妊娠とアマルガム除去の影響

相談者: あゆゆ さん ( : )
投稿日時:2007-06-08 13:00:00
はじめまして。
初めてご相談させて頂きます。

私は現在妊娠を計画しており、年齢や流産したこともあり強く妊娠を希望しているのですが、先日妊娠前に右下6番第1大臼歯虫歯を治しておこうと歯科に行きました。

治療は銀の詰め物を削り今は仮詰めをしています。

その日の治療の後私の歯にはアマルガムがあるか聞いたところ下左右奥歯に合わせて5つあり、そのうちの1つを治療しているとのことでした。

アマルガム除去時には、大量の水銀に被爆すると聞いたのですが、何の装備もなく普通に削って仮詰めされたので、水銀被爆と治療後すぐの妊娠に影響がないか心配でなりません。

かけらは口の中にも残っていたのでうがいで出しましたが、もしかしたら飲み込んだ可能性も考えると不安です。

それとも妊娠する前にすべて除去するべきでしょうか?

また、もしすべて除去した場合どれぐらい月を空けて妊娠を考えるべきでしょうか?

どうしたらよいのか全くわからずとても悩んでいます。
よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-06-09 00:20:00
妊娠のことで少しナイーブになっていらっしゃるようですね。

水銀には有機水銀と無機水銀があります。

公害病で問題になったのは有機水銀で、腸から吸収されやすく、毒性も強いです。

歯科で使われているのは無機水銀で、有機水銀ほど毒性はなく、他の重金属と同じぐらいです。

また体に吸収されることはなく、ほとんどが排出されます。

アレルギーも、飲み込んだものについては、免疫寛容といって、正常な人ならアレルギーを起こすこともありません。

今、残っているアマルガムは、特に問題がなければ、あわてて詰め替える必要はありません。

詰め替えれば、少しでも新たに健康な歯の質を削ることになりますから。

赤ちゃんのためにもあまり神経質にならないでください。
無事妊娠して、元気な赤ちゃんが生んでください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: あゆゆ さん
返信日時:2007-06-09 10:26:00
回答ありがとうございます。
とても気持ちが楽になりました。

でも、極端な意見の違いと治療の仕方の違いに驚いています。

私には金属アレルギーも、持病もないですし、今まで健康に過ごしてきました。

なぜこのような意見の違いがあるのでしょうか?
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-06-11 10:31:00
意見の違いは勉強の違いですかね。

勉強量も違うでしょうし、質も違うでしょうし。

歯科医学は日進月歩です。

僕は日々勉強だと思いますが、残念ながら大学を卒業してから、ほとんど勉強しないドクターもいらっしゃいます。

また、マスコミの流す情報を鵜呑みにしてしまうドクターもいます。

そんな感じでしょうかね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: あゆゆ さん
返信日時:2007-06-11 17:19:00
回答ありがとうございます。

勉強量の違いと言うのはどちらの意見が勉強不足なのでしょうか?
何が正しくて何が間違っているんでしょうか・・・?
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-06-12 09:27:00
さすが 小牧先生です。
良くご存知でいらっしゃる。

アマルガムの水銀についてですが、 確かに無機水銀で安全なので 私もよく使います。

ただ、 無機水銀を有機水銀に変えるバクテリアの発見があり、それ以降、体への影響というよりは環境への影響を重視して使われなくなってきています。

でも、いい材料なんですよ。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: あゆゆ さん
返信日時:2007-06-12 10:48:00
回答ありがとうございます。

サイトでアマルガムの影響、胎児異常の話を目にしてから、こんなに不安がある状態で妊娠を考えるのはどうなんだろうと思っていました。

小牧先生にお答えを頂いて前向きに考えれるようになりました。

無機水銀を有機水銀に変えるバクテリアとは体の中に存在するものではないのでしょうか?

いろいろな質問をしてしまいすみません・・・。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2007-06-13 00:33:00
勉強不足でした、そんなバクテリアがいたなんて知りませんでした。

タカタ先生がおっしゃるとおり、いい材料なんですよ。

私の尊敬する、スウェーデンのイェテボリ大学の教授は、コンポジットレジンで、歯の根が残っただけの状態でもクラウンの形に積み上げていく名人なのですが、”アマルガムはいい材料だがスウェーデンでは環境保護団体の圧力で使用できないんです”と嘆いていらっしゃいました。

アマルガムを良くないという意見に、歯科医学的な観点からではない意見が多く見られるようです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: あゆゆ さん
返信日時:2007-06-15 09:45:00
これから、アマルガムのことはあまり神経質に考えないようにしていこうと思います。

こちらで質問させて頂いてほんとうによかったと思います。
いろいろ質問への回答ありがとうございました。



タイトル 妊娠とアマルガム除去の影響
質問者 あゆゆ さん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ アマルガム
妊娠中の歯科治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日