歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 根管充填の方法
相談者 権三郎
年齢 45 歳
性別 男性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - 権三郎 2020/06/15(Mon) 11:13
回答1 - 山田 豊和 2020/06/15(Mon) 12:04
回答2 - 三木 雄斗 2020/06/15(Mon) 15:02
回答3 - Dr.ふなちゃん 2020/06/15(Mon) 15:06
返信1 - 権三郎 2020/06/15(Mon) 19:46
回答4 - 井野泰伸 2020/06/16(Tue) 10:47
回答5 - 山田 豊和 2020/06/16(Tue) 12:30

  過去の質問 1 - 2020/07/26(Sun) 12:04 - 根管充填。垂直加圧と側方加圧の違い


質問 権三郎 2020/06/15(Mon) 11:13

去年、下の6番の歯を治療した時は、かなり強く押されて薬が詰まってる感があり、治療後、舌で触るだけで痛みがあり噛む事が出来ず痛みが引くのに2週間ほどかかりました。

今回、その歯の奥の7番の時は、押されてる感じがなく、治療後も薬が詰まってる感じが全くなく痛みもありません。

根管充填には、垂直加圧と側方加圧があると聞きました。前者は垂直で、後者は側方でしょうか?

垂直法の方が隙間が出来にくく再感染しづらいが、治療後に痛みが出やすいんでしょか?

最近、垂直加圧が主流なんですか?

垂直と側方の長所と短所を教えてください。
回答1 山田 豊和 2020/06/15(Mon) 12:04

山田歯科医院(兵庫県姫路市)の山田です。

こんにちは。

根管充填に側方加圧という方法がありますが、側方加圧でも実際には垂直加圧になっています、側方加圧は不可能だと思います。

それより今の状態はそれ以前の問題だと思います。
回答2 三木 雄斗 2020/06/15(Mon) 15:02

坂寄歯科医院(茨城県取手市藤代)の三木です。

権三郎さん、こんにちは。

>根管充填には、垂直加圧と側方加圧があると聞きました。前者は垂直で、後者は側方でしょうか?

その可能性はあるかもしれませんが、はっきりとはわかりません。
根管形成の不備や神経の取り残しという可能性もありますからね。


>垂直法の方が隙間が出来にくく再感染しづらいが、治療後に痛みが出やすいんでしょか?

いやぁどうでしょうね。
個人的には垂直方のみの方式では根管の形成したところを綺麗に埋めるのは難しいと思います。

根管充填にはいろいろな方法がありますが一概にどれが優れているということはないと思いますし、そこにこだわる必要もないと思っています(個人的意見)

ただ共通して言えることとしては、どの方法だろうが「根管から薬を突き出さないようにしなければならない」という事ですかね。


>垂直と側方の長所と短所を教えてください。

種類が多いので、ここで一概に書ききれません。
というか、それを知ることで患者さん側に得られるメリットはないと思いますよ。
根管充填よりもその前の段階の方が治療の予後への影響は大きいと思いますし、根管充填法はその前段階での根管形成の段階で向き不向きが変わってきますので。
担当の歯科医師が充填法を選択することはあっても患者さんが充填方法を希望して選べることはありませんからね。


ご参考程度にしていただければと思います。
回答3 Dr.ふなちゃん 2020/06/15(Mon) 15:06

船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。

こんにちは。日本の保険制度で行われている根管充填法はどこで行ってもらっても大抵同じだろうと思います。

メインポイントを歯科医が作った根管の先までしっかり届かせてシーラーでシーリングする事になると思います。

自然にある根管の先の孔は一根に複数ある場合もありますし、根尖の炎症の度合いによっては先が開いてダメージを受けている事もあります。本当に色々なタイプがあるのが根管ですから一律にどれが良い状態とは言えません。元々神経や血管が根内に通る穴ですからイメージとしては木の根っこが毛根様も含めて根を張っているイメージに似ていますかね。

自然に作られた造形物を単純化して治療することしか人間には出来ませんから色々な治癒パターンがあると思いますから単純に比較する事はできませんよ。

メインポイントは1根管に一本をしっかり先に届かせる事が最も大切ですから先っぽを側方加圧しようとしてもできません。側方加圧はその後の治療を上手く行うために行われているというイメージです。
返信1 権三郎 2020/06/15(Mon) 19:46

ご返答ありがとうございます。

6番目の治療後は、CTを撮り薬が入ってるか画像を診せてくれました。7番目の治療後は、その部分だけのレントゲンを撮りましたが、自分には説明せず、そのまま終わりですと言われて画像を診てません。

薬を詰めた後、レントゲンを撮ったのに画像を患者に診せない事ってあるんですか?何か不安です。治療中後、ホームページに垂直加圧法を利用し薬剤を充填すると記載されたので、「垂直加圧法で薬を入れてくれたんですか?」と聞くと、はっきり答えずどれも同じみたいな事を言われました。患者から質問されるのが、あまり好意的に思ってない先生なので、それ以上は聞きませんでした。

患者側の立場から言いますと、歯が痛いと色々不安になります。治療したのに何故痛むのか?ネット等で調べてる方は多いと思います。治療に疑問に思った時、どの様な方法で治療してるのか、患者から先生に質問するのは失礼ですか?
回答4 井野泰伸 2020/06/16(Tue) 10:47

E Eデンタル(愛知県豊橋市)の井野です。

>根管充填には、垂直加圧と側方加圧があると聞きました。前者は垂直で、後者は側方でしょうか?

根管充填方法でどちらが優れているか!?成功率が高いか!?の議論は昔ありましたが、結果的には大差はないという見解です。
 
ただ垂直加圧の方がガッタパチャーを緊密に詰めれるということは言えます。
 

ひと昔前は専門医も垂直加圧がめいんでしたが、最近は専門医の間でも加圧しないシングルコーンで根管充填することが多くなってきています。
 
根管に適正圧以上を加えることで歯の破折などのリスクも出てきますので、ガッタパチャーを入れるという目的で歯に圧はかけない方がいいとは思います。


>薬を詰めた後、レントゲンを撮ったのに画像を患者に診せない事ってあるんですか?

レントゲン代を支払ってレントゲン撮っているのですから多少は説明はしてほしいですよね。

ただ、根管充填の入りと成功は必ずしも一致してないのでラバーダムや隔壁をしっかりしている歯科医院であればそれほど心配しなくてもいいような気はします。


>患者側の立場から言いますと、歯が痛いと色々不安になります。治療したのに何故痛むのか?ネット等で調べてる方は多いと思います。

そうですね、歯科の場合治療費が安いという理由から沢山の患者さんを見ることに主眼がおかれ、説明の時間が少ないのは事実ですね。
 

>治療に疑問に思った時、どの様な方法で治療してるのか、患者から先生に質問するのは失礼ですか?

失礼ではありませんが、患者さんからの質問を嫌がる先生というのは少なからずおられるかと思います。
 
根充後のレントゲン代を支払っているのであれば次回受診した際にでも先生に前回の根管充填後のレントゲンを見せてくださいと言ってもらえればと思います。
 
それで嫌がられれば、担当の先生は質問などを嫌がるタイプの先生なんだと思います。

私のイメージですが、ある程度歯科知識のある方なら7〜10分ぐらいの説明で大体納得してくれます。
 
おだいじに
回答5 山田 豊和 2020/06/16(Tue) 12:30

山田歯科医院(兵庫県姫路市)の山田です。

こんにちは。

>患者から先生に質問するのは失礼ですか?

聞きたいことに答えてくれないDrは×ですね。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.