歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 虫歯では無い歯髄炎
相談者 Kema2013
年齢 53 歳
性別 男性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - Kema2013 2019/05/06(Mon) 23:18
回答1 - 加藤 道夫 2019/05/07(Tue) 07:30
回答2 - 小林 誠 2019/05/07(Tue) 08:26
回答3 - 平岡 達 2019/05/07(Tue) 11:12
返信1 - Kema2013 2019/05/09(Thu) 15:58
返信2 - Kema2013 2019/05/10(Fri) 18:51
回答4 - 宮下 裕志 2019/05/10(Fri) 23:57
返信3 - Kema2013 2019/05/11(Sat) 01:16
回答5 - 宮下 裕志 2019/05/12(Sun) 11:43
返信4 - Kema2013 2019/05/12(Sun) 14:35
回答6 - 宮下 裕志 2019/05/15(Wed) 14:54
返信5 - Kema2013 2019/05/15(Wed) 15:46
返信6 - Kema2013 2019/05/20(Mon) 00:13

  過去の質問 1 - 2019/05/07(Tue) 07:30 - 虫歯では無い歯髄炎


質問 Kema2013 2019/05/06(Mon) 23:18

部位:左下7番目(奥から2番目)
状態:過去虫歯治療有り、部分的に銀被せ、神経有り
経緯:
@3月18日痛みのため当地歯科医院受診
レントゲン撮影、虫歯現認されず、歯肉炎を疑い、炎症を抑える薬塗布
経過観察とした
A4月16日再受診−断続的に痛みが続いたため
歯髄の炎症を疑い、銀歯を外す、虫歯の所見なし。
炎症を抑える薬処置後、仮保護処置。
2週間の経過観察とし、痛みが治れば本復旧の予定とした。
B4月30日再々受診−激痛は無いが頓痛は継続、断続的に頭痛や耳痛を伴う
神経を取る処置を出来るだけ避けるため、再度炎症を抑える薬処置後、仮保護処置。
C本日5月6日現在、断続的な頓痛は継続

ご相談事項:
Q1 根管治療(神経を取る)は避けられない状態でしょうか?
Q2 根管治療の前に試すべき処置は無いでしょうか?
Q3 炎症を抑える方法(積極的に冷やす等)はありますか?

以上、宜しくお願い致します。
回答1 加藤 道夫 2019/05/07(Tue) 07:30

加藤デンタルクリニック(横浜市中区)の加藤です。

Kema2013さんこんにちは。

 左下7番目に断続的な頓痛が継続しているのですね。

>Q1 根管治療(神経を取る)は避けられない状態でしょうか?

一般的に今まで経過を診ると必要性は高いように思われます。


>Q2 根管治療の前に試すべき処置は無いでしょうか?

まれに、隣在の歯や上下逆の歯が原因のことがありますので、今治療をしている歯以外ももう一度よく診てもらうといいかもしれません。


>Q3 炎症を抑える方法(積極的に冷やす等)はありますか?

断続的に頭痛や耳痛が筋痛からきている場合は、マッサージも有効ですし、TCHに気を付けてみるのも良いかもしれません。
https://www.ha-channel-88.com/jiten/tch.html

お大事に。
回答2 小林 誠 2019/05/07(Tue) 08:26

小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

>根管治療(神経を取る)は避けられない状態でしょうか?

歯髄は出来るだけ保存した方が良いのは基本の基ではありますが、既に「断続的な頓痛は継続」な状況なのでしたら、残念ながら、抜髄が無難な状態に至っているのかもしれません。


>根管治療の前に試すべき処置は無いでしょうか?

実際の状態が判りませんが、当該の歯が左下7番なのでしたら、8番=親知らずの抜歯も一法かもしれません。


>炎症を抑える方法(積極的に冷やす等)はありますか?

