歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル フルジルコニアクラウンによるかみ合わせの反対の歯への負担について
相談者 たけしたやまび
年齢 28 歳
性別 男性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - たけしたやまび 2020/06/14(Sun) 14:36
回答1 - さがら 2020/06/14(Sun) 15:26
回答2 - タカタ 2020/06/14(Sun) 16:44
回答3 - 渡辺 徹也 2020/06/18(Thu) 10:31
回答4 - 井野泰伸 2020/06/18(Thu) 11:00

  過去の質問 1 - 2020/08/15(Sat) 23:50 - プラークが付着したままの歯のコーティングについて
  過去の質問 2 - 2020/08/15(Sat) 23:45 - 根管治療中のマウスピース(ナイトガード)の装着に…
  過去の質問 他3件


質問 たけしたやまび 2020/06/14(Sun) 14:36

こんにちは。
現在第一大臼歯でC3の虫歯治療の者です。
先の話になりますが、クラウンの素材について歯科医の先生に
おすすめを聞きました。

先生から第一大臼歯の場合フルジルコニアクラウンをおすすめしていると言われました。
私としてもできれば強度もあり、プラークのつきにくい素材を求めているので、フルジルコニアは適合するのではないかと思っていますが、
かみ合わせの反対の歯への負担も気になります。

フルジルコニアのクラウンによる反対の歯への負担は、
大丈夫でしょうか。

回答よろしくお願いします。
回答1 さがら 2020/06/14(Sun) 15:26

国際ビル歯科(千代田区丸ノ内)のさがらです。

ご相談ありがとうございます。

>反対の歯への負担は、大丈夫でしょうか。

今のところ、心配と言われています。
反対の歯どころか、その歯への影響も同じです。

なぜならば、硬すぎるからです。
なので、世界では「フルジルコニアのクラウン」の選択肢はありません。
回答2 タカタ 2020/06/14(Sun) 16:44

高田歯科 (神戸 三ノ宮・須磨)のタカタです。

フルジルコニアだから悪いというわけでは無いのですが、すり減らないことが問題です。
生まれつきの天然の歯は経年的にどんどんすり減っていき、100歳になるともう、ボロボロになります。
そんなもんなのです。
それが、ジルコニアだとすり減らないために天然の歯との擦り減りのバランスが取れなくなっちゃうんです。

そこで、メインテナンスの時に定期的に研磨してすり減らしていくのですが、その時にも硬すぎて調整ができないのです。
でも、歯科医院の経営的には、割れたりすり減らないということは、『クラウン』という商品は長持ちするので 好まれるわけです。
ま、ウチはしないけど。
回答3 渡辺 徹也 2020/06/18(Thu) 10:31

ノア デンタルクリニック・ホワイトエッセンス(岐阜市)の渡辺です。

従来は先に回答された先生方と同じ考えだったのですが、最近は考えも変わってきて、当院で主流で使用しているセラミック(二硅酸リチウムガラスのe.max)だと割れてしまいそうなケース(かなりレアですが)に限り、フルジルコニアを選択する様になってきました。

他のものでもそうなのですけど、ジルコニアと一言で言ってもどんどん改良されてきていて、今は強度をかなり落としてあるものも流通してきています。

ただ、その治療に関しては実際に使用される先生や技工士さんの知識や経験値が一番影響しますので、主治医の先生のお勧めに従うのが無難だと思いますよ。
回答4 井野泰伸 2020/06/18(Thu) 11:00

E Eデンタル(愛知県豊橋市)の井野です。

結局、義足、義手の類ですから歯と同じような経年変化は求められないと思います。

固いといえば、フルジルコニアクラウンもそうですが、保険の銀歯もゴールドクラウンも歯よりは固いです。
 
歯より弱い材料であれば、プラスチック系の材料がありますが患者さんによってはあっという間にすり減って噛み合わせを狂わせてしまいます。

歯と同程度の固さという売りのセラミックスでも、経年的にすり減ってクラウンの表面はザラザラでヤスリのような状態になり対合歯をすり減らせます。

 
後、重要なのはその方の咬み合わせにそって、咬合接触点(上下の歯が咬み合う点)をどこに持ってこれたのか!?の方も重要ですが、これはかなり難しい技術になるので、相当技術のある歯科医院でないと難しいと思います。
*出来上がったものをほぼほぼ無調整で入れるレベルです。

ただ多くの場合は歯科医師が調整して入れています。

 

私もフルジルコニアクラウンを3年前ぐらいからやり始めましたが、極端に悪い印象はなく他のクラウン同様の印象です。

この先トラブルが続出すれば止めるとは思いますが、渡辺先生がおっしゃるように、この材料は企業も相当開発費をかけているので年々良いと思われる材料が出てきています。

 
実際、一生持つ材料でもないですし、クラウンは10〜15年ぐらい使えればよしだと思います。
 

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.