? 一時帰国の3週間で左上下7番の根管治療と補綴を出来ますか(海外)

一時帰国の3週間で左上下7番の根管治療と補綴を出来ますか(海外)

相談者: fukushimagnumさん (42歳:男性)
投稿日時:2018-08-02 12:01:26
現在海外に住んでおり、10月に一時帰国をする予定があり、その際に間に合えば歯の治療をしたいと考えています。

日本での滞在期間は3週間の予定です。


先日、こちらの歯医者さんから二本の歯の治療が必要ということで診断を受けていましたが、その担当の方が突然辞めてしまいました。

引き継いだ先生では特殊な治療ということで、専門家を手配して治療してもらう必要があると言われてしまい、かなり大事になっています。

そこで一時帰国の際に、この二本の歯を治療することができるのかどうかを時間も限られていますし、可能なのかどうかをこちらで相談させていただけれたらと思っています。



まず一本目は左上の7番です。

これは一度詰め物を外され、次回根管治療をしてクラウンを被せるという治療だったのですが、詰め物を外され、仮のクラウンがついている状態です。
痛みはありません。


二本目は左下の7番です。
こちらも根管治療が必要と言われています。

これは一本目の治療を検討している段階では見つかっておらず、一本目の根管治療をやってもらおうと行ったときに、引き継いだ先生に診断されました。
痛みはありません。


日本の歯を根管治療、そのうち一本はクラウンが必要で、もう一本もクラウンが必要かどうかは私にはちょっとわからないのですが、この治療を3週間でやっていただくことが一般的に可能なのかどうかを教えていただきたいです。

費用、時間も考慮して、一本はこちらで、もう一本は日本でということも検討しています。

専門家の皆様の意見を是非お聞かせください。

よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-08-02 13:57:49
3週間となると、一般的に言えば無理だと思いますね。

ケースバイケースとなりますが、当院の場合であれば(自費専門医院なのでかなり慎重な進め方ですが)

@初診 治療方針の相談
A根管治療開始
(1週間以上 ※長い分には可 以下同じ)
B根管治療
(1週間以上 ※2回以上かかる場合もあり)
C根管治療終了〜仮歯まで
(3ヶ月以上)
DCT撮影による、根管治療の成否確認
(DとEは同日も可ですが、アポイントの都合上出来れば後日)
E型採り
(2週間以上 ←技工所での製作に通常かかる時間)
Fセラミッククラウンの装着

となるので、スムーズに進んで7回の通院で5ヶ月ぐらいです。
複数回の帰国期間に合わせてスケジュールを組むことなら無理ではないと思いますが、ご参考までに。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-08-02 14:17:48
こんにちは。

上下7番の根管治療および歯冠補綴を3週間で仕上げるという事ですが長年根管治療を手掛けてきたものとしてほぼ不可能だと考えます。

一本だけにしても難しいと思います。
ある意味根管治療はやってみないことには難易度はわかりません。

案外簡単に済むかもしれませんが私のやり方ではいくらうまい具合に行っても最低2回はかかります、したがって3回ならコアの築造までになります。

参考
感染根管治療 http://www.yamadashika.jp/infection.html
ファイバーコア http://yamadashika.jugem.jp/?cid=139

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: fukushimagnumさん
返信日時:2018-08-03 09:17:35
渡辺先生

お返事いただきましてどうもありがとうございます。
治療の順序や流れも具体的に書いていただき、わかりやすく拝見しました。

これだけの過程を考えると確かに3週間は短いと自分でも理解できます。

日本は色々なことがとてもスムーズなので、歯医者さんもかなと淡い期待をしていましたが、やはり医療はそうもいかないですね。

費用に関してもこちらでの治療のほうが高く、時間も予約がなかなか取れないので、何とか日本でやりたかったのですが残念です。

自分でも薄々難しい気はしていたんですが、先生のお答えを見て理解できました。

ご丁寧に回答していただきまして、本当にありがとうございました。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: fukushimagnumさん
返信日時:2018-08-03 09:26:46
山田先生

お返事いただきどうもありがとうございます。

ホームページを見て、自分なりに理解できました。
これだけの治療なので、確かに時間がかかるのだなと実感しました。

現地の歯医者さんには、日本に帰るから日本で治すことも検討していると話したら、日本の歯医者さんは優秀だからよかったねと言われました。

他の方の相談も少し拝見したのですが、たくさんの歯医者さんが参加しているのを見て、日本って本当にすごいなと思いました。

親身に質問に答えていただきまして本当にありがとうございました。



タイトル 一時帰国の3週間で左上下7番の根管治療と補綴を出来ますか(海外)
質問者 fukushimagnumさん
地域 海外
年齢 42歳
性別 男性
職業 会社員(技術系)
カテゴリ 根管治療の治療期間
根管治療その他
クラウン(差し歯・被せ)その他
根管治療関連
海外その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日