エナメル質支台歯修復(帯環金属冠:バケツ冠)について

相談者: 初期虫歯さん ( : )
投稿日時:2007-08-21 12:33:00
いつも、本当に親切なご回答を有難うございます。

この相談室でいろいろお勉強させていただき、私は審美はともかく、こうなったらとにかく自分の天然歯を何とか持たせたいと考えるようになって参りました。

それで、いろいろな素人向けの本を拝読していましたら、高速切削バーが開発される以前のエナメル質支台歯修復というのが大変予後が良いという文献に行き当たりました。

これは、どういう修復方法なのでしょうか?とても古いやり方なのですか?
今もなさっている先生はいらっしゃいますか?

回答者の先生方の中で、うちはそれをやっていますとか、そうです!その通り!とかいう御体験をなさっている方はいらっしゃいますでしょうか?

今は象牙質修復が主流だと、その論文には書いてあったのですが・・・。

患者から、今のはエナメル質修復台ですか、象牙質修復台ですか?と治療中に伺うわけにもいきませんし、どうやったらこのエナメル質修復台というやり方をして頂けるのでしょうか?

先生方、豊富な御経験と御学識を是非ご教授くださいませ!
もし、なさっていらしたら、是非ご紹介をお願い致します!


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-08-21 12:42:00
いわゆる「バケツ冠」のことじゃないでしょうか。

歯をほとんど削らずに(=必然的にエナメル質がほとんど残ります)、ガバガバのクラウンを被せてしまう大昔の方法です。

(今でもしている先生はいらっしゃるかも・・)

エナメル質は臨界pHが象牙質よりも遥かに高いので、実際びっくりするほど虫歯になりません。(撤去した経験は何度もあるので)

その代わり、ひどい歯周病になりますけど、いいですか?(笑)

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 初期虫歯さん
返信日時:2007-08-21 18:41:00
渡辺先生、早々のご回答を有難うございます!

バケツ冠というのですか。初耳です。
バンド冠なら昔の先生に伺ったことがあるのですが。

このエナメル質台についてですが、大変高名らしい? 医科歯科大学の先生(だったと思う)が、自分はこんなやり方は古いと教えられ、若かりし頃不良補綴物としてばんばん撤去してきたけど、自分的には最高だと信じて作ってきた鋳造冠が全然持たなくて、すぐ外れてしまって・・・患者さんに申し訳ない、今ここに懺悔したい、エナメル質を削らないバケツ冠の方がはるかに持ちが良かったことを告白する・・・というようなことを書かれてるのを拝見して、これは何かなと思ってご相談させていただきました。

バケツ冠で検索すると、確かに、持ちがいいというお話がヒットしました。

何と、戦争中に入れた冠が50年後に取れて、それを怒ってる患者さんがいたとか歯医者様が書かれていますね。

私が捜してたのは、このバケツ冠です!
これは持ちます!

というのは、うちの父など、実家のご近所の80歳位の方がN先生入魂のバケツ冠で入れ歯になってないんです!

インドに行ってきたという知人もこれをやってもらいに行ってたんだと思います。
もう日本じゃやってないとかちらっとおっしゃってたので・・・。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 初期虫歯さん
返信日時:2007-08-21 19:01:00
最近まで、私は今度外れたら何が何でも白い被せものにと考えていたのですが、白くした方がバケツ冠? の中で残ってた歯をばしっと台形にされたの、美しさって犠牲が必要・・・とおっしゃってたので、それならもう銀歯でいいかとあきらめつつあります。

もし、先生方の中で時代遅れかもしれないけど、この歯を削らない被せものをなさってる方がいらしたら、是非アピールなさってくださいませ。

私が拝読してる論文には、象牙質台にする場合は人工エナメル質みたいなもので象牙質を保護しないと絶対に酸蝕されてすぐ外れると書かれていますので、保護が十分ならいいじゃないかと言われるかもしれませんが、自分のエナメル質に勝る物はありません。

神経取りもしなくていいはずです。

もし、私がこれから歯医者様になるなら、このバケツ冠の技術を何とかマスターしてほかの先生との差別化をはかり、エナメル質を削りませんと言って一本15万円ぐらい頂戴するのですが!
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-08-21 19:09:00
はあ・・。なんか聞く耳持ってもらえなさそうなので好きにしてもらったらいいんですけど。

ミリ単位でガバガバですから、その段差にプラーク、食物残渣、歯石がたっぷり溜まります。

(個人の抵抗力にもよりますが)普通はひどい歯周病になりますし、虫歯になる人も当然います。

虫歯になった場合は外から見えないので、発見も遅れ、冠を外したときにはものすごいことになってます。

それと、バケツ冠が出来るほどたくさんエナメル質が残っていれば、今ならレジン充填で済みます。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-08-21 20:33:00
初期虫歯

渡辺先生を困らせては駄目ですよ!!


