剤かもしれない

相談者: tacaさん (30歳:女性)
投稿日時:2017-03-17 12:21:12
急いでいます。
よろしくお願いします。

2月末より治療した歯のフィステル治療の為、根管治療を4回して被せ物をして終了しました。

突如現れた蕁麻疹が治らず、小児科や皮膚科に行きましたが原因はわからず調べていると、根管治療の薬剤が原因かもしれないと思い、治療した歯科に電話するとfc、fg使用とのことでした。

根管治療にラバーダムどころか、素手で治療をしていました。
根管治療の際の薬剤の説明も全くありませんでした。

ホルマリンアレルギーなの!?と聞かれましたが、蕁麻疹などほとんど出たこともない6歳の子どもに、ホルマリンアレルギーなんて今まで疑ったことすらありません。

もし、ホルマリンのアレルギーで蕁麻疹が出ているとすると、体のいたるところで炎症が起きていたりしてもおかしくないですよね?

私はこの医師を訴えることができますか?

とりあえず根元に詰めてる物を外すとおっしゃっていましたが、もう違う歯科(水酸化カルシウムで根管治療してくれる医者)に説明して詰め物の取り外しから全てやってもらう方が良いですか?

後日薬剤アレルギー専門医にみてもらうことになっています。

ホルマリンアレルギーだとしたら、私の子どもはどうなってしまいますか?

付き添いで見ていましたが、脱脂綿のようなものを細くして薬をつけて何度も歯に詰めていました。
4回目に被せ物をしてもフィステルは治っておらず、昨日穴を開けて膿を出しました。

昨日の夜から蕁麻疹と歯の治療について調べていますが、恐ろしくて不安で不安でたまらず泣いてしまい何も手につきません。

私はどうすれば良いですか。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-03-17 12:59:49
>私はどうすれば良いですか

まずは落ち着きましょう。

まだ蕁麻疹の原因が根管治療だと決まったわけではありません。

アレルギー専門医の診察前に当てずっぽうに事を進めると、かえって本当の原因を見過ごすことにもなりかねません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tacaさん
返信日時:2017-03-17 13:43:19
そうですね。

ではアレルギー専門医にみてもらった後に歯科に行くべきですか?

歯科に15:30予約、薬剤アレルギーもみてもらえるアレルギー専門医には、その後の予約になっています。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-03-17 14:08:42
歯科を先に受診しても構わないと思います。

その際に「この後にアレルギー専門医を受診する」ということを伝えてはいかがでしょうか。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tacaさん
返信日時:2017-03-17 14:18:21
わかりました。

違う歯科でも大丈夫ですか?
他院の歯科衛生士と知り合いでもう事情は話してあります。

で、知り合いの衛生士に数人に聞いたんですけど子どもの根管治療でfc、fgを使うことはないと煽っています。

不安でたまりません。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tacaさん
返信日時:2017-03-17 14:20:13
そもそも、根管治療の際方法や薬剤の説明は全くされませんでしたが、それは普通ですか?

義務ではないですか?
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2017-03-17 14:30:04
>違う歯科でも大丈夫ですか?

もう予約をされているのでしたらそのまま受診してください。

>子どもの根管治療でfc、fgを使うことはないと煽っています。

以前と比べて使用されなくなってきていますが、(大人子ども関係なく)まだ使用する歯科医師は一定数いると思います。

>そもそも、根管治療の際方法や薬剤の説明は全くされませんでしたが、それは普通ですか?
>義務ではないですか?

根管治療自体の説明はしますが、詳しくどの薬剤を使用するということまで説明することは稀だと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tacaさん
返信日時:2017-03-17 14:52:58
そうなんですか。
でもホルマリンって劇薬ですよね。

少しネットで検索したりしただけでもわかるのに、他の材料で治療が進んでいる今もホルマリンを使うなんて信じられません。

もし最初に説明で聞いてたら、蕁麻疹が起きたその時に疑いかけられてたのに。
もう3週間近くアレルギーが出っぱなしです。

ホルマリンアレルギーじゃないことを祈りますが。
いやアレルギーじゃなくても絶対使ってほしくなかったですけど。

子どもに蕁麻疹以外で体になにか起きていると思っただけで、ハラワタ煮えくり返りそうです。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2017-03-17 16:34:44
麻酔薬、鎮痛剤、抗生物質アレルギーによる死亡例が多数あります。
アレルギーが気になるのならすべて使えません。

