歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 抜髄5〜8年経過の左上5、6、7銀歯を歯根破折防止で再治療すべきか
相談者 santamo
年齢 39 歳
性別 男性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - santamo 2020/06/14(Sun) 09:02
回答1 - Dr.ふなちゃん 2020/06/15(Mon) 09:55
回答2 - 櫻井 善明 2020/06/15(Mon) 09:55
返信1 - santamo 2020/06/15(Mon) 23:56
回答3 - Dr.ふなちゃん 2020/06/19(Fri) 07:22
返信2 - santamo 2020/06/22(Mon) 16:42

  過去の質問 1 - 2020/08/04(Tue) 09:55 - [写真あり] 抜髄後5〜8年の銀歯を歯根破折防止…
  過去の質問 2 - 2020/08/04(Tue) 09:33 - 〔写真あり〕右下6番クラウン、異常は無いが再治療…


質問 santamo 2020/06/14(Sun) 09:02

抜髄して5〜8年経過の左上5、6、7番の銀歯(大きいインレーですが、かぶせものではありません)を、歯根破折防止のためにファイバーコア+かぶせものに積極的に治療すべきかのご相談です。現在特に異常は見受けられないそうです。

きっかけは抜髄して5〜8年経過の右上6番の銀歯(大きめのインレー)が歯根破折したことです。その歯は抜歯してインプラントにする治療中です。当該の歯は、頬側と下側の2辺しか歯が残っておらず、その間に銀歯が入っており、物理的に割れやすい力がかかる形状だったそうです。

質問の歯3本は、銀歯は大きいですが、3辺は歯が残っています。歯根破折の防止には、かぶせものとして割れにくい形状にするという点は理解できます。しかし、かぶせものにするには今ある歯の部分をかなりの削らないとならず、ファイバーコア+かぶせものにしてもゆくゆく再治療する時がくると考えています。その場合に歯そのものが少ないことが治療方法の制限につながり、抜歯の選択肢しか残らなくなるのではないかということを懸念しています。

積極的に治療をして歯根破折を防止することを優先するか、現状に異常が見受けられないのであれば歯根破折の可能性はあるが様子を見るか、のどちらかになるとは思うのですが、ご意見を賜りたいです。

よろしくお願いいたします。

画像11.上の歯全体.jpg 画像22.左上5、6、7番.JPG
回答1 Dr.ふなちゃん 2020/06/15(Mon) 09:55

船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。

こんにちは。
ご不安を色々お感じになられているのは右上6番のインレーを入れていた歯根が破折し抜歯に至ったからなのですね?

そういう事があると動転されるでしょうから他の歯もこの際やり直したいとご希望されるようになるのはよく理解出来ます。

他のご質問にありましたが、舌の真ん中に大きな筋がありませんか?画像が暗すぎて写りも悪いのではっきりとはわかりませんでしたが、低位舌という機能的な問題があるのではないかと思いました。

この場合は、特に睡眠時に舌で気道を塞ぐ傾向があるため食いしばったり歯ぎしりをする事に繋がり、それが歯にとって破壊的な力になると思います。

日中に舌をよく動かす(良い姿勢で時間をかけて楽しくお食事をしたりお話しをするとか、身体のストレッチをする等)事がないならば意識して舌の機能訓練を行なうと力のコントロールにつながる可能性があります。

また、日中TCHも意識され認知行動療法により歯を当てる筋肉を不活化するという事もよい結果に繋がるかもしれません。

力のコントロールが出来れば修復物に関するトラブルの多くは回避出来ますからね。


2級インレーが入っているようですが、歯根部は何も加強されていないのでしょうか?
インレーを除去してみなければ内部に二次虫歯があるかどうかはわかりませんが、同じ歯科医院の治療であれば一番治療しやすい部位を除去してみればだいたいどんな治療程度なのか?が想像できるように思います。

全ての治療をやり直す必要があるのか?はわかりませんが、歯科医とよく話し合ってとりあえず一本行ってから他の歯についても考えてみる程度で良いのではないでしょうか?

保険治療では基本的に予防治療は認められていませんから自費治療になるのではないかと思います。
歯を削ると歯の硬さがよくわかりますからこれならばしっかりした歯質は出来るだけ残したほうが良いとか、これは削って冠にしたほうが良いなとかの最終判断につながる時もあります。予防治療は確定事項が無いため制度として保険治療で最初か認められないのは正解だと思います。不要に医療費が増大しますからね。
回答2 櫻井 善明 2020/06/15(Mon) 09:55

ネクスト・デンタル(荒川区西日暮里)の櫻井です。

あくまでも私見ですが…

歯根破折のリスクを回避したいという事であれば、今のままでも構わないような気がします。


インレータイプは「歯冠破折のリスク」はありますが「歯根破折のリスク」は低いように思います。

むしろ、「深くて長いコア」にすることで歯根破折のリスクは高くなります。

万が一、歯冠破折が起きたとしても、その時にクラウンタイプに作り替えれば済むことが多いですが、歯根破折を起こしてしまった場合、抜歯の可能性が高くなります。


総じて、破折のリスクを考えるのであれば「被せ物の種類」よりも「力のコントロール」に重きを置いて考えた方がよろしいような気がします。
返信1 santamo 2020/06/15(Mon) 23:56

Dr.ふなちゃん先生
櫻井先生

お忙しいところ、貴重なご意見ありがとうございます。

低位舌という言葉を初めて耳にいたしました。
口をふさいだ時の舌の位置や舌の表面が白いこと、
子供の時から鼻が悪かったことなどから低位舌のように思われます。
かかりつけの歯医者さんともう一度よく相談し、
力のコントロールについても伺ってみようと思います。

歯根部の加強の有無は、転勤前の治療のためわかりません。
写真のレントゲンはおよそ一カ月前のものです。
こちらでお気づきのことがあればぜひとも承りたいです。
かかりつけの歯医者さんの話ですと、根管治療の薬は白く映るが、
左上6番のところは色が薄く、判断しづらいということでした。

よろしくお願いいたします。

画像1レントゲン縮小.JPG
回答3 Dr.ふなちゃん 2020/06/19(Fri) 07:22

船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。

パノラマからは土台は入っていないように見えますね。
返信2 santamo 2020/06/22(Mon) 16:42

ふなちゃん先生

お忙しいところ御意見ありがとうございます。
担当医さんとよくお話しし、検査していただこうと思います

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.