歯茎から少量の出血と少しにおいがありますが、歯周病?

相談者: ねこさん ( : )
投稿日時:2007-07-22 11:35:00
前にインレーで治療した右下の奥歯があるのですが、最近そこの歯茎から少量の出血と少しにおいがあるような気がします。

とくに歯の痛みはありません。

最近まで歯科治療に通っていて、もう妊娠後期なので続きの治療は出産後と言われていますが、その箇所は指摘されていません。

これは歯周病なんでしょうか?

前に歯茎が化膿して抜歯をした時も歯茎からにおいがしていたので、化膿しているのかとも心配です。

出産後まで放っておいてもよいものでしょうか。

アドバイスが頂けたらと思います。
どうぞよろしくおねがいいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-07-22 11:51:00
見てみないと分かりませんが、気になれば明日にでもかかりつけの歯科医院に行ってください。

とりあえず柔らかい歯ブラシでマッサージするように軽く磨いてみてください。

とりあえず前にも書きましたが良かったら読んでください。


「妊娠中や子供を産んだ後は、赤ちゃんにカルシウムを奪われて虫歯になりやすい。」

と言われますが、このことに対して医学的根拠は全くありません。
しかし、妊娠中や産後のお母さんが虫歯になりやすいのは確かです。

この原因は、


1、口の中の変化によるもの

唾液中の成分、量の変化がおこり、口の中が乾燥しやすく、口の中に細菌が住みやすくなってしまうため。

*妊娠女性の44%に口腔乾燥症が認められます。


2、歯磨きを怠けてしまう為

妊娠中は偏食、間食が多くなり、口の中が虫歯が出来やすい環境になっています。 

そこにつわりが酷いと歯ブラシを口の中に入れただけでもどしそうになり、いつのまにか歯磨きをしなくなってしまうことが多いからです。


その結果起こる問題

1、多発性の虫歯

2、歯周病

歯ぐきが汚れていると、歯ぐきから細菌が血管内に入り込み血液を介して羊水にまで達しお腹の中の赤ちゃんに影響が出ます。

その影響により、早産、低体重児のリスクが歯周病でないお母さんに比べ、7倍大きくなると言われています。


3、母子感染

お母さんの口の中が汚れていると、いつの間にか子供の口の中に細菌が感染が起こり虫歯の多い子供になってしまいます。

*当然お父さんも同じことが言えます。親御さんの口を綺麗に保つことが大切です。


この他にも様々な病気にかかる恐れありますので、歯科医院での定期的なケアを、お勧めします。

また歯科治療において妊娠初期、末期は侵襲の大きな処置(外科処置)は出来ませんので、安定期(妊娠4〜8ヶ月)の間に治療を終わらせましょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ねこさん
返信日時:2007-07-22 12:08:00
井野先生、お忙しい中お返事ありがとうございます。

今までお恥ずかしいことに、歯に対する意識がとても薄くて、今回妊娠中の治療で初めてメインテナンスをしっかりしなきゃと思った次第です。

ここのところ、とても神経質になってしまい毎週のように歯科医院に通っており、先生にももう出産後で平気ですから!!と言われているので、もう少しケアをして様子を見たいと思います。

どうもありがとうございました。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-07-22 12:26:00
大丈夫ですよ、今から予防を頑張ってください。

それにはまず正しい知識を持つことが大切です。
サイトで暇な時に勉強してみてくださいね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ねこさん
返信日時:2007-07-22 12:50:00
これから予防に努めたいと思います。
たくさんこちらのサイトで勉強させていただきたいと思います。

そして話はまた戻ってしまうのですが、今、歯間ブラシを入れたら膿のようなものが出てきました!

歯科医院にいこうと思うのですが、これは抜歯とかになってしまうのでしょうか。

とても不安です。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-07-22 19:46:00
>これは抜歯とかになってしまうのでしょうか

見てみないと分かりませんね。
今日はそっとしておいて、明日歯科医院へ行って下さい。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ねこさん
返信日時:2007-07-22 19:50:00
病院に行ってみます!
お忙しい中、本当にありがとうございました。



タイトル 歯茎から少量の出血と少しにおいがありますが、歯周病?
質問者 ねこさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 歯茎(歯ぐき)からの出血
歯茎の異常・トラブルその他
歯周病その他
妊娠中の歯科治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日