10代〜20代前半でのオールセラミックのデメリットは何ですか?

相談者: Starさん ( : )
投稿日時:2007-06-26 22:56:00
10代〜20代前半でのオールセラミックのデメリットは何ですか?

私は歯を大きく削るので、将来が心配で悩んでいます。
今治療して20年・30年後は後悔しないのでしょうか?

今後もっといい治療法など出てくるのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-06-26 23:09:00
なぜオールセラミックにするのでしょうか。

虫歯があってかぶせなければいけない状態なら、悪い選択ではないと思います。

でもその若さでそんな大きな虫歯があるという事は、将来また悪くなる危険性は高いですから、予防をしっかり心がけてください。

もし他の選択肢もあるなら良く検討したほうがいいと思います。

治療法は日々進歩しておりますが、PCや携帯電話と一緒で、待っていても限がありません。

そのときの状況に合わせた最善の治療を選択することが一番です。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Starさん
返信日時:2007-06-26 23:23:00
オールセラミックで治療した歯は虫歯になることはありえるのですか?
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-06-26 23:50:00
もちろん歯があれば虫歯になります。

すべてを入れ歯インプラントにでもしない限り、虫歯予防は必要です。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-06-27 04:05:00
歯の色というものは、年齢とともに変化していきます。
それに対して、セラミックの色はずっと同じままです。

すると、数年後どうなるのか?
セラミックの色は真っ白のまま、自分の歯は変色してくる…。

セラミックの歯だけが異様に目立ってきてしまうんですね。
ですから、これを防ぐために定期的にホワイトニングが必要になります。

あと、将来のことを本気で考えるのであれば、クラウンかぶせ物)の種類を何にするかということよりも、虫歯予防について勉強をすることが何よりも大切です!

どんなに良い治療をしたとしても、治療をした歯は天然の歯よりも虫歯になりやすいですから、虫歯予防を強化しないとどんなに良い歯科治療も効果激減ですよ。

ぜひ、こちらもお読みください。

⇒参考:虫歯の予防法




タイトル 10代〜20代前半でのオールセラミックのデメリットは何ですか?
質問者 Starさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ セラミックインレー(陶器の詰め物)
オールセラミック(陶器の被せ物)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日