アメリカでの根管治療に対する不安

相談者: ふらさん ( : )
投稿日時:2007-08-16 06:24:00
はじめまして。
アメリカに住むふらと申します。

このHPを知ってから、こちらでいろいろ勉強させていただいてはいるのですが、歯に関する知識不足と、英語の不理解による不安から、今回書き込みをさせていただきました。

一年程前、詰め物をしていた左上6番の歯が欠けた為、アメリカの歯医者に行ったところ、治療としてクラウンを被せていただきました。

2ヶ月程前から、噛む時にその歯が痛み、物を左側で噛めなくなってしまったため歯医者に行ったところ、噛み合わせが悪かったようで、少しクラウンを削り様子をみることになりました。

一週間経過後、噛み合せに関しては以前に比べかなり良くなった感じがするのですが、相変わらず、噛む時に痛むため、左側で物が噛めません。痛むのは、噛む時など、下から上に圧力をかけた時だけで、横に揺らしても痛くありません。

先生には、

「ひびが入っている可能性がある」
レントゲンを見るとうんでいる様子はない」
「普通の歯医者では治療できないので神経の特別の歯医者に行く必要がある」

と言われました。

先生の言葉と、今までの皆様の質問と回答から想像すると、私の場合、神経を取り除いて根管治療をしなければならない、と理解しているのですが、正しいでしょうか?

先生が「自分なら、今すぐ神経の治療をせずにもう少し様子を見る」とおっしゃっていたため、今、経過観察(?)している状況です。

確かに噛む時以外は何も不都合はないのですが、噛む時不自由ですし、このまま放っておいて悪化しないか心配です。

治療するかしないかは、私が決心しなければならない状況にあるのですが、英語とアメリカの技術面においての不安、根管治療となると多くの方がトラブルを訴えているので、決心できないでいます。

すぐ神経治療に取り掛かった方が良いと思われますか?その場合、治療はどのようなものが考えられますでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-08-16 09:27:00
はじめまして。
見てみないと何とも書きようがないのですが、推測で書いていくと、

>先生が「自分なら、今すぐ神経の治療をせずにもう少し様子を見る」

生活に支障が出ていて長期間症状が出ているので神経の処置をした方がいいような感じですね。


>このまま放っておいて悪化しないか心配です

歯の中の神経が死んで化膿する恐れはあります。


根管治療となると多くの方がトラブルを訴えているので、決心できないでいます。

少し治療費は高くなりますが歯内療法専門医の歯科医院に行かれては!?
専門医であれば、マイクロも使うしラバーもするはずです。

また、成功率は90%近くあるので後でトラブルになる確率も低いと思いますが。


>すぐ神経治療に取り掛かった方が良いと思われますか?

これは見ていないので何とも言いようがないですね。

長く症状が出てしまったもケースは痛みが長く続くこともありますから注意してください。

よく担当の先生と話し合って治療方針を決めてくださいね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ふらさん
返信日時:2007-08-16 11:15:00
井川先生、お返事ありがとうございました。
先生のプロフィールから、診療所のHPも見させていただきました。

アメリカにおける治療法なども載せてあり、とても参考になりましたし、アメリカで治療を受けることに対する技術的な不安も軽減されました。

先生が返信のなかでおっしゃられているように、今後、かかりつけの歯科医からEndodonticsを紹介してもらい、治療していくことになると思います。

治療費は…アメリカは元々高いので痛手ですが、きちんと直す事を最優先にしたいので仕方ないと思ってます。

初歩的なことかもしれませんが、英語だと尋ねにくいので、さらにここで尋ねさせて下さい。

私は、神経治療抜髄根管治療だと思っていたのですが、これは私の勘違いでしょうか?

私の場合、膿があるわけでなく(専門医の方に見てもらったわけではありませんが)、今回、初めての神経治療になります。

この場合は、根管治療ではなく、ただ神経を取るだけなのでしょうか?

