歯牙移植(埋伏している3番を、Cの部分に移植) or インプラント

相談者: KOさん ( : )
投稿日時:2007-07-30 15:58:00
右下3番が下顎正中に埋伏(少し頭は出ています)、右下Cが残存しています。

そこで右下3番とCを抜歯して、3番をC部に移植してもらおうと思っていますが、Cの根はだいぶ吸収されている為、だいぶ穴?をあけなければならないそうです。

移植の定着率は50%、また歯肉のしびれが残るかもしれないと言われました。

移植しない方がいいか迷っています。
どうしたらよいでしょう?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-07-30 17:25:00
こんにちは。

その場所はCの下に右下3番が萌出していない場合に、骨の厚みが十分にできていないことがあります。

その割には、移植する右下3番の根の直径は他のに比べてもかなり太めなので、支えるべき骨が足りなくなる恐れがあります。

そのうえに、もし、だいぶ穴を掘って移植した後に失敗すると、さらに骨を大きく失うリスクが高くなります。

それならば、右下Cを抜歯してすぐにインプラントをする方法が有利ではないかとも思えます。

その理由は、インプラントの直径が天然の右下3番の歯の根よりも大分細いので、そんなに厚い骨でなくてもすむためです。

ただ、本来その場所の歯はとても重要で、他の歯を一生残すときにはカナメの一つとなる歯なので、その歯一本以上の価値があります。

そして、ほんらいはインプラントよりも正常に生えている右下3番の方が間違いなく優れています。

従って、移植がうまくいけば、あるいは、もっと近くに潜っているならば矯正治療で移動して、きちんと右下3番の働きをさせた方が、他の歯を含めて全体にはとても有利になります。

そういうわけで迷うところですが、もし移植を失敗して、さらに骨を失ってしまい、最悪インプラントもできなくなってしまうことは避けたいと考えれば、初めからインプラントをする方法は捨てがたいと思います。

お口の状況によっても変わりますので、その点も含めてよくご相談されるか、インプラントの実績を上げているところでセカンドオピニオンを求めることも良いのではないかと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-07-30 17:25:00
こんにちは。

右下3番が下額正中に埋伏しているんですか?
しかも頭が少し出ていると・・・

ちょっと想像が難しいのですが。。珍しいですよね?

年齢も14歳と、まだ顎の成長もこれからですから、私の考えとしてはCを使えるまで使って(大体30歳前後ぐらいにポロッと取れることが多いとは言いますが、個人差はかなりあります)それからインプラント等を考えると良いと思います。

埋伏している3番については、もったいない気はしますが、何か害がある様な状態でしたら抜歯された方が良いでしょうね。

(その辺りは実際に拝見しないとわかりません)

わざわざ穴をあけたところに歯牙移植、となるとそれならインプラントを入れる方が予後は安心できます。

よほど技術に自信があって、移植する・移植される側のコンディションが良いのなら検討はしますが、手術に手こずって移植はしたけどすぐにポロッという可能性もなくはないので、その場合には後戻り出来ません。

やらない方がマシだった・・となるのが一番怖い気はします。

担当の先生がそこら辺を考えて自信ありげならそれも良いとも思いますが、とりあえず、先に書いた様に、使える間はCを使って、その後インプラントなどを検討されてはどうでしょうか。

とは言え拝見してみないと分からない部分もありますからね、これは参考までにして、担当の先生ともよく相談されて下さいね。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-07-30 17:37:00
渡辺先生、すみません、かち合ってしまいました。

KOさんは、まだ14歳なのですね。

それならば渡辺先生の言うとおり、今すぐインプラントはしない方が良く、検査を受けるのはかまいませんが、治療する場合は成人になってから計画してください。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2007-07-30 17:50:00
あ、同じ時間に書き込んでましたね^^

後で他の回答者の先生がご覧になった時のことも考え、年齢を入れました。
ちょっと遅かったですね^^;

顎の成長中はインプラントブリッジもお勧め出来ませんから、そういうことです・・。
移植のリスクについての考え方は同じです。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2007-07-30 18:00:00
さすが渡辺先生、おかげさまで助かりました。

年齢も見ずに書いてしまいました。
生まれつきのオッチョコチョイなのです。
許してください。

でも、これを良い機会に、KOさんはの知識を増やして健康な一生を送ってくださいね。応援しています。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: KOさん
返信日時:2007-07-31 11:09:00
さがら先生、渡辺先生 大変親切に回答していただきありがとうございました。

やはり移植のリスクは大きいですね。

今回は3番の抜歯のみにしてCを大事に長持ちさせたいと思いますが、もしCがインプラントができる年齢になる前に抜けてしまったら・・

隣のは削りたくないので接着ブリッジをしてくれる歯科医院を探して診てもらうしかないですよね。
回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2007-07-31 12:24:00
はい、それが良いと思いますよ。

下顎の成長は、身長の伸びを参考に判断出来ると思います。

身長がほぼ伸びなくなったら、インプラントなりブリッジなりが考えられる時期の目安になりますので、それまでは頑張ってCを使うか、接着ブリッジでなんとかしのいで下さい。

回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2007-08-01 00:20:00
私は移植に否定的ではありません。
状況によってはいいかもしれません。

Cが抜けるまで待つと、Cのスペースでは小さすぎてインプラントが出来ないかもしれません。

移植が失敗しても、子供のころはアンキローシスといって、が骨に置き換わることが多いです。

しかも、子供は数年で置換されますので、あとからインプラントをするときにも有利です。

但し、移植は移植する歯の状況と手術する歯医者の技術によって大きく変わります。

今の先生とよく相談されてはいかがでしょうか。




タイトル 歯牙移植(埋伏している3番を、Cの部分に移植) or インプラント
質問者 KOさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 抜歯:3番(犬歯)
インプラント治療法
インプラントその他
歯が骨に埋まっている(埋伏歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日