犬歯(永久歯)が生えてこないということは、ありえるのでしょうか?

相談者: mimiさん (12歳: )
投稿日時:2007-04-08 05:21:00
お忙しいところお時間をさいていただき、ありがとうございます。

私には12歳になるアメリカ人とのハーフの娘がいます。
現在ハワイに住んでいます。

娘の歯はとても丈夫でほとんど虫歯になったことはないくらいです。
ところが、犬歯乳歯がまったく抜ける様子がなく心配しています。

先日歯医者に行ったところ、「永久歯の生えてくるスペースが小さすぎて、詰まっている状態」ということで、歯科矯正の先生をご紹介いただきました。

本日レントゲンをとってブレイシスによる矯正を始める予定でしたが、それが中止になりました。

先生がおっしゃるには、

「永久歯の根が鼻のあたりにあり、位置が高すぎる」
「永久歯が乳歯の(何か液胞みたいなのがあるのでしょうか?)にダメージを与えている」
「永久歯がまっすぐではないようで、スペースを作っても降りてこないかもしれない」
「向きによっては(真横に向いている場合など)矯正が不可能かもしれない、または引っ張りだすことさえ無理かもしれない」
「矯正どころか、その歯を抜かなくてはいけないかもしれない(角度のせいで)」
「乳歯を抜いても永久歯が出てこない場合は、インプラントにしなければいけないかもしれない」
「場合によっては乳歯のままになる可能性がある」
「こういうケースは200人に一人ぐらいだ」

とのことで、処置として

「頭の上からとる断面のレントゲンで歯の方向を確かめたい。(多分Transverse planeのこと?)

とのことでした。

とても驚いています。。。。。
そこでお伺いしたいのですが。

1.永久歯のルートの位置が高すぎた場合、歯がはえてこない(定位置伸びない)ということもありえるのでしょうか?レントゲンで見たところ、ルートは鼻の一番下の位置と重なっていました

2.断面(Transverse plane)のレントゲンで歯の向きがわかるのでしょうか?

3.横顔(Sagittal plane)からのレントゲンならわかるような気がするのですが、横顔からのレントゲンというのは存在するのでしょうか?

4.乳歯を永久歯として使用している方は多いのでしょうか?支障はないのでしょうか?

5.娘はすでに12歳ですが、将来的(今後)に永久歯が活動を始めることもありえるのでしょうか?

6.通常の正面(Frontal plane)からのレントゲンで歯の向きに異常がある可能性が発見できるのでしょうか?

7.この永久歯のスペースを作るために矯正を予定していましたが、娘の歯並びは綺麗で、オーバーバイトを指摘された以外には問題ありません。将来永久歯が活動しだした場合は、また矯正しなおしになるのではないかと思いますが、今、乳歯を使って矯正する方がいいのか、永久歯が生えてくるのを待つべきか(いつになるかわかりませんが)悩んでいます。先生のご意見をお聞かせください。

8.娘は6月から7月末まで日本に帰国する予定です。このような歯科事情の場合、日本とアメリカ(ハワイ)での処置は大分違うものなのでしょうか?

9.日本でも国民健康保険に入っていますが、保険は適応されるのでしょうか

お忙しいところ、利益にならないようなご相談に載っていただき大変感謝しております。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-04-09 10:30:00
そうですね、
僕の知り合いにも犬歯が鼻の下に横向きに埋まっていて出てこない人がいます。

現時点では「様子見」と言う事で落ち着いています。

本人(ちなみに歯科医師です)も「いざとなったら大学病院でCT撮って専門医に診てもらうから」とケロッとしています。

ハワイ矯正事情が解らないので何とも言えませんが、おそらく日本では保険適応されないと思いますので(抜歯などの処置は適応になると思いますが、大学病院でされるべきでしょうね)、セカンドオピニオンを求めて日本の大学病院も含めて、幾つかの病院を受診されてはいかがでしょうか?

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-04-09 16:54:00
こんにちは。

タイヨウ先生と同じ意見です。

元々上あごの犬歯は生えてくるのが遅くて、その頃にはスペースが狭くなって八重歯に、というのは多いパターンです。

ですから時期的にもまだ変化があるかも知れないかな、という気はします。

因みに上から撮る撮影方法はありますよ。

正確には斜め前方になりますけど、根っこが完全に出来ているとなれば深刻かも知れませんし、資料は多く集めて詳しく診査してもらうのは良いことだと思いますよ。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: mimiさん
返信日時:2007-04-14 13:46:00
ご回答ありがとうございました。
他にもそういう方がいらっしゃると聞いてちょっと安心しました。

その後私もちょっと勉強したのですが、その永久歯の液胞が乳歯を溶かすらしいですが、担当の先生がおっしゃるにはどうも犬歯の液胞がとなりの歯の根元を溶かしている可能性があるとか。。。(レントゲンで見ると隣の歯のルーツが平らになっているそうです)

担当の先生としては「乳歯を長持ちさせて、将来的に永久歯は抜いて、乳歯がだめになったらインプラント」が一番お勧めだそうです。

ちなみに断面(Transverse plane)のレントゲンはやはり失敗しました。
普通の歯しか写っていませんでした。。。

アドバイスいただいたように、帰国する時にレントゲン写真を全部持って相談してみます。

また、何か新たなアドバイスがあれば ぜひ よろしくお願いします。

ありがとうございました。



タイトル 犬歯(永久歯)が生えてこないということは、ありえるのでしょうか?
質問者 mimiさん
地域  
年齢 12歳
性別  
職業  
カテゴリ 歯の生えかわり(生え変わり)
アメリカ(米国)
ハワイ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日