一般に、根管治療は数回に分けて行われると書かれているのにも関わらず、前回治療時に歯科医の方に尋ねたところ、私の治療は、神経の治療で一日で済む治療だと言われたので、疑問に思いました。

(英語なので大いなる勘違いをしているかもしれません)
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ふらさん
返信日時:2007-08-16 11:21:00
すみません。井川先生ではなく井野先生です。申し訳ありません。
(しかも暗証キーエラーが出て、訂正できませんでした)
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-08-16 13:45:00
戦力外通告を受けそうなヤンキースの井川(井野)です(笑)

神経治療抜髄根管治療

あっていますよ。
ただ、

神経治療=感染根管=根管治療

も成り立ちます。

感染根管は抜髄後、細菌感染が起こり元の神経管部分に細菌が住み着いた状態で、治療の成功率も格段に下がります。

ですから、歯を残されたかったら1度目の抜髄に歯の運命はかかっているのです。
(大げさではなく、これホント)

なるべく上手い先生がいいです。アメリカで言えば歯内療法専門医ですね。
(もし私の歯が同じようになったら、やはり歯内療法専門医に相談すると思います。)

日本の保険治療レベルで抜髄処置を受けた場合、約半分が感染根管になります。そして、数年後不快症状が出て、再治療を繰り返し抜歯になります。


神経の治療で一日で済む治療だと言われたので、疑問に思いました

前歯であれば1回で終わらせることも多々ありますが、奥歯で1回ですか、では治療時間も2〜3時間ぐらいとるのではないでしょうか!?

私も基本は奥歯も1回と言う少ない回数で終わらせたいのですが、私の治療は女性が多く、1時間以上の治療だと顎が痛くなる方が大いので1時間半を私は限度としています。

もう一度先生に何時間の治療を予定しているか聞いておいた方がいいですね。

異国の地で不安だと思いますが、また何かあれば書き込みをしてください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ふらさん
返信日時:2007-08-16 14:32:00
井野先生、お返事本当にありがとうございます。

(戦力外通告なんて、井野先生は全く有り得ない思いますよ・笑。でも、重ね重ね、お名前すみませんでした)

治療時間に関しては、かかりつけの歯科医の方の意見なので、実際どれぐらいかかるかは、その歯科医紹介のEndodontics(歯内治療学?)の先生とお会いするまでは、はっきり分かりません。

でも、かかりつけ歯科医の先生の推測は、同じような症例の経験もあると思うので、ある程度信頼のおけるものだとも思ってます。

しっかりとした治療方針を得るためにも、一度Endodontics(歯内治療学?)の先生と会うべきですね。きっと。

根管治療に関しては、よく、その後のメンテナンスが必要だとも書かれています。
しかし、実は私は、8ヵ月後に帰国予定です。

ここで治療をして、同じ先生にメンテナンスを受けられなくなるデメリットと、日本に帰国してから治療を受けるデメリット(この場合、ずっと噛むと痛い歯を放置しておくことになります。あるいは、技術的なことです)、先生ならどちらを優先しますか?

ちなみに日本での根管治療は保険外を考えています。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-08-16 18:43:00
>一度Endodontics(歯内治療学?)の先生と会うべきですね

そうですね、専門医Endodontistと話をした方がいいですね。
その先生の治療の流れ成功率など含めて


根管治療に関しては、よく、その後のメンテナンスが必要だとも書かれています

これは根の治療したら被せ物になるので、被せ物の周囲の掃除、噛み合わせの調整のことを言っていると思います。

きっちりエンドが出来れば根の治療に関してのメンテナンスはありません。

ですから、日本に帰国したらきっちり掃除してくれる歯科医院を探してください。

今症状があれば、アメリカで治療を受けられた方がいいですね。
(私ならこちらを選びます)

帰国されても、東京以外で歯内療法専門医を探すのは大変ですよ。

また専門医と話されて疑問が出てきたら書き込みしてください。
私個人、アメリカの専門医の治療の流れなども興味ありますので(笑)

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ふらさん
返信日時:2007-08-29 07:37:00
先週の金曜に、Endodonticsに行ってきました。
書き込むほどのことでもないかな?と思ったのですが、
>私個人、アメリカの専門医の治療の流れなども興味ありますので(笑)
と書かれてあったので、一応経過を報告いたします。
助手の方にしていただいたテスト(歯をコツコツしたり、冷たいもの・熱いものを当てて、痛くないかをチェック)の結果を聞いた先生に、神経治療をすると説明されました。今週の金曜日に、神経を取る治療を受けます。
先生に聞いたところ、治療時間は一時間半程度とのこと。成功率は95%だとおっしゃってました。ものすごく若い先生だったので実は少し不安なんですが、歳で判断してはいけませんよね。
Endodonticsなら当たり前かとも思ったのですが、一応「マイクロスコープラバーダムは使う予定ですよね」と確認したら、先生は「ほらそこにマイクロスコープあるでしょ」と微笑みながら指差しました。いろいろ器具があったので、実際どれがマイクロスコープなのか分からなかったのですが、あるようです。ほっとしました。
ちなみに、全部で$1058($1=\115とすると12万円ぐらい)です。私の保険は40%カバーすると思うので、実際払うのは日本円にすると7万円ぐらいです。

