歯周炎になりかけている、と言われたのですが・・・

相談者: あしべさん (43歳: )
投稿日時:2007-05-27 21:49:00
初めて質問させていただきます。
よろしくお願いします。

先日、奥歯の詰め物が取れてしまったので、ほぼ10年ぶりくらいに歯医者さんへ行って治療していただきました。

その際に全体のチェックもお願いしたところ、虫歯はなかったのですが、『歯周炎になりかけています』と言われました。

先生曰く『全体のポケットの深さが2〜3ミリ程度』とのことでした。

全く自覚症状もなく、今まで歯茎について指摘を受けたこともなかったので、その時は‘歯周炎’が何なのか、‘2〜3ミリ’がどういう状態なのかよくわかりませんでした。

何か治療をしてくださるのかと思っていたのですが、歯石や汚れを取って下さって、歯の磨き方のパンフレットをくれて『また半年後に来てください』と言われただけでした。

そのパンフレットを見ていてもよくわからず、ネット検索でこちらのサイトにたどりつきました。

歯周病に関する項目を読んでいると、大変な病気だということがわかってきて、今とても不安な気持ちになっています。

そこでお伺いしたいのですが・・・


1)
‘ポケットの深さが2〜3ミリ’というのは、悪さ加減で言うとどの程度なのでしょうか?


2)
歯磨きをきちんとしていれば、治るものなのでしょうか? また、歯磨きをきちんとやっていても悪化することがあるのでしょうか?


3)‘また半年後に’と言われたのですが、それまで何も特別なこと(歯周炎の治療)をしなくてもいいのでしょうか?


歯磨きは、朝昼晩3回しています。

朝と晩は電動歯ブラシを使っていて、昼は普通の歯ブラシで磨いています。
夜の歯磨きにはフロスも併用しています。

自分では結構、歯には気を遣っていたつもりだったので、今回のことは少なからずショックを受けました。

正直、どうしていいかわからないのです。
ご回答よろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-05-28 15:37:00
1)2)
歯周病としては「はじめの一歩」と言った感じです。
ブラッシング次第で1週間で健康な状態に戻ります。

3)
歯周病でも虫歯でも「なってから受診」したのでは遅すぎます。
「ならないように」予防をしましょう。

もし、今回、行った歯医者さんが予防に積極的でなければ、予防に力を入れている歯医者さんを探し、歯周病の予防に努めましょう。

あしべさんのように「自分は一生懸命、磨いている」と言う方はたくさんいらっしゃいます。

しかし、我々プロから見て「しっかり磨けている」という方はほんの一握りです。
僕自身も自分の歯磨きが100%だとは思えません。

ですから、「必ず磨き残しがあるもの」だと思っていただき、逆に開き直って「磨けていないところはプロに任せよう」と言う気持ちでクリーニングに臨んでいただければ良いと思います。

ですから「PMTC」や「歯周病予防」と言ったキーワードで歯医者さんを検索されてはいかがでしょうか?

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: あしべさん
返信日時:2007-05-29 20:06:00
ご回答頂きどうもありがとうございました。

現状が「はじめの一歩」ということで、ややホッとと致しました。
ブラッシングに気をつけて、少しでも改善していきたいと思います。

今回診ていただいた歯医者さんでは、ブラッシングの指導などもされていないようですので、別の歯医者さんを探してみようと思います。

口の中のトラブルと言えば‘虫歯’しか頭になく、歯周病というのはごく限られた人だけの病気で、自分には全く無縁のものだと思い込んでいました。

が、こちらのサイトを拝見してそうではないということがわかりました。
頑張って予防に努めたいと思います。

ありがとうございました。



タイトル 歯周炎になりかけている、と言われたのですが・・・
質問者 あしべさん
地域  
年齢 43歳
性別  
職業  
カテゴリ 歯周病その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日