歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 親しらずの歯について
相談者
年齢 40 歳
性別 女性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - 2019/07/12(Fri) 14:48
回答1 - 三木 雄斗 2019/07/12(Fri) 15:31
回答2 - 松元 教貢 2019/07/19(Fri) 14:30

  過去の質問 1 - 2019/08/18(Sun) 15:31 - 生えかけの親知らず、少し痛みはあるがこのまま生え…
  過去の質問 2 - 2019/07/26(Fri) 10:45 - [写真あり] 色が合わずセラミック冠を交換したら…
  過去の質問 他2件


質問 2019/07/12(Fri) 14:48

数か月前に下の奥歯に親知らずの歯が生えてきました。
その親知らずの歯は、殆どが歯茎に埋まっていて、歯の一部が歯茎から出ている状態です。

親知らずの歯は、生えきるものでしょうか?
それとも、歯茎に殆ど埋まったままの場合もありますでしょうか?

最初は痛みも全くなかった為、気にしていなかったのですが、
最近は、グミの様な形状の物を食べた時や甘い物などを口にした
時に痛みがでます。通常は、痛みを感じる事はありません。

親知らずは、生え方によっては抜歯しなくてもよいという情報も見たのですが、このような状態の時は、しばらく様子をみても良いものでしょうか?それとも抜歯した方が良いものでしょうか?

抜歯になる場合は、どのような処置をするのかも教えて頂けましたらありがたいです。

どうぞ宜しくお願い致します。
回答1 三木 雄斗 2019/07/12(Fri) 15:31

坂寄歯科医院(茨城県取手市藤代)の三木です。

Dさん、こんにちは。

そのご年齢から親知らずが急に生えてくるという事はまずないはずなので、ひょっとすると最近になって気付いたのかもしれませんね。


>しばらく様子をみても良いものでしょうか?それとも抜歯した方が良いものでしょうか?

親知らずの抜歯については歯科医師の考え方によって大きく左右されます。
・痛みが無ければ放置で良い
・横に生えていて骨から出ている親知らずは必ず抜く

などなどですね。
実際、Dさんがどういう生え方をしており、どういうかみ合わせなのかが分かりませんので、かかりつけの歯科医師にご相談されてみてください。

もしかかりつけなどが無く、新しく歯科医院を見つける段階なのであれば「口腔外科」を標榜している歯科医院を受診されたほうが手っ取り早いかと思います。


>抜歯になる場合は、どのような処置をするのかも教えて頂けましたらありがたいです。

麻酔→歯茎を切る→場合によっては歯を分割し抜歯→縫う

ですかね。


ご参考程度にしていただければと思います。
回答2 松元 教貢 2019/07/19(Fri) 14:30

松元教貢歯科医院(大田区山王)の松元です。

放置したままにして置くと更に悪くなる可能性が非常に高いので、抜歯されることを強くお勧めします。

日本人の場合、親知らずが綺麗に生えて、ちゃんと磨ける方は、0.1%もいないんじゃないでしょうか?

手前の奥歯が親知らずのせいで虫歯になったり、痛くなっては勿体無いですから、抜歯して下さい。

抜歯の仕方については、状況により全く違いますから、診ていただいた先生のご説明を聴いて下さい。

状況次第では、上位の専門家とか大学病院に紹介いただいた方が良いかも知れません。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.