少し往生際が悪いのですが(ビビりの私は神経を取るのが怖いのです)、最近歯の痛みがかなりなくなってきていて、白米やハンバーグぐらいの硬さなら噛めるようになってきたので、本当に神経を取る必要はあるのかと思うようになってきました。一番初めの書き込みに書いたのですが、もしかしたら、かみ合わせが悪かったために症状がでていただけかも・・・とか。
でも、一番最初の書き込みでは、圧力をかけた時だけ痛むと書きましたが、今回の検査で、冷たいものでも痛く感じました。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2007-08-29 12:42:00
>本当に神経を取る必要はあるのかと思うようになってきました。

神経取りの処置を始める前にもう一度テストしてもらってはいかがでしょうか?

「現在は症状が落ち着いてきたが、前回までの痛みは一時的なものではなかったのか?」と質問してみましょう。

ただ逆に「神経がやられすぎて死んでしまったから症状が軽くなったんですよ」と説明されるかも知れませんが‥。

だとすれば、やはり神経治療は必要なんですけどね。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2007-08-29 22:40:00
ふらさん返信ありがとうございます。

私もタイヨウ先生がおっしゃる通りだと思います。

神経は出来るだけ残すべきですが、神経が死んで痛みが無くなったものもありますから、きっちりもう一度検査をしてもらってください。

>成功率は95%だとおっしゃってました
カッコイイですね。
私はここまで自信がないので患者さんには90%と説明をしています。
将来統計が集められ、成功率は95%ですと言い切りたいです。

>全部で$1058
エンドだけの料金で判断するとかなり自信をお持ちになられた専門医ですね。


また暇な時に何か情報を頂けるとありがたいです。m(_ _)m

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ふらさん
返信日時:2007-08-30 16:13:00
タイヨウ先生、井野先生、お返事ありがとうございます。
これまでの経験から、タイヨウ先生がおっしゃるように「現在は症状が落ち着いてきたが、前回までの痛みは一時的なものではなかったのか?」と尋ねると、「では、納得がいくまで様子をみましょう」と言われる気がします。これは、アメリカ医療の中で、患者の意見を尊重してくれるという点では、とても素晴らしいと思います。でも反面、先生で判断して欲しいと思ってしまう部分もあります。
実際に診察していただいていない先生方にお聞きしても答えづらいと思いますが、(以前に書いたように)押すと痛い、横からの圧力は平気、熱いものは平気、冷たいものは普段の食生活は平気だけど、今回の歯医者での検査の時は痛く感じた、という場合、神経に問題があると判断し、神経を取り除こうという判断をしますか?
責任を先生方に放棄しているわけではないので安心してくださいね(笑)。

>エンドだけの料金で判断するとかなり自信をお持ちになられた専門医ですね。
初めてのことなので、アメリカの相場が分からないのですが(知ったところでファミリードクター系の歯医者の紹介を断って他のところに行くとなると問題も多いので行くつもりはないのですが)、この金額は、井野先生的には、かなり高いと感じられるのでしょうか?参考までに教えてください。…高いと言われてもあさって治療は受けますが。
回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2007-08-31 00:16:00
>神経に問題があると判断し、神経を取り除こうという判断をしますか
見ずに書きますから参考程度に、
私ならこの場合経過観察をしますね。1ヶ月後、3ヵ月後にもう一度同じ診断をします。

>この金額は、井野先生的には、かなり高いと感じられるのでしょうか
アメリカの歯内療法の治療費は州によって相場が異なります。
と言っても1つの州が日本より大きいですから相場も無いような気はしますが。
今日の歯内療法学会の演者の先生の話の相場で言えば、平均より安いです。
ただ、去年AAEで話したカルホルニアの先生のオフィスよりは高いです。

自由の国だけあって治療費もまちまちですからね、ただ私は95%と言いきる先生なら妥当な金額だと思いますよ。
私の尊敬するアメリカの超一流の先生の成功率も95%と言っていましたから。
正直今の私のレベルでは95%とは言い切ることができませんから(この5%はかなり大きな差)、そのぐらい自信がある証拠だと思います。
安心して治療を受けてきてください。




タイトル アメリカでの根管治療に対する不安
質問者 ふらさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 虫歯、知覚過敏の痛み
根管治療その他
アメリカ(米国)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日