8年前に神経を抜いた歯の歯茎がうずくんですが・・・

相談者: みみさん (32歳: )
投稿日時:2007-04-25 19:15:00
下の奥歯の6番でしょうか?
昨日から歯茎が変な感じです

8年前にこのだけ神経を抜いたんですが、炎症を起こす事がありますか?
それとも虫歯になっているんでしょうか?

海外からの質問で申し訳ありませんが、こちらの日本人サイトでこんな事を書いている人がいて心配になりました

事実なんでしょうか?

C3のむしばになると、神経を抜いて、空になった根管の中から 残った神経などの残存物を取り除く作業が一番重要で、奥歯だと根管が3本だとして3時間ぐらいかかります。

其の作業を完全にするには日本の国保ではやっていません。

日本の歯医者が良くやるのは 根幹の中を不完全に掃除した後(約20分以下でしかも2回に分けて)消毒でごまかして詰め物をして,最後に冠をかぶせて終わりにします。

5年ぐらいは持ちますがそれ以降は歯の根元にある歯槽骨が腐りだし歯槽膿漏になり10年後までには抜歯になるのが普通です。

3時間もかけて根管治療をするのは、根管治療専門医だけです。
日本では数人しかいません。

もちろん国保では、1000円ぐらいしか報酬がつかないので歯科医は誰もちゃんとやりません。

3時間かけて しかもその際使うくリーマーという器具代が10万ぐらいかかるので、普通は奥歯一本根管治療すると日本でも30万円から40万円ぐらいはします。

800ドルではリーマー代も出ないので 完全な根管治療はできないはずです。
それでも30分の根管治療を2回したなら、800ドルくらいで妥当だと思います。


ちなみに、日本で一番有名でまともだと思われるとある病院で根管治療をに要求したらこちらが何も知らないと思ってか なんだかんだ理由をつけて 抜歯とブリッジを勧めてきました。

其の後 根管治療専門医に見てもらったところ、根管がわれているので、5時間ぐらいかかるといわれましたが根管治療をすれば直るといっていました。

日本の歯科だけでなく医科の報酬の点数を簡単にでも知っていると 彼らが何を考えているのがわかり面白いです。

オーストラリアもそこまでやるのは専門医だと聞いています。

ただし、国保だとか保険だとか制約がつくと予算の都合で、 本物の治療はできないようです


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-04-25 20:19:00
事実です。

まあ、国民皆保険制度の弊害ですね。
「安い=質が低い」のは万国共通ですからね。

赤字覚悟で頑張っている歯医者さんもいれば、それなりの治療しかしない(できない)医者さんもいます。

きちんとした治療を提供したいのに、国は制約をかける→保険での治療の質が落ちる→困るのは患者さん。です。

保険治療の限界を感じ、保険外での治療をするドクターが増えてきています。
制約を受けない分、手を抜かず、時間と手間をかけて治療ができます。


このサイトで回答ドクターをしているタカタ先生や僕は一人の患者さんにかける時間は1回1時間以上ですし、根管治療の治療期間は長いです(もちろん、可能な限り早く終われるように努力はしていますが‥)。

日本国内では、「治療費の高い歯医者、時間のかかる歯医者」は敬遠されがちですが、「質の高い治療」とはそう言うものですから、仕方がありませんよね。

海外では「歯の治療に10万円かかった」と言っても普通か安いくらいですが、日本で10万円と言うと「ぼったくり歯医者」になっちゃいます。

まあ、僕もこのサイトを運営している田尾先生もそれを打破すべくこのような活動をしているのですが、日本の国民(歯科医師も含めて)の意識改革をしていく必要があると思いますね。

ただ、僕は国民皆保険制度は世界に誇れる素晴しい制度だと思っていますよ。
制度は良いのに運用の仕方に問題があるのだと思っています。

みみさんも質の良い歯医者さんを見つけて適切な処置をしてもらってください。
おそらく、根の病気が進行しているのだと思います。

一応、訂正しておきますが、リーマー代は通常6本で1500円前後です。
1本10万円もしませんよ。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: みみさん
返信日時:2007-04-26 10:36:00
タイヨウ様回答ありがとうございます

