下7番、歯肉縁下虫歯治療について

相談者: ナース卵さん ( : )
投稿日時:2007-06-20 10:29:00
いつも興味深く拝見させていただいております。

今回、こちらのサイトを見てから急に自分の歯について心配なことがあり、相談させていただきました。

今年の1月に歯の痛みを覚え、近所の歯科へ行きました。

結果、何本か虫歯が発見されたのですが、その中の一つに、左下の親知らずが斜めかつ歯肉から一部見えた状態で生えており、手前の奥歯の接した部分が虫歯になっている、というものがありました。

虫歯の治療をするにも、また親知らずの状態からしても抜歯が必要だということで、紹介状をもらい、2月の終わりに他院で左下親知らずを抜歯いたしました。

(余談ですが、その時生まれて初めての抜歯に異様な不安を覚え、情報を求めてネットを彷徨い、こちらのサイトにたどり着きました。笑)

抜歯自体は痛みに苦しんだものの、特にトラブルはなく、現在抜歯箇所は安定しております。

そこで、先週から元々通っていた歯科にて、左下親知らず手前奥歯の虫歯治療を開始しました。

いつもの虫歯治療の通り、麻酔を打って削り始めたのですが、斜めに生えた親知らずとの境目に出来た虫歯だったせいで、奥歯の下の部分で虫歯が進行していたらしく、先生が治療中「歯茎の中まで虫歯だから、麻酔を追加します」といって、更に麻酔を打たれ、削られました。

その後、染色液のようなもので虫歯を染め出しながら2回ほど削り直しをし、仮詰めをして終了しました。

帰り際、普段はそのような事を言われないのに、「しみたり痛みがなければ詰めていきます」と言われ、大変心に引っかかりを感じました。

そこでサイトを検索したところ、下7番歯肉縁下虫歯の治療は大変困難であり、根管治療になる可能性が高い、というようなトピックを見つけ、ショックを受けました。

そこでお聞きしたいのは、


1.
先生がそのような事をおっしゃられたのは、現在の虫歯の状態が大変難しく、完全に虫歯を取りきれた確証がないため、私の自覚症状でそれを判断しようということなのでしょうか?


2.
私は今まで虫歯の治療は詰め物でしかしたことがなく、根管治療に強い不安があります。

7番歯肉縁下の虫歯を、他の歯のような詰め物で治療し、成功することはまれなのでしょうか?

ちなみに先生からは、「根の治療をします」や「今までしたことがあるのとは違う治療です」というような説明は今のところされていません。


という2点です。

お忙しいところお手数をおかけいたしますが、ご回答よろしくお願いいたします。

(以前同じような投稿があったことを、他の方の質問文の中で発見したのですが、検索してもヒットしなかったため、今回うかがいました。もし重複しておりましたら、申し訳ございません)


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-06-20 11:53:00
1)
どうなんでしょう?

そう言う意味かもしれませんが、僕はほとんど全ての患者さんに「しみたり痛みがなければ詰めていきます」と言いますよ。

特に虫歯が深く、神経ギリギリであれば強調します。
でも、それで抜髄になったケースは少数(10%未満)です。


2)
「7番歯肉縁下の虫歯を、他の歯のような詰め物で治療し、成功することはまれなのでしょうか?」

治療自体は難しいですけどね。
きちんと治療すれば大丈夫ですよ。

たとえ、冷たいものが少ししみたとしても、最長3ヶ月様子をみましょう。

それで大丈夫であれば、ほとんど大丈夫だと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ナース卵さん
返信日時:2007-06-20 21:14:00
お忙しい中、こんなにすばやい返信本当にありがとうございます!

実は明日の午後に診察の予約が入っていて、おろおろしていました…タイヨウ先生、心から感謝いたします。

1)
取り立てて不安になるようなセリフではなかったんですね、ほっとしました。

現在仮詰め状態で一週間たちますが、普通に飲食しても、特に痛みやしみはありません。

ですから、先生にはそうお伝えしたいと思います。


2)
やっぱり難しい場所なんですね。

自分の歯並びの状態を認識し、もっと早く親知らずを抜歯していればと思うと…
自分の左下7番に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです(泣)

アドバイスしていただいた通り、3ヶ月を目安に様子を見たいと思います。

長文で読みにくい質問に対し、丁寧なご回答本当にありがとうございました。



タイトル 下7番、歯肉縁下虫歯治療について
質問者 ナース卵さん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 虫歯治療
根管治療その他
親知らずの隣の歯(7番)への影響
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日