歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 顎関節症に関してです。
相談者 2ごう
年齢 41 歳
性別 男性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - 2ごう 2019/09/03(Tue) 03:10
回答1 - 藤森 隆史 2019/09/03(Tue) 12:30

  過去の質問 1 - 2016/11/06(Sun) 02:52 - 生涯(あと50年位)噛みしめと食いしばりが治らな…
  過去の質問 2 - 2019/10/12(Sat) 12:30 - 顎関節症、咬み合せ治療と開口訓練のどちらがより不…
  過去の質問 他2件


質問 2ごう 2019/09/03(Tue) 03:10

発達障害(アスペルガー)で生まれつき感覚過敏があり、顎関節症もあります。
感覚過敏のせいで、顎関節症、特に顎関節音がするだけで、酷い違和感を感じ、時には恐怖感になってしまいます。

顎関節学会では、歯を削る咬み合わせ治療はダメという事になっているようですね。
しかしながら、口腔歯科で自分の症状(何が気になるのか)を上手く伝える事が出来ずに、困っている事を勘違いされてしまい、
あろう事か、間違えて無理な開口をさせられて両顎関節症のズレを大きくする治療を受けてしまいました。
その結果、施行前と比較して格段に両顎関節症の気になり方が増大してしまい、以降、5年経ちますが、口内炎が年間100個以上出来て、
動悸、吐き気、身体の種々の箇所に変に力がはいってしまう、顔面付近に力が入りっぱなしで鼻くそが鼻奥に押しやられて傷む、呼吸困難といった種々の酷い症状のほか、
夜間睡眠も大変な鬱症状になってしまっています。

顎関節症の治療に関し、歯を削る咬み合わせ治療を受けると、元々の自然な状態を変えてしまう事になり、気になり方がより大きくなり、鬱症状(鬱状態)等になってしまう事は、文献を読んで分かりました。
でも、私が受けたような無理な開口をして両顎関節症のズレを大きくしてしまったケースに関する記述は、殆ど目にした事がありません。

そこで、こちらのサイトの先生方に質問をしたいと思った次第ですが、


顎関節症の扱い(本来なら出来る限りいじらずに安静を保つようにする)に関し、
・歯を削る咬み合わせ治療
・無理な開口で両顎関節症のズレを大きくする。

のいずれかの施行を行ってしまった場合、どちらのほうが、施行後に、(両)顎関節症の気になり方が増大して不調さが増してしまう傾向なのでしょうか?
回答1 藤森 隆史 2019/09/03(Tue) 12:30

藤森歯科クリニック(兵庫県西宮市)の藤森です。

咬み合せ治療と開口訓練のいずれが、不調さを増加させるかを調べた報告は知りません。

咬み合せ治療を行う医療機関は以前に比べると減少しているように思われるそうです。(顎関節症患者さんを多く診られている、ある先生の意見)

理学療法は適切に行えば効果があるようには聞いています。その際の診断は大事だと思います。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.