3mix-mp法を根管治療に使うこともある?

相談者: みるくさん (39歳: )
投稿日時:2007-05-14 15:48:00
現在根管治療のやり直しをしていますが、それにどうも3mix-mpのお薬を使用されているようです。

ちなみに先日は一本に3mixで痛みがなくなったあと、その上に別のお薬をつめられたようでした。

そこは歯が割れている箇所だったので、もしかしたら特別の方法なのかもしれませんが、ほかの歯にも3mixは使われているようでした。

私は3mixは神経をとらなくてはいけない歯を残すための治療法だと思っていたのですが、このように根幹治療に使うのはよくあることなのでしょうか?

3mixは一度神経を助けてもらったことがある方法なので私の中ではよいイメージをもっているのですが、やたらと使用すると危険性もあること、またクラウンにする際に保険が効かないとこちらのページで読んだので、ちょっと心配になってきています。

根幹治療は根の掃除をしたあと、お薬を詰めるという知識なのですが、そのお薬の種類が院によってかなり違うということなのでしょうか?

また種類にもよるのでしょうが、お薬をいれたあとはどれくらい時間をおいて次回の予約をとるものでしょうか。

先生の一人の治療時間が10〜15分ととても短く、先生とお話する時間がないため、こちらにご質問させていただきました。

よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-05-15 08:57:00
3Mixの使用は歯科医師の採択権の中での話ですから、どのような用法で、どのように使うかは、担当の先生に聞かないとわかりませんね。

ただ、3Mixも結局は抗菌剤を混ぜ合わせたものですから、虫歯治療だけでなく、根管治療歯周病治療に使えなくは無いですよね(例えば薬の処方を独自に変えるとかすれば‥)。

通常、日本で市販されている根管治療薬はせいぜい10種類くらいですから、そんなに大差は無いはずですが、上述したように、独自に処方しているとしたら、担当医でなければわかりません。

普通の根管治療薬を使っているとすれば、通院の間隔は1〜2週間に1回前後ではないでしょうか?

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-05-15 23:52:00
3Mixはもともとは根管治療のために開発された薬品です。

10数年前にアメリカの学会誌に発表されたのですが、結果は一般的に使用される水酸化カルシュームと比較して、やや良くありませんでした。

虫歯への治療効果については、科学的な根拠はほとんどないようです。
臨床家による経験的な治療といってもいいと思います。

保険については、法律を厳格に解釈すれば保険適用になっていない薬剤を使用すれば、治療のすべてが自費扱いとなります。

ただし実際には保険でされる先生も多くいらっしゃるようです。

治療薬の種類はタイヨウ先生の言われるように市販されているもの以外にも、眼科用の点眼薬や、錠剤を崩した抗生剤を単体で使ったりすることもあります。

治療の間隔ですが、私の場合は拡大(機械的な清掃)1回1時間ぐらいかけて、数回行いますのでその間は予約の間隔はいつでもいいのですが、機械的な清掃が終わってからは水酸化カルシューム製剤を使用するので2週間の間隔を取ります。

時にヨード製剤というのを使うときがありますが、このときは、治療時間内で20分間作用させます。

このように薬の種類によって、使用方法や時間(期間)が変わって来ます。




タイトル 3mix-mp法を根管治療に使うこともある?
質問者 みるくさん
地域  
年齢 39歳
性別  
職業  
カテゴリ 3Mix-MP法
根管治療の治療法
歯科治療用の薬
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日