>バケツ冠が出来るほどたくさんエナメル質が残っていれば、今ならレジン充填で済みます。

まさにこれです。
50年前にはレジンなんて無かった訳ですから。

医療界もそんなアホな世界ではないので、今、無いものは淘汰された物で、よりよい技術にとって代わられたということです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 初期虫歯さん
返信日時:2007-08-22 12:14:00
渡辺先生、井野先生、御返信有難うございます!

バケツ冠はお若い先生方には大不評のようですね。

でも、すごく上手に出来ていれば歯の付け根から2ミリ以上上にぴったり水泳の帽子みたいにくっついていて、がばがばにはなっていないみたいです。

勿論、食べかすも詰まらないし、歯もしっかり歯肉についていて出血したこともありません。

レジンが登場して約20年、私達はその恩恵に預かれなかった旧世代なんです!

奥歯達が治療されてから30年以上経過しています。

レジンのない時代の治療ですから、アマルガムインレーが入ってて、これを今更レジンにも出来ず、かといって万一の場合は何とか持たしてやらねばならず、苦労をしています。

それで、名手が作ったバケツ冠なら45年以上持ち、入れ歯にもならず、三途の川をお供していってるのを現実に見ておりますので、どこかでやってないかしら?と思ってみたわけです。

そしたら、タイではやっているとかいうサイトがあったりして・・・。

学生時代、タイから留学されてたチュラロンコン大学の方はすごく賢かったわねと思い出し。でも、なら、タイに!とも参りません。

このサイトでも患者さんが一番悲しんでいるのは、健康な歯を削られて・・・というところかしらとも思います。

もし、エナメル質に手をつけずに俺はやる!という先生がいらっしゃったら、それなりに患者さんはついていくと思いますが。

もちろん、今ならレジンがあるわけで、本当にうらやましい限りです!
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2007-08-27 23:01:00
帯環金属冠のことでしょうかね。
学生の時、ちらっと話だけ聞きました。

上手にできれば、けっして悪いものではないとも聞きました。
しかし、実習はありませんでした。

理由は、難しすぎるのが最大の原因かと思います。

昨年までは保険でもあったのですが、ついに廃止されました。
上手に出来る人は、日本には、もうほとんどいないと思います。

医療はある程度の知識をもったものならばだれでも同じようなレベルの治療が出来るほうが好ましいわけで、帯環金属冠のような特殊な技能を持ち合わせた人でないと出来ないような治療法は、よい治療法とは呼べず、もっと簡単な方法に取って代わっていくのは必然かと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 初期虫歯さん
返信日時:2007-08-28 12:01:00
森川先生、ご回答有難うございます!
そうなんですか・・・。とても残念です。

検索したら保険点数もすごく安かったみたい。

平成18年度で保険診療からはずされてるから、これは施術できる方が国内では絶滅したことを意味してるんですね。

歯科の治療って、一年やそこらでは結論が出せない分野で、よかれと思ってやったことが10年後大失敗だったり、古い古いと軽蔑されてたことが意外と良かったと分かったりするから、本当に大変です。

古いイコール悪いではないことはちょっと長く生きた方(40歳以上)なら、何がしかの体験を通じて実感されてると思います。

以前大変気に入った図柄のお皿があって、値段が凄かったので、5枚買ったりできなくて、1枚づつ買い足していってたときのこと。

3枚目をやっと注文したら、今までとは似ても似つかぬど下手な仕上がりのものが来たんです。

で、今までのと柄は一緒だけど、全然感じが違って揃わないので、窯元に電話して、経緯を説明して、細かい描き方されてるタイプのと送料は持つから替えてくれと依頼したら、何か凄い偉いさんがお出になっておっしゃるには、

「あなたが買ってた柄ですけど、あれが描けるのはうちの職人でも一人しかいなくて、実はその姉さんはもう70歳越えてるんだけど、その人が一人で50年位あの柄描いてたの。でも、さすがにもうお年だから、3年ほど前から、うちで一番腕の立つ30代のホープを弟子入りさせて習わせて描かせたんだけど、全然できなくて、そうこうするうちに姉さんは80歳ぐらいになっちゃって、で、まあ、これならまあいいかというものがやっとできたから、今回出荷したんです。でも、お客さんからいきなり苦情がきたからはもうあの柄は回収します。うちに着払いで送って下さい。お代と送料は負担します。雰囲気が全然違うって?分かっています。でも、出来る人がもういないんです!その姉さんが描いたものあるかって?もうないんです。申し訳ない・・・。」

