歯科相談掲示板 歯科相談を投稿 回答者に参加 歯科相談室TOP


歯科相談掲示板TOPに戻る

タイトル 歯列矯正の歯肉退縮について
相談者 happymoon
年齢 39 歳
性別 女性
地域 非公開
職業 非公開

当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、決して医師の診断を代替するものではありません。

弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

弊社は、当サイトのサービスにより、利用者及び第三者に直接的または間接的に生じた損害について、一切の責任を負いません。


質問 - happymoon 2021/12/01(Wed) 08:58
回答1 - 山田 豊和 2021/12/01(Wed) 09:28
回答2 - 加藤 道夫 2021/12/02(Thu) 07:49
回答3 - 藤森 隆史 2021/12/02(Thu) 14:37
回答4 - Dr.ふなちゃん 2021/12/02(Thu) 21:56
返信1 - happymoon 2021/12/07(Tue) 12:50
回答5 - Dr.ふなちゃん 2021/12/07(Tue) 14:40

  過去の質問 1 - 2021/12/30(Thu) 14:15 - 歯茎に黒い点ができています
  過去の質問 2 - 2021/12/01(Wed) 09:28 - 歯列矯正の歯肉退縮について
  過去の質問 他5件


質問 happymoon 2021/12/01(Wed) 08:58

歯列矯正中、2年半が経ちもうすぐ終了予定ですが、下の前歯の歯肉退縮が止まりません。歯列矯正の専門医の先生ですが、治療方針が適切だったか疑問を感じています。
元々歯茎が薄いこと、下の歯の形が扇状で重なっていたこともあって、ブラックトライアングルはある程度覚悟していました。
しかし予想以上に歯肉退縮がひどく現在も悪化し続けていて、落ち込んでいます。ディスキングはしてもらいましたが、ほとんど変わりませんでした。
レントゲンは治療開始時に撮ったのみで、それから一度も撮られていません。普通は骨とか確認するのに撮ったりしないのかな?と感じています。
先生には治療前から、歯肉退縮をなるべく少なくしたいと伝えていて、現在の状況も不安だと伝えていますが、仕方ないの一点張りです。
有名な先生ですが、こっちの隙間が閉じたから今度はここ、とパワーチェーンをかけてもらいますが、また最初閉じたところに隙間ができてそこを閉じてとループになったりもしています。
歯周外科の歯医者さんでは歯肉移植は難しいと言われて、レジンでの補修もおすすめしないと言われてしまいました。
矯正前から通っていた歯医者さんで定期的にクリーニングを受けて、優しくブラッシングもしています。
長くなってしまいましたが、お聞きしたいことは、レントゲンの撮影などを含めた治療方法は妥当だったか、これ以上悪化する可能性はあるか、レジンでの隙間補修はやはりよくないか、ということを教えていただきたいです。
わたしの歯茎が弱くて薄いのが1番の原因ですが、もう少し歯肉退縮を防げたのでは?と歯並びが綺麗になっても笑えないので、本当に悲しいです。よろしくお願いいたします。

画像1209DCEF7-EDB6-4B10-8E50-2EC92709D254.jpeg
回答1 山田 豊和 2021/12/01(Wed) 09:28

山田歯科医院(兵庫県姫路市)の山田です。

おはようございます。

写真から推測するとそもそも歯周病で歯槽骨の吸収があったのではないかと思いますがどうなんでしょうか。

>レントゲンの撮影などを含めた治療方法は妥当だったか、

レントゲン撮影については何とも言えませんが矯正治療を始めた時のレントゲンがあれば現在の状況はある程度予想できたのではないかと思います。

>これ以上悪化する可能性はあるか

退縮の原因によるとは思いますがおそらくこれ以上の退縮は起こらないと思います。

>レジンでの隙間補修はやはりよくないか、ということを教えていただきたいです。

通常そのような処置は行いません。

>歯茎が弱くて薄いのが1番の原因ですが

それは言えるとは思いますがそれだけではないかもしれません。
回答2 加藤 道夫 2021/12/02(Thu) 07:49

加藤デンタルクリニック(横浜市中区)の加藤です。

happymoon さんこんにちは。

歯列矯正中、2年半が経ちもうすぐ終了予定ですが、下の前歯の歯肉退縮が気になっているのですね。歯が重なっていて治すとみられる現象ではありますね。

このブラックトライアングルを改善するとなると、移植(歯肉・骨)の外科的処置かレジンやハイブリッドレジン等で埋めてしまう隙間補修処置があると思います。

手術は時間もかかりますし、外科的侵襲があるのが欠点です。一方、レジン等で埋める場合は、1日で終えてしまう、何かあれば付けつだけですので外すことも出来ます。

個人的には、前歯ではこのようなブラックトライアングルの隙間をダイレクトに埋めることは行っており、1つの治療方法だと思っています。できれば、マイクロスクープや拡大鏡で良く見えた状態で行ってもらうと仕上がりが良いかもしれません。
回答3 藤森 隆史 2021/12/02(Thu) 14:37

