歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 根管治療 2つの治療方針
相談者 nobi12jp
年齢 50 歳
性別 男性
地域 埼玉
職業 会社員(事務系)

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - nobi12jp 2020/04/11(Sat) 16:45
回答1 - 柴田 (評価2.8) 2020/04/11(Sat) 19:15
返信1 - nobi12jp 2020/04/11(Sat) 19:29
回答2 - 井野泰伸 2020/04/13(Mon) 09:46

  過去の質問 1 - 2020/06/13(Sat) 19:15 - 根管治療中、神経が生きているかどうか歯科医によっ…
  過去の質問 2 - 2020/05/22(Fri) 08:59 - 根管治療、イオン導入法で治療すると差し歯になる?
  過去の質問 他5件


質問 nobi12jp 2020/04/11(Sat) 16:45

ラバーダム、マクロスコープを利用した下の前歯の根管治療をしています
半年以上、洗浄して薬を詰めて様子をみてきましたが
歯茎にできたニキビようようなものが
膨らんだり平らになったりを繰り返しています

レントゲンをみると歯の根っこの部分にある黒い影が
今治療している隣の歯の根っこにまで続いているのを
見せてもらいました
隣の歯の神経が生きているかどうか確認のために電気を流してピリピリするのを感じました
また歯に薬のようなものをつけてしみるかどうか反応をみて
しみるのを感じたので神経は生きているとの事です
今治療している歯の歯根端切除術が必要との事です

セカンドオピニオンを受けたみたのですが
隣の歯はなんらかの原因で神経が死んでるのではとの事です
電気で刺激を与えたらビリピリを感じました
冷たさの刺激はあまり感じず、健康な歯と比べて少し鈍い感じ方でした
先生はこの歯の神経は死んでいるとの事です
隣の歯の両方を根管治療しないといけないという治療方針でした

神経が生きているかどうかの判断が違い悩んでおります
どちらのほうが妥当性が高い判断なのでしょうか
回答1 柴田 (評価2.8) 2020/04/11(Sat) 19:15

顕微鏡歯科シバタ(名古屋市守山区大森)の柴田です。

歯科用CTは歯根端切除術に有効だと思います。またできればマイクロ下での手術に長けた歯科医に執刀してもらう方がいいと思います。

正直ラバーダムとマイクロスコープを使って半年間続ける事はあまり個人的にはありません。

高名な歯科医の考え方として歯科医としてやるべきことをやり尽くしたら根管充填の時期だと。痛みなどはあまり関係ないようです。それで治癒に向かわなければ歯根端切除術、再殖などの外科的歯内療法の適応になるという考え方だと思います。

歯根表面に感染が及んでいる場合や歯根破折が根尖付近にある場合などは通常の根管治療では治癒しないと思います。
返信1 nobi12jp 2020/04/11(Sat) 19:29

ありがとうございます

問題は治療の順番です
隣の歯の神経が生きている可能性が高いなら
今治療している歯を根管治療→今治療している歯を歯根端切除術
→隣の歯を根管治療→隣の歯を歯根端切除術

隣の歯の神経が死んでいる可能性が高いなら
今治療している歯を根管治療→隣の歯を根管治療
→今治療している歯を歯根端切除術→隣の歯を歯根端切除術

で治療していくという事でしょうか

隣の歯の神経が死んでいののか生きてるのかどっちの可能性が高いかによって治療の順序が変わってくるのではないでしょうか

先生の意見が神経が死んでいるのか生きているのか食い違っているため悩んでおります

どの現象が発生していることが神経の生死を判断するうえで一番重要なのでしょう
電気を流してピリピリきたら神経が生きてるとは限らないのでしょうか?
電気がピリピリきた事よりレントゲンで隣の歯の根のあたりにまで影があった事を重視すべきでしょうか

レントゲンで見えた黒い影は今治療している歯と隣の歯の中間ぐらいにありどちらかというと隣の歯のほうに黒い影の中心は寄っています
回答2 井野泰伸 2020/04/13(Mon) 09:46

E Eデンタル(愛知県豊橋市)の井野です。

歯内療法専門医をしていますが、まず大切なのはどこの歯が悪いかの診断です。
 
ケースによっては診断が難しい場合もありますが、それでも半年治らないという場合であれば治療に対してのアプローチを変えるしかありません。
 
私個人としてはセカンドオピニオンを求めて担当医と意見が変われば、サードオピニオンを求めてもいいと思います。
 
治らなければ外科をするしかないと言われる場合もありますが、個人的な経験では外科の前にまず本当にその歯なのか!?根管治療に不備はないのか!?を検討してからの外科処置がベターです。
 

根管治療のトラブルであれば「歯内療法専門医」を頼った方がいいと思います。
ラバーダム、マクロスコープを使用していれば診断応力が上がる訳ではありませんのでね。
 

診断法で何が最も重要なのか!?
 
と言われても先生毎マチマチで、それは経験による所も大きいと思います。
 
 
今回の場合であれば、まずデンタルを複数枚とるのと同時にフィステルなど膿の出口があればそこからGPポイントなどを差し込み、原因歯を特定する方法もあります。
 
また膿んでいるような場合はCBCTで骨の溶け方などを追うのも有効な診断法です。
CBCT診断に慣れた専門医は骨の溶け方(根尖病変の形)からも推測をつけていきます。
 
電気歯髄診断は私も行いますが、比較的感度の低い検査方法でありこれだけでは診断がつきません。

逆に言えば、
【歯の神経が死んでいるのか!?】を見極めるには優れたツールです。


歯の神経は「0〜100」で徐々に部分的に死んでいきます。

助かる見込みの少ない70%の部分の神経が死んでいても、生きている30%の神経の反応を拾ってしまうこともあります。

【神経がどの程度健康なまま生きているか!?】が分かる道具があればいいんですけどね。
 
私見ですが、 
隣あった怪しい歯が2本ある場合もたまにありますが、多くの場合原因歯は1本です。
ホント極々稀に2本が原因になっている場合もありますが、そのような歯は私の臨床では1年に1ケースあるか・ないかぐらいの頻度です。
 
 
>レントゲンで見えた黒い影は今治療している歯と隣の歯の中間ぐらいにありどちらかというと隣の歯のほうに黒い影の中心は寄っています

これは非常に診断が難しいケースかもしれませんのでなおさら専門性が高い医療機関にかかられた方がいいでしょうね。
 
根管治療は出来る回数がきまっています、またむやみに歯の中をゴリゴリ削っても原因歯でなければ歯の寿命を縮めているだけにもなりかねません。
 
こんな時期ですので、無理に今焦る必要はないと思いますが、これ以上無駄に時間を費やしたくなければ専門性の高い歯科医院でサードオピニオンを求めてみてください。
 
おだいじに

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.