メタルボンドは使う金属によって値段が変わってくる場合がある?

相談者: シェリーさん ( : )
投稿日時:2007-07-03 17:35:00
今、歯医者に通っていて上の5番のを治療しています。

虫歯が深かったらしく神経を取り、神経の治療が終わって被せる物について先生とお話をしたのですが・・・。

セラミックで裏側が金属の物(メタルボンド?)」【8.5万円】で治療したらどうかとすすめられました。

そこの通っている歯医者はここ何年か通っている所で、前回お世話になった時は下の歯の5番を治療をしました。

今回と同じ神経を取り被せ物の治療をして「セラミックで後ろが金属(メタルボンド?)」の治療をして頂きました。

ただ前回の値段が【4.6万円】でした。

今回治療する時に前回と同じ治療だからだいたい【5or6万円】だと思っていたのでびっくりしてしまったのですが・・・。

そこで疑問に感じたのでこちらのHPのクラウン(種類)のページをプリントアウトして持っていった所、プリントアウトした紙にそこの歯医者で取り扱っている被せ物の種類を書いて頂いたのですが、選択肢として


「?硬質レジン前装冠(裏側金属→金銀パラジウム合金(金パラ)、ニッケルクロム合金?)、4.4万円」

「?硬質レジン前装冠(裏側金属→白金加金)、6.2万円」

「?セラミックで裏側が金属の物(メタルボンド?)8.5万円」

「?内側が金属で見た目は真っ白の歯(オールセラミック?)10.2万円」


と言われました。

前回の下の歯の5番が「セラミックの裏側金属(メタルボンド?)」ではなかったのではと思い触ったりして先生に確認して頂いた所、「セラミック」だとおっしゃっていました。

値段が4.6万円だったと言ったら2回に分けて払ったのではとおっしゃるのですが前の治療した『領収書』を見ると「4.6万円」でした。

そこで疑問に感じたのが


1.
メタルボンドは使う金属によって値段が倍ぐらい変わってくる場合があるのか?また、メタルボンドに種類があるのか?


2.
「上の歯」と「下の歯」で同じ治療(神経を取って被せる)なのに、クラウン(メタルボンド)の値段が変わる場合があるのか?


3.
前回が4.6万円と言うことはセラミック(メタルボンド)ではなく、硬質レジンの裏側金属だったのか?

その場合は保険内で治療が出来たのか?

そして硬質レジンとセラミックの違いは歯科の先生方は見たり触ったりすれば違いがわかるのか?
(セラミックだと言われてセラミックでなかったらショックだなあと・・・)


4.
クラウンは選択肢?〜?の中のどれが望ましいか?


通っている歯医者の先生は治療も上手く良い方なのですがどうしても話を余り聞けず納得が出来ないので質問させて頂きました。

今週の木曜日、決断の為、回答お願い致します。
お忙しい所、急ぎで申し訳ありませんが宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-07-22 02:11:41
はじめまして、井野と言います。

質問1、

自費診療なのでその先生の考え方次第の値段の設定なので一概に何倍違うとはいえません。

ただ金属によって値段を変えても・・・

メタルボンドと言えば普通20Kぐらいゴールド(白金)のことを言うのですが、この場合?がメタルボンドです。

?は?です。オールセラミックは金属を一切使用しません。

推測でいうと、?に比べセラミックの面積が大きいだけではないでしょうか?


質問2

これも自費治療なので先生の考え方次第ですが、普通同じ設定にする歯科医院が多いと思います。


質問3

・硬質レジンの裏側金属だったのか?

見てみないと分かりません。


・その場合は保険内で治療が出来たのか?

中に金属を使用したようなので保険外のものになります。


硬質レジンとセラミックの違いは歯科の先生方は見たり触ったりすれば違いがわかるのか?