そうですか、神経を抜いて治療して数年したらまた治療しないといけなくなるときがあるんですね

昔、日本で神経の治療をした時、すごい短い時間で終わった覚えがあります。

今の所神経を抜いたは一本だけなので、今度の予約の時に話してみる事にします。


オーストラリアは国民保険では歯の治療がカバーされません、実費もしくは個人で保険に入ります。

国民保険制度は場合によってはいいですね。

今の所、一本直すのに800ドルくらい平均でかかっています。
レジン治療でも数百ドルです。


親知らずを抜くのに、数千ドルかかる場合もあると言われました。

前回の治療では2時間半もかかり、あごが痙攣してしまうほどでした。
その先生は丁寧にしてくれているかもしれません?!
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-04-26 11:30:00
まあ、時間をかけると言っても程度問題ですよね。

治療時間が長ければそれだけ患者さんにも負担をかけますし‥。
ケースバイケースです。


>国民保険制度は場合によってはいいですね

そうなんですよ。
僕は、本当は国民皆保険制度は大好きなんですよ(皆さん信じてね)。

保険証1枚持っていれば、日本全国、どこでも医療サービスを受けられるわけですから。

国内であれば旅行先でお腹が痛くなっても診てもらえますし、本当に貧困な方でも最低限の医療は受けられるわけですからね。

発展途上国などでは保険制度が無いおかげで「虫歯抜歯」と言う事が日常です。
少なくとも日本ではそのような事はありませんからね。

しかし、保険制度の使い道が間違っていると思いますね。

‥さあ、だんだん話が過激になってきたので、田尾先生そろそろ止めたほうがいいかも知れませんよ‥

僕は国民皆保険制度は

 社会的弱者に対するセーフティーネットとして機能させる
 徐痛や消炎など、緊急性の高い処置に対して使われる
 逆に顎変形症のの再建などの入院を必要とするような治療に対して使われる

と言うのが基本だと思っています。

保険診療の財政が破綻している以上、どこかできっぱり割り切る必要があると思います。

混合診療でも何でもいいから「最低限の治療は保険でカバーする」と言う原則だけは崩されてしまうと国民にとって大きなマイナスになるはずです。

厚生労働省のお役人さんは本気で歯科診療を保険から外す事を考えています。

歯周病は生活習慣病だから自己責任でしょ
眼鏡は保険適応されてないのに入れ歯が保険適応されているのはおかしいでしょ

と。

 ‥どんどん過激になってきちゃいますよ‥

保険点数の設定も変えたほうがいいでしょうね。

インレーとCRの点数を逆転させる
根治補綴の点数を逆転させる
抜髄覆罩の点数を逆転させる
予防と修復の点数を逆転させる
メタルコアの点数を半減させる
補綴物の点数を原価割れさせる

と、どうなるかな?

「保険で安く医療を提供したい」と本気で思うなら赤ひげ先生のように「赤字覚悟で治療してあげれば」と思うし。

それがいやなら、保険外で真剣に診療に取り組めばいい。
自費診療と言う責任が取れない歯科医師は自然淘汰されるでしょうし。

カ〜〜〜〜〜ット!(by田尾)

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: みみさん
返信日時:2007-04-26 19:43:00
はい!2時間半の治療は、顎だけでなく頭や肩まで痛くなりました(笑)

わからない言葉が少しありましたが、このような現状を知るかぎり、国民保険からの治療を無くすのは賛成ですw

オースでは、普通の病院も国民保険が利きますが、病気が専門家行きになると、すべて実費か個人の保険です。

なので、皮膚科や眼科や耳鼻科もすべて実費です。

特別に、母子家庭や低収入所得者、引退した高齢者に対しての歯の治療は国指定の場所でアシスタントは大学の研修生がやっているそうです。

それも数年待ちで、数年待っている間に緊急で痛くなった時はその歯だけを治すらしいです。

でも出産は、国民保険でパブリック病院ではただです。
面白いですねw



タイトル 8年前に神経を抜いた歯の歯茎がうずくんですが・・・
質問者 みみさん
地域  
年齢 32歳
性別  
職業  
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
根管治療後の痛み
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日