親知らずの抜歯後、扁桃腺が腫れて大変なことに・・・

相談者: よだきーさん ( : )
投稿日時:2007-06-20 16:35:00
初めまして。

先月、左奥下のが痛み、歯医者に行ったところ、虫歯だったのですが、その次にはえている親知らずを抜いたほうがいいとのことで、レントゲンを撮った結果、大学病院を進められたのですが、それから何の説明もなく、先生が抜歯をすることになったのですが、抜歯をした次の日、すごい悪寒と体のだるさで熱をはかったら40度あり、歯医者が紹介してくれた内科に行ったところ、血液検査と点滴をうち、このまま熱が下がらなければ医師会に行くように紹介状を書かれ、様子を見ていたのですが、熱は全く下がらず、医師会へ行き血液検査や心臓の検査をしたのですが、何が原因でこうなったのかはっきりしたことは言われず、そのまま入院することになり、点滴を一晩中うったのですが、次の日も全く熱は下がらず、今度は扁桃腺まで腫れてきて、唾を飲み込むのも激痛がはしり、扁桃腺には白い膿のようなものが斑点のようにできており、耳まで痛くなり、熱は全く下がらなかった為、点滴の種類を何度もかえ、ようやく熱は下がったのですが、もともと扁桃腺は弱い方で、それでも、こんな熱を出すことはなく、ここ三年くらい風邪もひいたことがなかったのですが、これは扁桃腺が原因で熱がでたのか、抜歯が原因なのか先生は退院するまではっきりしたことを言わず、退院後、又、初めに行った内科に紹介状を書かれ言ったのですが、そこでもあいまいな返事で、歯医者の先生は入院時、病院に抜歯の消毒に来てくれたのですが、その際、「言い訳をするわけじゃないけど、全体責任だから入院費用はこっちが払うから」と言い、それだったら抜歯が原因だったのかな?と思っていたら、数日立ち歯医者に消毒に行ったところ、先生の態度がいきなり変わり、「逃げるわけではないけど、入院費用は払えない。扁桃腺が腫れたから熱がでたのだ」と言われました。

抜歯をする前もにも風邪の症状は全くなく、高熱を出した次の日に扁桃腺が腫れてきたのですが、これは扁桃腺による熱なのでしょうか?

歯医者の先生には、扁桃腺でこんな高い熱が出るのであれば、これから妊娠でもした時、前もって先生に話しておかなければ大変だとか、扁桃腺が腫れてるのにきずかなかっただとか、まだ、扁桃腺の腫れもひかず食事もろくにとれない状態なのに、今度は耳鼻科に行って見てと言われ、今回の抜歯後の熱で病院をたらいまわしにされ、散々でした。

ちなみに、内科での検査報告書の結果では、好中球86.7、リンパ球4.8、??6.9,好酸球1.2、crp定量0.2でした。

歯医者の先生には、親知らずの抜歯後、もう片方の親知らずも抜歯しなければと言われていたのですが、今回のことがあり、もう治療は完治したと言われました。

今後、あと一本残っている親知らずを抜かないといけなくなった際、又こんなことになるのかすごく心配です。

歯医者の先生が扁桃腺がもともと腫れていて高熱が出たと言い張るのも、疑問ですし、初めから、先生の手に追えない親知らずで大学病院を進めてきたのに先生が抜歯したことに問題があったのか、虫歯ではなかった親知らずを抜く必要があったのか、教えて下さい。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-06-21 07:10:00
いろいろと大変でしたね…。

経過からすると、親知らずの抜歯が原因の可能性は非常に高そうですけど、このようなことはまれに起こりうる避けられない偶発症のひとつだとも言えますので、完全に歯医者が悪いのか?というと、仕方が無い部分もあるということは理解しておいてください。

でも、歯医者が言うことをコロコロ変えたら、不信感を持っても当然ですよね。はっきりと言えばいいのに…。

もしかしたらよだきーさんは扁桃腺が腫れやすいタイプなのかもしれませんので、場合によっては扁桃腺を切ることも考えておいたほうが良いかもしれませんね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: よだきーさん
返信日時:2007-06-21 16:15:00
田尾先生、お忙しい中、返信どうもありがとうございました!

納得の意見に、疑問と不安が解消されすごく感謝しております。

あと一本抜歯しなければいけないがあるので、そのときは前もって、歯医者の先生に扁桃腺の相談をしたいと思います。



タイトル 親知らずの抜歯後、扁桃腺が腫れて大変なことに・・・
質問者 よだきーさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 抜歯後の痛み・異常・トラブル
親知らずの痛み
抜歯:8番(第三大臼歯、親知らず)
親知らず抜歯後の後遺症・トラブル
親知らず抜歯後の腫れ・痛み(ドライソケット)
歯科と全身疾患その他
発熱(風邪を含む)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日