舌の正しい位置について

相談者: スコールズさん ( : )
投稿日時:2007-07-30 01:02:00
舌にも正しい位置があるというのを聞いてから、舌の位置や役割について過剰に気にするようになりました。

スポットというところにないといけないと聞いたのですが、なぜそう言われるようになったのか、多少横方向にずれたりしても問題ないか、喋っているときもスポットにないといけないのか、口が曲がっている人は舌の位置もずれていることが多いかなど、舌に関していろいろと気になっているので、できるだけ教えていただけるとうれしいです。

ながったらしくてすいません。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-07-30 10:55:00
はじめまして。

舌の位置で問題になるのは特に上顎前突出っ歯)で、舌が歯を押してしまうことにより、前歯が出てきてしまいます。

この場合、歯列矯正歯並びを良くしたとしてもまた前歯が舌に押されて、出てきてしまいます。

ですので、舌で前歯を押す癖があるような人の場合には矯正治療を行うと同時に、正しい舌の位置(スポット)に常に舌があるようにするトレーニングも行う必要があります。

さらに、歯を内側に押す力を強化するために、唇の筋肉のトレーニング(マイオファンクショナルセラピー:MFT)を行うこともあります。

ちなみに、話をするときは舌がスポットにあると喋れませんので、その時は舌はスポットにはありません。

また、舌の大きさや顎の大きさ、歯並びなども、舌の位置に少なからず影響を与えるようです。




タイトル 舌の正しい位置について
質問者 スコールズさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 舌の病気・異常
舌、粘膜、唇の病気・異常その他
その他(その他)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日