直に分かります。
分かり難いのでも軽く叩けばわかります。

セラミックは叩いた時に高い音がします。
レジンは叩いた時に低い鈍い音がします。

セラミックとプラスチックのお皿を想像してみてください。

ただし、自分では試さないようにしてください。
割れてしまうと困るので。


質問4

私が選ぶなら?オールセラミックです。
なるべく口の中には金属を使用したくないからです。

今非常に金属アレルギーが増えてきているので注意が必要です。

私自身、アトピー&小児喘息があったものでアレルギーには敏感になってしまいます。


良い先生みたいなので、時間を作ってもらってよく話し合ってみてくださいね。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-07-22 02:12:06
保険外の治療費というのは特に決まったものは無く、歯科医院側の言い値ですので、同じような治療法でも歯科医院によって治療費は大きく異なります。

料金設定も様々ですね。

⇒参考:保険外の治療費の裏

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-07-22 02:12:28
はじめまして。

質問1の?についてですが、セラミックの内側にジルコニアという材料を入れたものの事かも知れませんね。

厳密に言うと「金属」ではなくて「金属の代わりに使える、白くて非常に硬いセラミック」というのが正しいのですが、略(?)して「白い金属」と説明されることがありますよ。

先生によって好き嫌いはありますが、金属アレルギーの心配もありませんし、私は結構好きですよ。

このサイトのgoogle検索で、「ジルコニア」と入力して検索してみて下さい。

参考⇒Google検索を使いましょう

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2007-07-22 02:12:47
オールセラミックは正直なところまだお勧めできません。理由は

クラウンとの継ぎ目のマージンの適合がメタルボンドガルバニッククラウンに比べると ”格段”に劣る。>

ためです。

何のために歯医者に行くのでしょう?虫歯を防ぐためですよね? 金属アレルギー対策を目的に歯医者に行くのなら仕方ないでしょう。

また、 機能性よりも審美性を優先する前歯なら仕方ないかもしれませんが、機能性を優先する奥歯でしたら僕はメタルボンドやガルバニックを選びます。

また、近年ジルコニアを用いたCAD/CAMと呼ばれるものが普及しつつありますが、これに至ってはマージンの適合はホンッと ゴミですわ。

ただ、最近大信貿易からなかなかよさそうなCAD/CAMが出てきたのでこれが使い物になるかもしれません。

いずれにしても CAD/CAMベースのオールセラミック 自分の口に入れるのならあと5年は待ちます。

その間は従来法のメタルボンドで我慢します

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: シェリーさん
返信日時:2007-07-22 02:13:04
先生方、お忙しい中、返信ありがとうございました。

明日決断でまだ迷い中なのですが、先生方の見解で前回治療した、下の5番【4.6万】はどのクラウンで治療したと思いますか?

値段だと「?硬質レジン前装冠(裏側金属→金銀パラジウム合金(金パラ)、ニッケルクロム合金?)、4.4万円」という可能性があると思うのですが・・・。

見てみないとわからないとは思うのですが・・・。

前回と同じ治療なのに値段が違う理由なのですが歯科の先生なりに考えられる理由があれば教えて頂けるとありがたいです。

迷い中ですが?のメタルボンド【8.5万円】にしようかなあと思っています。

メタルボンドといっても「純金」と「白金加金」と種類があるようなのでどちらを使うのか先生に聞いてみようと思っています。

そこで質問なのですが、使う金属の種類によってお値段は変わりますでしょうか?

そしてどちらの金属がよいと思われますか?

歯チャンネルの相談で「白金加金」の方がよいと言う先生の意見もあったようなのですが・・・。)
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2007-07-22 02:13:27
メタルボンドの金属についてでしょうか?

うーん、安い歯科医院だと陶材の下の金属に金パラジウム銀合金を使ってコストを抑えてる医院もあります。

マージンフィットでは純金を用いたガルバニックがよいのですが、実は強度的に問題があります。

その辺りを考えると内部に白金加金を用いているメタルボンドでマージンは前歯ならポーセレンマージン 奥歯ならメタルマージンという指定をしますね

継ぎ目の部分にメタルが見える代わりにフィットが良いんです。




タイトル メタルボンドは使う金属によって値段が変わってくる場合がある?
質問者 シェリーさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ メタルボンド
クラウンの治療費・費用
治療費・費用
喘息(ぜんそく)
アトピー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日