歯科で痛みがある場合、上記のすべてが使えないとなるとほとんどなにもできませんので、痛みがある場合に歯科を受診する意味はないです。

あと詰め物に使うレジンはアレルギーの可能性がありますし、金属もアレルギーの可能性があります、さらにそれを接着するセメントもアレルギーの可能性があります。

ですので、歯を削って治すような治療もアレルギーが心配であれば受けることはできません。

というわけでアレルギーが心配なら、歯に問題があるときに、歯科を受診するのは避けられたほうがよろしいかと思われます。(もちろん医科や薬局もダメです)

「アレルギーを事前に防げ」というのでしたらこうするしかないです。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2017-03-17 21:42:14
>私はこの医師を訴えることができますか?

私は法律の専門家ではないのですが、弁護士等に聞いた方が良い質問だと思います。
ただ個人的には訴える事は多分できると思います。
裁判で勝てるかどうかは法律の専門家に聞いてください。

>付き添いで見ていましたが、脱脂綿のようなものを細くして薬をつけて何度も歯に詰めていました。

普通に行われる処置のように思います。
薬に何を付けたかは分かりませんが。

>4回目に被せ物をしてもフィステルは治っておらず、昨日穴を開けて膿を出しました。

使った薬剤が原因ではなくて、歯性病巣感染が原因による蕁麻疹という可能性もあると思います。

http://healthcare.gr.jp/resource/journal/2012/aj13_5.pdf
http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/bitstream/10130/1697/1/110_288.pdf

また年齢からは抜歯も選択肢の一つかもしれないと思います。

>知り合いの衛生士に数人に聞いたんですけど、子どもの根管治療でfc、fgを使うことはないと煽っています。

過去には生活歯髄切断法の中に、FC法というFCを使う治療法があった事は事実です。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tacaさん
返信日時:2017-03-18 00:43:11
森川先生

私は使う薬剤の説明は必要だと思います。

内科に行ってお薬をもらうとお薬の説明が書いた紙をもらうでしょう?

麻酔を使う時も同意書があるはずです。
帝王切開分娩の時サインしました。

悔しいんです。
なんでもっと早く気づいてあげられなかったのか。

お事前に使用するお薬を聞けばよかったですが、アレルギーが無い子だと思ってたので見過ごしていました。
まさかそんな劇薬が使われていたとは。

絶対説明が必要だったと思います。

もし最初の治療後の蕁麻疹(確かに1日少しで引いていました)の時にもしかしたら薬剤の反応かな?って気付けてたら、その一回で先生にたずねることができ、治療を変更してもらえてたかもしれません。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tacaさん
返信日時:2017-03-18 01:12:07
柴田先生

蕁麻疹は詳しく記録していませんが、出現したと思って病院に行くと赤みは引いていると言われてたので、出現から1日ほどの蕁麻疹だったと思います。
その発赤?を何回か繰り返していました。
今日アレルギー専門医に見せると、赤みは消えていると言われました。

蕁麻疹出現時期も根管治療開始後で、治療が終わって数日たった今は赤みが消失し、跡だけになっています。

今日、違う歯医者でみてもらうと、ホルマリンは揮発性なので歯に残っていないと言われ、蕁麻疹も消えているので少し安心はしました。

今のところホルマリンのアレルギーの疑いありですが、大学病院などで検査してもらった方が良いですよね。

化学物質アレルギーは早いうちに気付いた方が良いと、化学物質アレルギー重度の患者さんがおっしゃっていました。
(テレビ番組の特集動画を観ました。)

化学物質が強いと(本人の化学物質受容のキャパ?を越えると)、化学物質アレルギーを発症する可能性も上がるらしいですね。

弁護士に相談します。
が、やはり子どもにホルマリンが使われた事実は消えませんね。

母が少し化学物質に敏感な為、母の影響もありほぼ毎日自然派のスーパーで買い物していて、化学調味料などにも気を配っていたので神経質になりすぎだとは思いますが、やはりショックなものはショックです。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tacaさん
返信日時:2017-03-18 01:24:35
余談ですが、娘は1歳半すぎ頃から虫歯がありました。

2つ下の妹は4歳の時前歯の間に小さい虫歯を見つけましたが、歯科医に広がるタイプでは無さそうと言われ定期検診のみで済んでいます。

私自身、下の子妊娠中まで治療が必要な虫歯になったことはなく、現在も治療箇所は一個のみ。
旦那は小さい頃から虫歯だらけだったそうで歯並びも悪いです。

遺伝もあるのでしょうか?
回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2017-03-18 12:30:28
>弁護士に相談します。

tacaさんは担当医を訴えてその結果どうなさりたいですか?

