神経を抜かれて茶色くなった歯を、リスク無く白くする方法はありませんか?

相談者: このだめさん (28歳:女性)
投稿日時:2007-05-14 21:47:00
28歳女性です。

小学生の時、虫歯治療で前から2番目の歯の神経を抜かれて、今になって茶色の歯になってしまい、他の歯と比べて目立って悩んでいます。

歯科で相談したところ削ってかぶせるか、ちょっと表面を削って貼り付ける方法がありますよ。と言われました。

削ってかぶせたことのある人から、

すごく違和感があるよ。
それは、何もせずに気にしないでおいたほうがいいよ。

と言われて、そのままにしておいたのですが、なにかリスクなく歯を白くできないかと悩んでいます。

いい方法があれば、教えて頂きたいのですが、、


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-05-15 09:41:00
死んでしまっている歯を白くする方法には、

ウォーキングブリーチ
ラミネートベニア
クラウン

の3つが考えられます。

「ウォーキングブリーチ」は「歯牙漂白」と言って、特殊な薬剤を使って歯を漂白します。

削らない方法ですが、薬剤で白くするため、両隣の歯と「完璧に」色を合わせるコントロールが難しいです。


「ラミネートベニア」は表面を削って貼り付ける方法です。

簡単に言えば「付け爪」ですから、咬み合わせが悪かったりすると剥がれやすいと言う欠点があります。


「クラウン」は最もきれいに治療ができます。

しかし、削る量は比較的大きいです。

ベニアもクラウンもドクターの技術や技工士の技術で、「治療したかどうかわからない」レベルで仕上げる事が可能です。

「すごく違和感があるよ」と言う知り合いの方は、残念ながらあまり上手ではない先生に治療されたのではないでしょうか?

それなりに技術のある先生であれば、「違和感を感じる事」はありませんよ。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-05-15 10:16:00
神経を取る際に歯の内部の有機質をキチンと除去すれば変色は防げるのですが、おそらく 最初に神経を取る際にこの有機質を除去出来なかったのでしょう。

そのために変色を招いたと考えられます。

そのままかぶせをしても 根の中まで変色していますので 白いかぶせ物が入った際に歯茎が黒っぽく見えてしまいますので、通常は歯の内部を漂白し、その後に被せたりします。




タイトル 神経を抜かれて茶色くなった歯を、リスク無く白くする方法はありませんか?
質問者 このだめさん
地域  
年齢 28歳
性別 女性
職業  
カテゴリ 歯の変色・着色
ホワイトニング治療法
ウォーキングブリーチ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日