歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 寝る前のキシリトールとフッ素の順番について
相談者 虫歯大王
年齢 20 歳
性別 男性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - 虫歯大王 2019/11/26(Tue) 18:53
回答1 - 柴田 (評価2.0) 2019/11/26(Tue) 20:47
返信1 - 虫歯大王 2019/11/26(Tue) 22:07
回答2 - 藤森 隆史 2019/11/27(Wed) 08:50
回答3 - 森川 2019/11/27(Wed) 16:58
回答4 - 柴田 (評価2.0) 2019/11/28(Thu) 22:27
回答5 - さがら 2019/11/29(Fri) 08:30
回答6 - 山田 豊和 2019/11/29(Fri) 12:33

  過去の質問 1 - 2019/12/07(Sat) 20:47 - 寝る前のキシリトールガムとフッ素配合の歯磨きの順…
  過去の質問 2 - 2019/06/10(Mon) 08:24 - アパガードリナメルとチェックアップスタンダードの…


質問 虫歯大王 2019/11/26(Tue) 18:53

唾液検査をしたところ、ミュータンス菌がとても多く、ラクトバチラス菌が多いという結果が出ました。そこで、虫歯を少しでも予防しようと思いチェックアップスタンダードと歯科専売キシリトールガムを購入しました。そこで質問です。

就寝前にキシリトールガムを噛むと良いという記事を見ましたが、
チェックアップスタンダードで歯を磨いた後に歯科専売のキシリトールガムを噛むとフッ素が流れてしまうような気がするのですが、大丈夫でしょうか?
寝る前のお手入れについて、チェックアップスタンダードと歯科専売のキシリトールガムのオススメの使い方や使う順番を教えてください。
回答1 柴田 (評価2.0) 2019/11/26(Tue) 20:47

顕微鏡歯科シバタ(名古屋市守山区大森)の柴田です。

寝る前にはチェックアップジェルが良いと思います。

https://www.lion-dent.com/client/products/basic/checkup_g.htm
返信1 虫歯大王 2019/11/26(Tue) 22:07

柴田先生
ご回答ありがとうございます。では、寝る前にはキシリトールガムは使わなくて良いという認識で良いのですか?
回答2 藤森 隆史 2019/11/27(Wed) 08:50

藤森歯科クリニック(兵庫県西宮市)の藤森です。

そう思います。
回答3 森川 2019/11/27(Wed) 16:58

ポプラ小児歯科医院(千葉県茂原市)の森川です。

>就寝前にキシリトールガムを噛むと良いという記事を見ましたが、

根拠は乏しいかと
回答4 柴田 (評価2.0) 2019/11/28(Thu) 22:27

顕微鏡歯科シバタ(名古屋市守山区大森)の柴田です。

まずは、糖分の入った飲料水、お菓子、果物バナナなどを減らしてください。
個人的には炭酸水もイオン飲料ものど飴もアウトです、
回答5 さがら 2019/11/29(Fri) 08:30

国際ビル歯科(千代田区丸ノ内)のさがらです。

ご相談ありがとうございます。

その方法は自己流なのでしょうか。
お一人で決めることは危険です。

予防方法は、必ず専門家に相談しましょう。
一生を後悔することにも繋がるからです。

正しい知識を手に入れれば、一生虫歯で困らず、一生自分の歯を残すことができます。
今は、チャンスです!

また、ネットなどで一般的な方法を調べたとしても、それがご自分に合っているのかどうか、専門家に相談しましょう。


寝る前の習慣も大事ですが、日中の意識もとても大事です。
ちなみに、基本的な予防について説明しましょう。

人生のうちで成長期という、若いうちの予防が一生を左右します。
歯と体と心が出来上がる成人期、およびその後の高齢期の予防方法とは全く違います。

成長期の予防とはいつまでかというと、ここが一番大事です、20歳代後半までです。
何が違うかといえば、生えたばかりの未熟な歯のエナメル質の成熟と完成、そして顎の骨の発育完成がこの頃まで続くからです。

したがって、闇雲にフッ素を使ったりという自己流の方法は、逆にかえって歯を弱くしてしまいます。
必ず予防の専門家に、特にエナメル質の表層下脱灰とその成熟方法について、詳しく説明を受けましょう。
回答6 山田 豊和 2019/11/29(Fri) 12:33

山田歯科医院(兵庫県姫路市)の山田です。

こんにちは。

>そこで質問です。

むし歯の原因はおさとうの食べ過ぎです、元栓が緩んだままでフッ素やキシリトールは意味がありません、気休めです。

先ず元栓をしっかり閉めましょう、フッ素、キシリトールはそれからです。

むし歯ができてしまったら http://www.yamadashika.jp/prevent.html#03
むし歯のできないおさとうの量 http://www.yamadashika.jp/prevent05.html#02

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.