藤森歯科クリニック(兵庫県西宮市)の藤森です。

通常の歯肉退縮とは少し違うようですね。
歯肉移植は非常に難かしそうに思います。
回答4 Dr.ふなちゃん 2021/12/02(Thu) 21:56

船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。

こんにちは。

叢生がかなり酷いのを成人後に綺麗に並べるとブラックトライアングルがよく生じます。特に歯茎や骨が薄いタイプの方は歯茎退縮が生じやすくなります。

専門医による矯正治療では通常、セファロやパノラマ、沢山撮影してもらってもデンタルの14枚法くらいを元に治療計画を立てるでしょうから3次元的な骨ボリュームはあまり気にせずに治療を進める場合が多いように思います。また、あまりディスキングを行わない場合が多く、前歯の叢生の改善のために小臼歯抜歯をする場合がしばしばあるように思います。

小臼歯抜歯を行うと臼歯、犬歯の移動量は増えますから歯周組織の伸びがなくなって来る年齢になられますと歯茎は下がりやすくなると思います。

歯並びは良くなっても新たな悩みが生じて一般歯科を受診される方は割と沢山経験します。

一般歯科(審美歯科)では、ブラックトライアングルの問題解決の為にレジンによる盛り足しをしたり、歯を出来るだけ削らないタイプあるいは歯を削るタイプのベニア治療をすることが多いです。場合によっては歯冠修復も選択する場合もあるでしょうが、下前歯の歯冠修復時には抜髄を伴うリスクがありますからお勧めし難いでしょう。

きちんとラバーダム防湿を行なってレジンを盛り足して綺麗に磨き上げてくれる歯科医院であればそれくらいが最初の選択には良いように思います。


非抜歯矯正であればディスキングを多用出来ますからブラックトライアングルは生じがたい場合があると思います。とはいえ、骨幅と歯根の位置の関係もありますから一概には言えず、CTの3次元情報を上手く治療計画に生かす事が必要ではないか?などと言われたりしています。

治療計画が良かったのか?悪かったのか?に関しては何とも言えないでしょうが、上手い矯正専門医ならば歯の位置をしっかり安定させる事に長けていてくれるだろうと想像したいものですね。

ブラックトライアングルについても隙間についても歯の形を変えれば解決できる事ですから矯正専門医だけで満足した治療になり難い場合は一般歯科とも連携してもらうと良いでしょう。
返信1 happymoon 2021/12/07(Tue) 12:50

先生方、貴重なご意見アドバイスありがとうございます。
歯列矯正前から定期的にクリーニングには通っていましたが、若い頃は意識が低く虫歯もたくさんあり、歯周病になっていたところに、わたしの歯茎の薄さや歯列矯正の力でこんなになってしまったのですね。
残念ですが元には戻らないので、デメリットも考えた上でレジンで隙間を閉じてもらうか、歯科の先生にも相談してみようと思います。
人工歯肉もあるようですが、こちらはいかがでしょうか?
回答5 Dr.ふなちゃん 2021/12/07(Tue) 14:40

船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。

〉人工歯肉もあるようですが、こちらはいかがでしょうか?

写真を撮る時だけ使ったり、気になる時に使う感じになるのでしょう。

着脱できる装置ならではの使い方になると思います。
自費になりますが必要であれば作製を依頼してみて下さい。

この記事へコメントを投稿、投稿した記事を編集・削除する際にはログインが必要です
一般会員の方は、IDとパスワードを入力してログインしてください

(携帯電話からは閲覧のみ可能で、投稿はできません)

ログインID
パスワード
  • IDとパスワードを忘れた方は こちら
  • 会員登録がお済みでない方は こちら
  • 回答者の方のログインは こちら


歯科相談掲示板TOPに戻る

copyright©2006- 歯医者/歯科情報の歯チャンネル All Rights Reserved.