プラスチック(レジン)の残留モノマーの毒性について

相談者: キティさん ( : )
投稿日時:2007-06-30 11:49:00
歯の治療について、教えてください。

左上2番の歯が痛み、近所の歯医者へ行きました。
以前に小児歯科で左上1番側にレジンを入れた歯でした。

レントゲンを撮り、水を掛けて「しみますか?」と聞かれ「しみます」と言いました。

次に歯をコンコンされて「痛みますか?」と聞かれ「結構痛い」と言うと「見た感じではそんなに痛いとは思えない」と言われました。

「神経を取らないといけない」と言われとりました。

以前にプラスチックを入れた部分からの「虫歯もあるが、それだけの痛みが出るのはプラスチックの毒性によるのだろう」と言われました。

翌日、前日と同じようなことをしました。

その2日後、神経の通り道をきれいにしました。

その時「保険でプラスチックを入れることもできるし、セラミックだと8万円かかる。どちらにするか家で相談してくるように」と言われました。

4日後「仮の神経」を入れ、レントゲンを撮りました。
次回(7月4日)は「歯を削って型をとる」と言われています。

インターネットで調べてみるとレジンからの残留モノマーの溶出について書かれたものもありましたが、よくわかりません。

?プラスチックの毒性で痛みが出ることもあるのですか。
 「仮の神経を入れた」と言う意味がよくわかりません。

?根管治療のようにも思いますが、「仮の神経」とはどんなものですか?
何を詰めたのかよくわかりません。

「自分の神経でないので、歯が浮いてくるかもしれない」と説明を受けています。

最初の日はレントゲンを見せてくれましたが、後のレントゲンは見ていません。

「プラスチックでは色がかわりやすく、長持ちしない。セラミックは金額が高いことが難点だ。高いものにしても歯磨きが不十分だと長持ちするわけではない」と説明を受けています。

今まで小児歯科では治療を始める前にどのようなことを行うのか説明を受けていました。

今回初めて歯科にかかり、3回目に初めて被せる話や費用を聞きました。

?他の医院でも見てもらっておく方がいいのですか。

以上、どうぞよろしくお願いします。 


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-06-30 13:43:00
"プラスチックの毒性"・・・

うーーん いまだにそんなことを言っているDrがいるとは。。。

レジンが生態に対して害があるといわれたのは1960年代です。

現在のレジンは口腔内で使うものはすべて生態適合材料です。

確かに現在のレジンでも残留モノマーは出ますが レジンは重合率が90パーセント異常なのでほんの数パーセントの未重合のレジンから年間で数ppmなんてレベルで出ているだけです。

プラスチックの弁当箱のほうがいっぱい出ていますね。
マクド●ルドのジュースの容器のほうがいっぱい出ていることでしょう。

?なにを入れたのでしょうね?

プラスチックだから色が変わるのではなく、神経を抜いた際の歯の内部の洗浄をキチンとしていれば変色は防げるんですが。。。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: キティさん
返信日時:2007-07-01 00:56:00
高田先生、お返事をありがとうございました。
レジンが安心できるものだと分かって良かったです。



タイトル プラスチック(レジン)の残留モノマーの毒性について
質問者 キティさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
材料・機材関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日