矯正の抜歯で、無髄歯ではなく神経のある歯を抜歯することについて

相談者: 小心者さん ( : )
投稿日時:2007-08-17 12:04:00
こんにちは。

最近のことで悩んでいて、インターネットで検索していたらこのサイトをみつけました。

とても勉強になり、今後の歯と身体の健康についての考え方が変わりました。

わたしは昔から虫歯になりやすく、治療痕も多く、無髄歯も28歳なのに5本もあります。

歯の予後や将来のことを考えると落ち込んでしまいますが、このサイトでの先生方の回答を読ませていただいていると、過ぎたことは反省こそすれどいつまでもクヨクヨせず、正しい予防方法で今残っている歯を大切にして生きていくことが大事なんだと前向きに勇気をもらうことができました。

そこで、勇気をだして何年かぶりに歯医者さんへ行きました。
案の定虫歯もみつかり、

「まだ若いのに虫歯が多いし、こんなに神経のない歯があるなんて・・・」

と言われましたが、これからが大事なんだと自分に言い聞かせて治療を進めています。

そこで相談なのですが、その歯医者さんで歯の矯正をすすめられました。

わたしは八重歯がでていて、隣の左右2の歯が後ろに下がっており、下もがたがたしています。

矯正して歯並びがよくなると歯が磨きやすくなり、虫歯予防もしやすくなるということでした。

真剣に今ある歯を大事に残していきたいので、歯の予後が良くなるのであれば矯正をしたいのですが、その際には上の左右4番と下の左5番と下右4番を抜歯しなければならないとのことでした(かみ合わせ等もみてこの歯だそうです)。

このサイトをみて、矯正時に抜歯することへの抵抗は無くなったのですが、わたしは他の人と違い、無髄歯が多いので、それらを残してあえて神経のある歯を抜いてしまうことに不安を感じています。

それでもやはり矯正をした方が将来的によいのでしょうか。
ちなみに無髄歯は上右6、上左2、6、下左4、6です。

そしてこれから矯正するとして、こんなに虫歯のリスクのあるわたしが矯正中に妊娠することは避けた方がよいと思われますか?

質問がわかりにくく、長くなってしまいすみません。
どんなことでもいいので、何かアドバイスをいただけたら嬉しいです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-08-17 13:35:00
こんにちは。
前向きに頑張っておられる様子で、いいですね、応援しています。

今回は矯正の為の抜歯ですから、無髄歯を抜けるなら出来るだけ無髄を・・と言うのが一般歯科医の気持ちです。

ただ矯正専門医からすると、歯を動かす距離も重要で、これを見誤ると矯正の治療期間が1年とか延びたりします。

迷うとすれば左下の4,5番ですよね。
(※小臼歯以外を抜くのはかなり特殊ですので、考えなくて良いと思います)

私は実際に拝見してませんから分かりませんけど、一度矯正の先生に、

「4番が無髄歯で予後が少し心配なんですけど、5番じゃなくて4番抜歯は無理ですか?」

と相談してみてはどうでしょう?

単に治療期間だけの問題なら個人的には出来れば無髄歯を抜いてもらいたいかな、とは確かに思いますね。

それと無髄歯の矯正治療には特に注意すべきことはありません。
根尖病変などがもしもあれば、できるだけ先に根管治療をして下さい。

妊娠も問題ないですよ。
頑張って下さいね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 小心者さん
返信日時:2007-08-18 09:03:00
渡辺先生、丁寧なお返事ありがとうございました。
とても参考になりました。

先生のおっしゃるとおり、もし矯正の治療期間だけの問題なら、わたしも4番抜歯にしていただきたいので、先生とよく話し合ってみます。

それと無髄歯矯正もとりたてて注意すべきことがないんですね。

妊娠も大丈夫だとうかがって今安心しております。
背中を押していただいた気分です。

家族や先生とよく相談して決めていこうと思います。
ありがとうございました。



タイトル 矯正の抜歯で、無髄歯ではなく神経のある歯を抜歯することについて
質問者 小心者さん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 矯正で抜いた・抜く予定
抜歯:4番(第一小臼歯)
抜歯:5番(第二小臼歯)
歯列矯正の治療法
歯列矯正(矯正歯科)その他
叢生(ガタガタの歯並び)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日