自身で出来ることは、熱い物や冷たい食品は避け、また、指や舌はもちろん他の歯で刺激を与えないよう安静を意識して生活することぐらいでしょう。
回答3 平岡 達 2019/05/07(Tue) 11:12

クレア歯科クリニック(杉並区阿佐谷北)の平岡です。

Kema2013さん、こんにちは。

神経の治療は避けられたら避けた方がいいのは確かかと思いますが、
症状的に避けることが無理な場合は致し方ないかもしれません。

それよりも気になるのが、海外ということですが、どちらの国でしょうか?

もしアメリカ等であれば、アメリカのエンドドンティストの治療を受ければ、日本で保険で適当な根管治療になってしまう可能性を考えると、よっぽど良いかもしれません。

また、歯科医療のあまり発展していない国々なら、よほど良い医療機関を選ばないと、かなりな確率で問題を起こしてくるかと思います。

どちらの国でどのような医療機関で治療を受けていらっしゃるのでしょうか?

それによっても今後の対処が変わってくるように思います。
返信1 Kema2013 2019/05/09(Thu) 15:58

ドクターの皆さま、
ご回答、ご助言ありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ございません。
ご質問に対する回答と追加の質問を追記させて頂きます。

現在ブダペスト(ハンガリー)に在住しております。
当地ハンガリーの歯科はヨーロッパの他国に比べて安く、腕がいいと評判の様で
Dental Tourismの人気スポットにもなっていると聞いております。

私が受診している歯科医(Titan Dent Kft.)は日本語での会話が可能で、
ここまでの治療と説明(痛みの理由など)に不信感はありません。

特に、信頼できると感じた点として、
抜髄治療で完全にこの痛みが治るとは限らないとリスクを前提としており、
患者が望まない限り抜髄治療は出来るだけ避けたい方針である事。
また虫歯による歯髄炎ではないので、患者が痛みに耐えられるのであれば
抜髄治療を急がなくても良いと患者の意思確認を優先している事。

現時点でやはり痛みは治まっておらず、
来週火曜日から抜髄治療へ移行しようと考えております。

そこで、ドクター達が言及される抜髄治療のリスクと対策、
完治しなかった場合(痛みが取れない、しみる、噛むと痛むなど)
その後のとるべき処置についてご教授頂けると幸甚です。
返信2 Kema2013 2019/05/10(Fri) 18:51

ドクターの皆さま、
追加の質問を以下にまとめます。

1.抜髄治療のリスクと対策

2.抜髄後、完治しなかった場合の次の処置
※痛みが取れない・しみる・噛むと痛むなど症状が改善しない場合

3.抜髄治療を延期した場合のリスク
※頓痛と右でしか噛めない事さえ我慢可能なら、
 虫歯起因では無いので緊急性は無いと思うため。
回答4 宮下 裕志 2019/05/10(Fri) 23:57

東京国際歯科六本木(港区六本木)の宮下です。

Kema2013 さん

こんばんは。
海外で痛み、大変ですね。

追加のご質問にはお答え致しませんが、
まずは、痛みの原因が何かを探してもらってください。

治療に関しては色々と、説明を受けられているようですが、
肝心の診断が全く出来ておりませんね。

4月16日に麻酔して治療をされているわけですから、
その時点で、歯が原因かどうかはわかっているはずです。
治療中はいかがでしたか?

あるいは治療後は痛みに変化がありましたでしょうか?
返信3 Kema2013 2019/05/11(Sat) 01:16

宮下先生、
コメントありがとうございます。

真因については言及されていません。
現物確認とレントゲンにより虫歯による歯髄炎ではないとの事。

歯の断面模型を使い説明を受けたのは、
根っこの部分はとても細い空間を神経と血管が通っており、
硬い物を噛んだ衝撃や噛;み合わせの悪さなどの刺激により、
炎症を起こしている可能性が高いと判断されているようです。

それはレントゲンでは分からないのですか?との問いに対し、
レントゲンでは分からないと説明されております。
実際のレントゲンでも炎症部位は表出していない
現認出来ないのだと思っています。

