妊婦かもしれないのにレントゲンを撮られた!

相談者: T.Uさん (34歳: )
投稿日時:2007-02-05 03:54:10
初めまして。
歯のことについてとても悩んでいるので、相談させてください。

昨年の12月のはじめに、右上の奥歯が物を噛むと痛いので、歯医者に行きました。

レントゲンを撮ったところ、虫歯ではなく、歯周病だと言われました。
その後、歯周病の治療として、歯石を3回ほどとりました。

その間に、左下の歯が虫歯だと言われ、治療に入りました。このとき、私は、歯周病の治療だと思って歯医者に行っていたので、いきなり今日は虫歯の治療だと言われ、削られ、びっくりしました。

虫歯は麻酔なしで削られました。
ものすごい痛みでした。

途中、一度も休むことなく、一気に削られたので、顎は痛いし、口の中に水?唾液?は溜まり、それを飲み込まざるを得ず、とても気持ち悪い思いもしました。

その後、仮の詰め物をつめましたが、衛生士さんが、舌の上に、消毒の綿?のような物をおいたままにしていて、舌が火傷しそうでした。あまりに痛いので、言ってのけてもらいましたが…。

次に行ったときには、銀色のかぶせ物をつけました。かぶせ物に関しては、私は白いのがよかったんですが、選択の余地はなかったです。

かぶせ物をする前に、風を当てられたのですが、それがものすごく痛くて、涙がでてきたほどでした…。

かぶせおわったあと、セメントを取ると言われ、糸ようじのようなもので、ものすごい力で、歯と歯の間に糸ようじのようなものを入れられ、ゴリゴリと押さえ付けられました。

ある程度やったら、もうセメントが固まってしまったので、これ以上はとれないので、次のときに取ると言われました。

その日はそれで終わりましたが、それから3日間、あの風を当てたときの痛みが引かず、ご飯が食べれませんでした。

4日目に、なんとかご飯を噛んだときに、ガリっという音がしました。

見たら、米粒くらいのセメントのようなものがでてきました。それ以降、歯の痛みが、ぴたっと止まりました。

次に行ったときは、歯周病の治療で、歯石を取りました
治療後、次は、右上の奥歯に虫歯があるので、次はその治療をすると言われました。

以上が、今までの経過です。
そこでいろいろ私が疑問に思っていることをお聞きしたいのですが…


1.
私は、妊娠しているかどうかわからないと問診票に書いたのですが、レントゲンを撮られました。歯のレントゲンは、妊婦でも大丈夫なのですか?2度取られました。(妊娠はしていませんでしたけど)


2.
虫歯は麻酔をかけてもらえないのでしょうか。妊娠しているかどうかわからなかったので、麻酔をされなかったのでしょうか。


3.
右上の奥歯は、最初は虫歯ではないと言われたのに、虫歯だと言われたのは、なぜなのか不思議です。新しい虫歯?とも思いましたが、今でも12月のはじめの痛みがずっとあるので、本当は虫歯だったのでは?と思ってしまうのですが。


4.
風を当てるとあんなに何日も痛みが続くものですか?それとも、セメントがどこかに挟まって、それが痛かったのでしょうか。


5.
この段階で、転院するのはまずいでしょうか。あの虫歯の治療をもう一度繰り返すと思うと、気が滅入ります。どこの歯医者さんも同じなんでしょうか。


先生は、私の歯を削りながら、スタッフさんに、「次の人入れて〜」とか言っているような感じなので、なんだかとてもせっかちな印象を受けます。なので、聞きたいこと、言いたいことがあっても、なかなか言い出せません。このことも転院したい理由の一つです。

この歯医者に通うかどうかは悩み中ですが、仮に転院した場合、今までの治療のことを新しい歯医者さんには説明するべきでしょうか。

すみません、いろいろお聞きして。
お答えしていただける範囲で結構ですので、どうかよろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-02-05 03:54:10
結論から言うと、僕個人的には「転院しましょう」です。

もちろん、一概にこの歯医者さんのウデが悪いとは言いませんが、患者さんの訴えも聞かず、治療を押し進めるやり方は感心しません。むしろ憤りすら感じます。

往々にして保険中心の歯医者さんは「忙しいから」と言う理由で患者さんをまるでモノのように扱い、流れ作業的な行為(あえて治療と言う言葉は控えたいと思います)をします。

保険であろうと、自費であろうと患者さんは患者さんです。それも血の通った人間です。

1〜4に関して僕は全ての面でおかしいと思います。

と、言うより、その前に書かれている「虫歯麻酔なしで削られました。ものすごい痛みでした。」「私は白いのがよかったんですが、選択の余地はなかったです。」「これ以上はとれないので、次のときに取ると言われました」「米粒くらいのセメントのようなものがでてきました」
は、とても良心的な歯科医師のやることとは思えません。

理由は後ほど田尾先生とワタナベ先生が解説してくれると思います。

それもこれも「保険制度が悪い!」のヒトコトに最近、集約しつつある自分が嫌なんですけどね‥。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-02-05 03:54:10
細かいことはさておき、歯医者と患者さんの信頼関係が築けていませんから、これはやっぱり転院をされた方がいいと思いますよ。

部分的に同じ検査をもう一度行うなど、若干無駄になる費用は発生してしまいますが、転院で得られることの方が大きいと思います。

1.について

細かい数字のまではよくわかりませんが、胎児に影響があるとされる放射線量は100mSv(ミリシーベルト)といわれます。

それに対して歯科用のレントゲン装置で被爆する量は、すごく多めに考えて1回0.05mSvぐらい。鉛の防護エプロンをしていれば更にその100分の1ぐらいになります。

因みに普通に暮らして1年間で自然に被爆する放射線は2.4mSvぐらいですから、全く心配ありません。

ですが現実に心配を与えてしまっている訳ですから、エチケットの問題はあるかも知れませんね。


2.について

虫歯だけを削るのなら麻酔は使わなくても痛みはありませんが、文面からすると大きめに削っていますから、痛みが出るのは当然でしょう。

麻酔がなかったか時間がなかったか・・でしょうか。理由はちょっと分かりません。

3、4については田尾先生に。
良い歯科医院が見つけられるといいですね。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-02-05 03:54:10
3.について

最初の検査の時に、虫歯を見逃していた可能性が高いです。

レントゲンを撮って検査をしたとしても虫歯の発見率は100%ではなく、歯医者さんの診断能力にも左右されます。

おそらく最初の検査で見逃していた虫歯が、治療を進めている段階で見つかったのではないでしょうか?(何だか、治療に時間もかけられないような雰囲気のようですし・・・)

結果的に見つかって良かったと思ったほうが良いかもしれません。


4.について

風が当たると痛かったということなのでセメントというよりも、治療の際に使った薬品や、虫歯を削る際の熱の影響で、歯の神経が過敏になっていたのではないかと思います。

ただ、セメントの取り残しは良くないですね・・・。


保険ではこういった歯医者さんが多いのかもしれませんが、中には保険でもかなり質の高い治療を行っている歯科医院もありますので、そういう歯医者さんをなんとか見つけられるようにしたいですね・・・。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2007-02-05 03:54:10
T.Uさんはじめまして。

3人の先生がおっしゃられていることで十分だと思います。

自分が今の治療で納得いってなかったら、即転院すべきだと思います。また、転院先では今までのことを全て話されるとよいでしょう。




タイトル 妊婦かもしれないのにレントゲンを撮られた!
質問者 T.Uさん
地域  
年齢 34歳
性別  
職業  
カテゴリ 妊娠中の歯科治療
歯医者への不信感
レントゲン写真
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日