歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 露髄に気づかずレジンで詰めた場合
相談者 omisato
年齢 29 歳
性別 女性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - omisato 2020/04/06(Mon) 16:14
回答1 - 平岡 達 2020/04/06(Mon) 17:37
回答2 - 藤森 隆史 2020/04/07(Tue) 09:52
回答3 - 藤森 隆史 2020/04/07(Tue) 09:52
回答4 - 櫻井 善明 2020/04/07(Tue) 10:33
回答5 - 井野泰伸 2020/04/07(Tue) 10:47
返信1 - omisato 2020/04/07(Tue) 23:57

  過去の質問 1 - 2020/07/26(Sun) 17:20 - [写真あり] レジン接着部分に黒い影。再治療すべ…
  過去の質問 2 - 2020/04/06(Mon) 17:37 - 深い虫歯治療で露髄に気づかずレジンで詰めた場合に…


質問 omisato 2020/04/06(Mon) 16:14

1年半ほど前に、小臼歯の根元付近の虫歯をレジンで治療しました。担当医によると、歯髄のだいぶ近くまで削っているとのことでした。(マイクロスコープ等を使用するような医院ではありませんでした)

治療後10カ月ぐらいは時々冷たいものがしみるような感覚がありましたが(当該箇所なのか、また知覚過敏なのかは今一つはっきりしません)、現在は特に目立った症状はありません。

ところが半年ほど前、別の医院で矯正相談の際に撮影したCTデータを貰い自分のパソコンで見たところ、(素人なので正確な見方はわかりませんが)治療した部分のレジンが歯髄らしき部分に接触しているように見えました。

現在、1年半前に治療した医院とは別の医院に通っていますが、これについて相談したところ、特に気になる症状がないのであればわざわざ外してやり直し等しない方が良いとの回答でした。

それでもやはり心配なのですが、
もし仮に、露髄しているのに気づかず上からレジンで固めていた場合、何らかの自覚症状があるものなのでしょうか?
放置することにも、余計な治療でかえって寿命を縮めることにも抵抗があります。

どうかアドバイスをお願いします。
回答1 平岡 達 2020/04/06(Mon) 17:37

クレア歯科クリニック(杉並区阿佐谷北)の平岡です。

omisatoさん、こんにちは。



まずはCT上で接触しているように見えても、必ずしも接触しているとは限りません。CTはその解像度以下のものは見えません。

また、仮に接触していたとしても、現在症状がなく、根尖部にも透過像(黒い部分)などの所見が見えないのであれば、今何かしなければならないことはないと思います。

omisatoさんにとっての治療の成功とは、どういう状況なのかをもう一度考えてみたらいかがでしょうか? 症状もなく、問題なく機能しているというのは、成功とは言わないのでしょうか?



確かに神経の近くまで治療が必要だったという状況は、将来的に何か症状が出たり、処置が必要になる可能性はあるかもしれませんが、今何かの治療をして、逆に症状が出たりするほうが心配かな?と思います。

どうしても何かしたいということであれば、歯髄診くらいならしてもらってもいいのではと思います。

私の歯がこのような状況だとしたら、私は様子見しますね。



ご参考になれば幸いです。
回答2 藤森 隆史 2020/04/07(Tue) 09:52

藤森歯科クリニック(兵庫県西宮市)の藤森です。

前の先生が露髄に気づかれていたか否かは判りませんが、そうしたケースはときどきあります。症状は様々で、強い痛みを我慢されてたり、ほとんど痛くないこともあるようです。歯の神経が一部死んでいることもあれば、根管が詰まってくることもあります。

何か処置を行うべきか否かの判断は、個別に決定されるべきだと思います。
回答3 藤森 隆史 2020/04/07(Tue) 09:52

藤森歯科クリニック(兵庫県西宮市)の藤森です。

前の先生が露髄に気づかれていたか否かは判りませんが、そうしたケースはときどきあります。症状は様々で、強い痛みを我慢されてたり、ほとんど痛くないこともあるようです。歯の神経が一部死んでいることもあれば、根管が詰まってくることもあります。

何か処置を行うべきか否かの判断は、個別に決定されるべきだと思います。
回答4 櫻井 善明 2020/04/07(Tue) 10:33

ネクスト・デンタル(荒川区西日暮里)の櫻井です。

僕も担当の先生、平岡先生と同意見ですね。

神経が死んでしまっていると判断されれば藤森先生の書かれているように根管が詰まってきてしまうことも考えられるので、早めに根管治療を行った方が良いとは思いますが、そうでなければ経過観察をした方がよろしいかと思います。
回答5 井野泰伸 2020/04/07(Tue) 10:47

E Eデンタル(愛知県豊橋市)の井野です。

治療が失敗に終わるかは複合的な要素ですが、少なくとも材料が〇〇であったから失敗した、成功したはないです。

大昔の論文ですが、無菌ラットの歯髄に刺激が強いとされる歯科材料から覆髄材の理想とされた水酸化Caなど色々な材料をおいても、菌がいないければ歯髄は問題なく経過しているの論文があります。
 
つまり歯髄付近にレジンがあってもきちんと治療が行えていれば歯髄は問題なく経過します。
 

逆に神経付近まで削った歯は理想的な処置を歯科医師が行っても神経が死んでしまうことがあるので、気になればレントゲンで経過を追えばいいと思いますよ。


おだいじに
返信1 omisato 2020/04/07(Tue) 23:57

先生方、貴重なご意見ありがとうございました。

経過観察をしていこうと思います。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.