私も真因が知りたいので、次回考えられる要因を一覧にして
真因の可能性について説明を求めようと考えています。

以下インターネットネット情報より。
1.虫歯(う蝕)
2.知覚過敏(象牙質知覚過敏)
3.歯周病
4.歯以外に原因がある(非歯原性歯痛)
1) 筋・筋膜性歯痛
2) 神経障害性歯痛
3) 神経血管性歯痛
4) 心臓性歯痛
5) 上顎洞性歯痛
6) 精神疾患による歯痛
7) 特発性歯痛

ご質問について以下回答します。
<Q>4月16日に麻酔して治療をされているわけですから、
その時点で、歯が原因かどうかはわかっているはずです。
治療中はいかがでしたか?
<A>先生の目視確認で虫歯による歯髄炎では無いという判断があり
4/16及び4/30の麻酔治療は目に見えない部位の炎症を
抑える薬を処置の後、仮保護材(ピンク色)を施し経過観察とした
というのが私の理解です。

<Q>あるいは治療後は痛みに変化がありましたでしょうか?
<A>治療後、劇的な変化を感じていません。
 例えば、数日は痛みから解放されたという事はありません。
 麻酔が切れ、直ぐに痛み始める訳ではありませんが、
 翌日仕事中に気が付けば頓痛がある感じでした。
回答5 宮下 裕志 2019/05/12(Sun) 11:43

東京国際歯科六本木(港区六本木)の宮下です。

Kema2013 さん

おはようございます。

思い出せないですかねー。
もっとも重要な情報を。

治療中に麻酔をして頂いた際に、全ての痛みが消えたかどうか
返信4 Kema2013 2019/05/12(Sun) 14:35

宮下先生、
お世話になります。

麻酔後は全ての痛みは消えました。
仮の被せを外す際の振動、
乾燥させる際のエア、
うがいの際の水なども沁みませんでした。

麻酔が効いている間は、
頭痛など鈍痛もなくなり、
このまま炎症が消える事を期待しました。

週末にも関わらず返信頂きありがとうございます。
回答6 宮下 裕志 2019/05/15(Wed) 14:54

東京国際歯科六本木(港区六本木)の宮下です。

Kema2013 さん

こんにちは
ご回答ありがとうございます。

『麻酔後は全ての痛みは消えました。』
ということですから、
歯(歯髄)が原因か、歯肉が原因かです。
持続性の痛みではなかったと思いますので、
今のお痛みは歯髄が死んでいく際の痛みですね。
残念ですが抜髄をしてもらった方が良いと思います。

『麻酔が効いている間は、
頭痛など鈍痛もなくなり』
このまま炎症が消える事を期待しました。

そのタイプの痛みは『歯髄の痛み』に関連して感じていただけですので、
あまり対応は必要ないですね。
抜髄すると、その痛みもなくなるはずです。
返信5 Kema2013 2019/05/15(Wed) 15:46

宮下先生、
ご回答ありがとうございます。

先生の質問の意味を考え、これまでの情報を勘案し、
直前まで先送り自然治癒に期待するか悩みましたが、
昨日予定通り、抜髄治療を始めました。

虫歯でなくても歯髄が死んでいくという状態
があることを教えて頂きとても勉強になりました。

今回は歯髄を除去、薬処置、表面の仮復旧まで。
今朝の状態は、頓痛が残り、咀嚼時に痛みは走りますが、
冷たい水はしみませんでした。

次回は歯髄除去部位の本復旧、表面の仮保護まで。
3回目で表面の本復旧の予定です。

現在の痛みの経過観察の後、本スレッドの解決としたいと思います。
返信6 Kema2013 2019/05/20(Mon) 00:13

ドクターの皆様、
お忙しい中、アドバイスを頂き
ありがとうございました。
抜髄後の痛みも無くなり、
鈍痛に悩まされる生活も終わりそうです。

海外での治療の不安が和らぎ、
間違った判断のリスクが減り、
治療を進める事ができ、
改めて感謝申し上げます。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.