歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 全身麻酔で親知らず抜歯後の上左右1番のエナメル質の損傷
相談者 しゅん989
年齢 30 歳
性別 男性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - しゅん989 2019/09/12(Thu) 11:17
回答1 - 細見 2019/09/12(Thu) 11:29
返信1 - しゅん989 2019/09/12(Thu) 12:23
回答2 - 森川 2019/09/14(Sat) 11:41
返信2 - しゅん989 2019/09/14(Sat) 12:10
回答3 - 柴田 幸一郎 2019/09/14(Sat) 13:07
返信3 - しゅん989 2019/09/14(Sat) 14:17

  過去の質問 1 - 2019/09/22(Sun) 11:29 - [写真あり] 全身麻酔で親知らず抜歯後、左右上1…


質問 しゅん989 2019/09/12(Thu) 11:17

大学病院に入院し、全身麻酔で埋伏智歯を抜歯する手術をしました。
上左右1番の先端が欠けてザラザラになっています。

歯牙損傷リスクの同意書には計2回サインして提出しております。
1回目は入院前に担当の歯科医師から説明を受けて。
2回目は手術の前日に担当の麻酔科医から説明を受けて。

1回目の歯科医師からは
「親知らずを砕きながら抜くので、歯牙損傷はそれを意味します」
と説明を受けていたので、
手術直前に麻酔科医から
「歯牙損傷というのは、まれに前歯が欠けたりすることです」
と初めて説明され困惑しました。

1回目の歯科医師の説明は正しい内容ではないと思います。

エナメル質の範囲とはいえ、前歯が傷付いたり、先端が欠けたり、形が少し変わってしまうことを事前に知っていれば対策できたかもしれません。

前歯部から小臼歯までを覆うマウスピースを作成し
手術の邪魔になるのであれば最初の気道確保のときだけ着用する
といった方法も考えられませんか?

折れたわけではありませんが、先端の形が変わるような傷を付けてほしくありませんでした。

質問は、歯科医師の説明は適切であったかどうか、
研磨で形を綺麗に修正できるかどうかをお聞きしたく。
宜しくお願いします。

画像1IMG_7770.jpg 画像2IMG_7769.jpg
回答1 細見 2019/09/12(Thu) 11:29

細見歯科医院の細見です。

>歯科医師の説明は適切であったかどうか

麻酔科医の説明が正しいと思います。



>研磨で形を綺麗に修正できるかどうか

写真では良く分かりませんが、欠損が小さければ研磨で、ある程度の大きさならレジンなどで修復で対応できると思います。
返信1 しゅん989 2019/09/12(Thu) 12:23

細見先生

回答ありがとうございます。
もうひとつ疑問が残っておりまして…
今更ですが、保護用のマウスピースを着用していては埋伏智歯の手術は不可能でしたでしょうか?
上顎1から5番くらいまでを覆うマウスピースを着けて手術に臨みたかったと
今更ながら後悔してます。


麻酔科医は「欠けるのは今滅多にない」と仰ってたので
運が悪かったのでしょうね。
(または今ひとつ配慮に欠ける処置だったか)

至近距離で凝視するor爪で引っ掻いてわかる程度なので
かかりつけの医院で磨いてもらうようお願いしてみます。
回答2 森川 2019/09/14(Sat) 11:41

ポプラ小児歯科医院(千葉県茂原市)の森川です。

以前、うちに通院中の患者さんが全身麻酔でガンの手術を行うのでマウスピース作成の依頼がありました。

相当な加重がかかっても歯が折れないくらい(ガンダムのモビルスーツなみに)丈夫そうなものを作って患者さんに持たせたら、使ってもらえませんでした。

担当の麻酔医はもっとフニャフニャで薄々のものがほしかったようです。

「そんなんじゃ歯を守れないじゃん」と思った記憶があります。


全身麻酔の時は、もしトラブルが起きると、5分で患者が死にますから、なかなか歯を最優先にというのは難しいんじゃないでしょうか。
返信2 しゅん989 2019/09/14(Sat) 12:10

森川先生

回答ありがとうございます

なるほど!
5分で生死がわかれる場合もあるんですね。

今回は欠けたっていうか
傷付いて先端の形が直線じゃなくなってしまったことが不満なので
フニャフニャで薄々のマウスピースでも
あれば有り難かったんですけど。

そこまできちんと話し合った上で手術ってなると
すべての患者に対してそこまで対応してたら
きっと大学病院がパンクしちゃいますよね。

先生方も大変だとは重々承知ではあるのですが

歯科矯正で綺麗にしようとした矢先に
その一環としての手術で前歯が傷付いてしまい
モヤモヤとした気持ちを抱えて生きていました。

結果論、
矯正を始めたら逆に醜くなってしまったという考えもできるので。

でも死んでしまうよりマシだったんですね。

忙しいのか余計な説明はあまりしてくれないんです。
だからモヤモヤが増長していってつらかったです。

術後に1回だけご年配の先生に診てもらったときは
これでもかっていうくらい
今からどんなことをするかっていうのを説明してくださり
すごく有り難かったです。
回答3 柴田 幸一郎 2019/09/14(Sat) 13:07

顕微鏡歯科シバタ(名古屋市守山区大森)の柴田です。

挿管は呼吸の管理のために行われると思います。挿管できなければ酸素が脳に行かなくなり脳死の原因になりうるから五分が生死を分けるという表現になったのだと思います。
返信3 しゅん989 2019/09/14(Sat) 14:17

柴田先生

ありがとうございます。
死なずに済んでよかったです。
縫合も上手にして頂いて出血ゼロですし。

正直、喉頭鏡でもっとバキバキになるのを危惧していたので
まだこの程度で済んで良かった方なのかもしれません。

「滅多に欠けない」は嘘だと思います。
患者が申告してこない、または患者が自覚していない規模のエナメル損傷の確率はめちゃくちゃ高いのではないかと思います。

歯について先端の細かい傷、わずかな規模の欠けまで気にする人が少数派なのだろうということは何となくわかりました。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.