歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル とにかく抜歯をしたくないのですが、神経のない鳩歯茎に1mmほどの隙間がある
相談者 ヘルプ2
年齢 30 歳
性別 女性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - ヘルプ2 2019/09/17(Tue) 09:40
回答1 - 櫻井 善明 2019/09/17(Tue) 11:39
回答2 - 小牧令二 2019/09/17(Tue) 18:32
返信1 - ヘルプ2 2019/09/18(Wed) 17:54

  過去の質問 1 - 2019/11/14(Thu) 19:52 - セラミッククラウンからフロスを通す時にミシミシと…
  過去の質問 2 - 2019/10/12(Sat) 21:02 - 金のインレーを希望したのにセラミックにされ後悔で…
  過去の質問 他1件


質問 ヘルプ2 2019/09/17(Tue) 09:40

こんにちは
約7年前に神経を抜いた歯の歯茎とクラウンの隙間が気になります。
その頃、歯に知識がなく、
神経を抜かなくて住んだかもしれないですし、歯が割れやすい銀のもの(保険内)で処置してしまい、大変後悔しています。

私は食いしばりもしているらしく、今マウスピースを装着し、寝ています。

約5年前に、クラウンのみ、セラミックにしており、
今はコアは銀、外はセラミックです。


最近また違う歯を治療したので、歯を念入りに見ていたら、
その、神経のないはと、歯茎に1mmほどの隙間があることに気づきました。セラミックは虫歯になりにくいとはいいますが、
この隙間から虫歯になる確率は(食後の歯磨き、寝る前のフロス等歯磨きには気を使ってはいますが)高いのでしょうか。

コアや、クラウンを虫歯に最もなりにくい金に変えようか
悩んでします。

とにかく、最も抜歯を避ける確率の高い方法を教えて下さい。お願いします。
回答1 櫻井 善明 2019/09/17(Tue) 11:39

ネクスト・デンタル(文京区・湯島)の櫻井です。

>歯茎に1mmほどの隙間があることに気づきました。
>この隙間から虫歯になる確率は(食後の歯磨き、寝る前のフロス等歯磨きには気を使ってはいますが)高いのでしょうか。


隙間の状態にもよると思います。

歯とクラウンが浮いていて隙間ができている場合は虫歯になりやすいと考えます。
しかし、歯科医が意図的に「歯茎より1mm上にクラウンマージンを設定した」とすれば問題は少ないと思います。
回答2 小牧令二 2019/09/17(Tue) 18:32

美江寺歯科医院(岐阜県瑞穂市)の小牧です。

ヘルプ2 さん、こんにちは2019/09/17(Tue) 09:40

>とにかく、最も抜歯を避ける確率の高い方法を教えて下さい。お願いします。

抜歯を避ける最も重要なことは”正しい”ブラシング(歯間ブラシを含む)と規則正しい食生活、”正しい”フッ化物の使用だと思います。
個人的な感覚ですがこの3つで90%決まると思います。
残り9%は歯科医療者の技術、1%が材料や機材ではないでしょうか。
返信1 ヘルプ2 2019/09/18(Wed) 17:54

両先生方、ご回答ありがとうございました。
櫻井先生のご回答を参考に、5年ほど前にこのクラウンを作成していただいた先生の元へ伺うことを決めました(引っ越していたため疎遠になっていました)。
また、小牧先生のご回答を参考に、口内環境やもろもろの管理を頑張っていこうと思います。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.