初出荷が返品されたら可哀想。
事情を知って諦めて、私はそのお皿を使っています。

が、追加では買っていません。
だから、3枚しかないんですよ・・・。
いいのが2枚と下手が1枚。

本当に、同じ柄かと思うほど仕上がりが違っていて、こんなことなら無理してもまとめて買っとくんだったと思います。

で、その姉さんが描いたのを誰か手放されないかな、手放される方がいたら、絶対買う!と思っています。

保険からも外れたようですから、このバケツ冠を金でなさって1本15万円ぐらいでなさったら、本当に日本で一人の歯医者様になれるし、そういうマニアな品質を求める方は必ずいますから、意外とよろしいのではないでしょうか?

今、私は象牙質修復の弱点とそのカバー方法のとこまで読み進んでいます。
が、あんまり分かりません!

それから、森川先生、私も先生の書き込みを楽しみに?させていただいております!

是非これからもよろしくお願い申し上げます!
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2007-08-28 12:25:00
その帯環金属冠の名人を知っています。

たしかに治療は40年くらいは長持ちしているようでした。
材料は金です。

素晴らしいお仕事をしました。
しかし、もう亡くなられておられます。

それは東京医科歯科大学で教えておられた故I.K先生です。

あまりに名医なので、当時昭和天皇の御殿医をされたほかに、素晴らしい逸話も残しています。

それはロバの入れ歯を作った名医でもあったのです。

上野公園に当時人間で言えば80才の一文字号というロバが死にかかっていました。もうご老体なので抜け落ちて歯が無いからです。

そこで先生はご自分から手を挙げて、誰もしたことがないロバの治療に積極的に取り組みました。

大きく口を長く開いていたり型を取ったり噛み合わせを調べたりと人間でも嫌なことなのに、なんとロバは先生の言うとおりに従順に身を任せたので見事に入れ歯ができあがり、入れたその日からすぐにエサを食べ始めて元気になることができました。

ロバさえも信頼させてしまったのかもしれません。

ただロバはあまりに元気になったので数年後、一緒に住んでいる羊が跳び越えた柵を、自分もできる気分になったのか、マネして飛び越えようとして転んだケガが元で亡くなってしまいました。

私は幸運にもI.K先生の実習を授業で受けることができました。
帯環金属冠はもう私の世代では授業がありませんので単なる基礎実習でした。

先生は天才です!
人間的にも大変素晴らしい方でした。
とてもあの腕前にはなれるものではありません。

ちなみに新しい方法でも、正しい治療内容で行い、かつ、金を使ったものは45年くらいは持つとアメリカ補綴学会で言われたことがあります。

じっさいに、当院で予防診療に長く通院している方のお口の中に、金の材料でピンレッジ・スリークウォーター・パーシャルベニア・クラウンで治療してから50年過ぎていても、まだしっかりと歯を守っている実例を見ています。

私的には、保険にこだわらなければ、ふつうは20年30年以上は治療を長持ちさせられると思っています。

しかし、私には帯環金属冠はできませんし、できたとしてもとうていI.K先生の足元にもまったく及ばないと思います。

もし初期虫歯さんも世界を探せばまだそういう名人に出会えるかもしれません。
宝くじに当たるよりもっと難しいとは思いますが・・

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 初期虫歯さん
返信日時:2007-08-28 18:49:00
さがら先生、ご回答有難うございます!
お初にお目にかかります。初期虫歯と申します。

今、このサイトで歯科治療についてえっちらおっちらですが、お勉強させていただいております!

先生の豊富な御経験と御学識をご教授下さいますよう、今後ともよろしくお願い申し上げます。

それで、帯環金属冠ですが、そんな歯聖ともいうべき方が得意となさっていた方法だったとは・・・。

うちの父は本当に運がよかったんですね。
確かそれをなさった先生も東京医科歯科医専御出身と伺ったことがございます。

先生がおっしゃっておられる、50年持つというクラウンについて、是非、やり方とどちらに伺ったらお願い出来るかなど、悩める虫歯持ちの福音となるお話をお時間がございますときに、ご教授下さると幸いでございます。

貴重なお話をご教授下さいまして、本当に有難うございます!



タイトル エナメル質支台歯修復(帯環金属冠:バケツ冠)について
質問者 初期虫歯さん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ クラウン(差し歯・被せ)その他
補綴関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日