根管治療後、麻痺した感覚が残っています・・・

相談者: H.Yさん (35歳: )
投稿日時:2007-01-13 02:26:24
はじめまして。

歯科治療後の不快感がどうも納得ができず、このサイトを見つけて質問させていただきます。

去年の4月ごろ、20年ほど前に神経を抜いた前歯が、歯の中が空洞になっているので、このままでは歯が折れてしまうため治療が必要とのことで、まずは根管治療しましょうとのことでした。

根管治療を開始してすぐ激痛に襲われ、麻痺した状態が続きましたが、それは歯茎炎症を起こしたので、炎症が治まれば直ると言われました。

確かに、痛みは直ったのですが、麻痺している感覚がいまだに残っています。

なにかの封を開けるとき、その歯を使って開けるときがあるのですが、封を歯に挟んでいる(上の歯と下の歯がかみ合っている)感覚がまったくわからなくなってしまいました。(以前は、わかりました)

その話をしても、「それは、歯の神経を抜いたから普通です。」といわれたのですが、その歯は、20年も前に神経を抜いていて、神経のない歯の感覚は知っていつもりです。

ものをかじってもかじっている感覚がないので、それがかじれるも硬さのものなのか、判断が付かなくなってきています。

このままでは、無理にかじって前歯を折ってしまうような気がして心配です。

その歯科医が言うように未だに麻痺した感覚が残っているのは正常なことなのでしょうか?神経がないのと、麻痺した感覚があるのとは違うと思うのですが…。

よろしければ教えてください。お願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-01-13 02:26:24
可能性としては2つ考えられます。


【可能性1】 炎症が起きている

根管治療後、麻痺した感覚が残っているということですが、何らかの原因で歯の根っこ付近に炎症が起きているかもしれません。

炎症が起きると痛みが出るというだけではなく、人によっては違和感を感じたり、痺れを感じたりします。

もしも炎症が起こっていた場合にはその部分の骨が溶かされて、レントゲンを撮ると歯の根っこの周りが黒く写るはずなので、歯科医院へ行ってレントゲンを撮ってもらってみてください。


【可能性2】 神経の損傷・圧迫

根管治療によって、もし神経が傷付けられていると、治療後にも長期間麻痺が残ります。

H.Yさんは根管治療中に激痛を感じたということですので、もしかしたらこの可能性が高いかもしれません。

この場合にはビタミン剤やATP製剤などで神経の損傷回復を促進させることもありますが、実際にはほとんど経過観察といったところです。

また、神経が損傷していなくても、何らかの原因で神経が圧迫されることによって麻痺が起こる可能性もあります。


原因が何にせよ、とにかく歯科医院で検査はしておいたほうが良いと思います。

それと、神経のない歯で強く噛むことによって、歯を噛み割ってしまい抜歯になるケースが結構ありますので、ご注意下さい。




タイトル 根管治療後、麻痺した感覚が残っています・・・
質問者 H.Yさん
地域  
年齢 35歳
性別  
職業  
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
根管治療後の痛み
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日