蕁麻疹が出たことと根管治療に使用した薬剤の因果関係は、おそらくハッキリしないでしょう。

仮に蕁麻疹の原因がFCやFGだとしても、現時点で取り返しのつかない健康被害を被っているとは言いがたいと思います。

また、使用を控える歯科医師が増えてきているとはいっても、FC等は根管治療のための使用が認められている薬剤です。
禁止されていない薬剤を本来の目的にのっとって使用したことを責めるのは、難しいと考えられます。

ご自身が不安に感じている薬剤を説明なしにお子さんに使用されたことに対して精神的苦痛を受けた、ということでしょうか?

弁護士への相談を止めはしませんが、「何が問題なのか」「訴える目的」をあらかじめご自身で整理された方がよろしいと思います。

>遺伝もあるのでしょうか?

遺伝的要素もゼロではありませんが、多くの場合、生まれてからの生活習慣による部分が大きいと考えられます。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tacaさん
返信日時:2017-03-18 13:13:45
堀先生ありがとうございます。

そうですね。

私も子どもがそんなきつい薬を使われたことの衝撃で、平常心が崩れてしまいました。

今後子どもに悪い影響が出ないことを祈るのと、不用意に子どもたちにこんな危険な薬剤を使わないようにしてほしいと思っています。
回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2017-03-18 18:35:34
>私も子どもがそんなきつい薬を使われたことの衝撃で平常心が崩れてしまいました。

麻酔や鎮痛剤のほうが格段にリスクが高いのはご理解されてます?

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tacaさん
返信日時:2017-03-18 23:07:10
森川先生

それは知りませんけど。
ホルマリンなんて誰が聞いてもギョッとすると思います。
回答 回答8
  • 回答者
回答日時:2017-03-18 23:24:23
一般の人はそうかもしれませんね。

ただ、歯科医師でギョッとするとすれば、よほど無知無教養な歯科医師だけですね。


それにしても、厚生労働省が認可している薬をごく普通に使っているのに「ハラワタ煮えくり返る」なんて言われちゃうんですからね。

結果が悪けりゃ悪人呼ばわりされて、ほんと悲しくなります。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tacaさん
返信日時:2017-03-18 23:46:02
でもこの薬を使用するにあたって注意義務を怠っていたとは思わないですか?

ホルマリン・クレゾールの添付文章

(1)重大な副作用

ショック、アナフィラキシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、蕁麻疹、そう痒、呼吸困難、血圧低下等の異常が認められた場合には、適切な処置を行うこと。

(2)その他の副作用

過敏症(頻度不明) 過敏症状が現れることがあるので、このような場合には、使用を中止し、適切な処置を行うこと。

全く確認もなにもなかったです。
そういうものですか?
回答 回答9
  • 回答者
回答日時:2017-03-19 00:02:26
>全く確認もなにもなかったです。

蕁麻疹が出たのは、治療直後でしょうか?

そうではないのなら、どのように確認すればいいのですかね?

患者さん全員に治療後数時間待機してもらい、念のため毎回、裸になってもらって確認するのでしょうか?

帰宅後であれば患者さんが教えてくれなければわかるはずないのでは?

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tacaさん
返信日時:2017-03-19 00:19:38
ですから、使用した薬剤でアレルギー症状が出たら言ってくださいねぐらいは言えたんじゃないですか?

法は犯してないものの、配慮に欠けた良くはない先生だと思います。

相手は子どもですので。

親の気持ちも全くわかってないと思います。


ていうかなんの攻防ですか?笑

もういいですよ、ありがとうございました。



タイトル 6歳、蕁麻疹の原因は説明なく使われた根管治療の薬剤かもしれない
質問者 tacaさん
地域 京都
年齢 30歳
性別 女性
職業 主婦
カテゴリ 根管治療に関するトラブル
歯医者への不満・グチ
材料・機材関連
歯科/裁判・訴訟・示談・慰謝料
歯科と全身疾患その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日