ADゲル(次亜塩素酸ナトリウムゲル)を根管の殺菌に使っても良い?

相談者: バンビさん ( : )
投稿日時:2007-09-12 18:41:00
こんにちは。
私は歯科衛生士学校に通っている学生です。

今、臨床実習に出ているのですが、疑問に疑問に思ったことがあるので教えていただきたいです。

クラレメディカルという会社から出ている「ADゲル(次亜塩素酸ナトリウムゲル)」という面処理材をご存知でしょうか。

これはコンポジットレジンなどとの接着を増強するものですよね。

しかし、このあいだRCTの治療の際に、根管拡大後、根管貼薬(カルシペックス)の前にこのADゲルを塗布していました。

私なりに調べてはみたのですが、このADゲルは次亜塩素酸ナトリウムゲルでありますが、接着力向上のための歯面処理剤であるため、殺菌には使えないそうです。

では、何のために根管貼薬の前にADゲルを用いたでしょうか。
根管壁を処理することによって、根管貼薬の浸透がよくなるのでしょうか。

実習先の先生に伺えばよいのですが、いろいろあって話すことができません。
どうかよろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-09-12 20:57:00
違いますよ〜。

>次亜塩素酸ナトリウム

は消毒剤です。(強アルカリで細菌を殺します)
レジンの前に使用するのは面の清掃の意味合いが大きいと思いますよ。

ADゲルは元々根管内で使用する薬だと思います。
(私は使用しませんが)


>根管貼薬の浸透がよくなるのでしょうか

浸透力を強くしたかったら、EDTA系の物
(商品名:RCプレップ、グライド、モルホニン、スメアクリーン)

スメア層と言う単語を調べてみてください。

学生さんは調べてナンボですよ。
嫌いな先生でも頭を下げて直接指導を受けるべきだと思いますよ。

頑張っていい衛生士さんになってくださいね!!(^▽^)V

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: バンビさん
返信日時:2007-09-12 21:27:00
井野先生、ご返答ありがとうございます。

クラレメディカルのHPやADゲルの効能書に、ADゲルは殺菌や止血には使えないと書いてあったので、消毒として用いるものではないのかと思ってました。

ですが、消毒として用いるんですね。
とても参考になりました。

実習先の先生方はとても優しいのですが、歯科衛生士の先輩方に先生と話すといやな顔をされるので質問できないでいました。

けれど、これも今しかない学ぶチャンスだと思って、明日からは自分で調べても分からないことは、どんどん質問して知識を増やしていきたいです。

ありがとうございました。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-09-13 01:47:00
やる気のない先輩を追い抜くつもりで、どんどん伸びていってください。
そんなバンビさんにもう一つ付け加えておきますね。

>これはコンポジットレジンなどとのコンポジットレジンなどとの接着を増強するものですよね。

レジンの接着力を増す為には、30%のリン酸などの酸を用いてエナメル質表面を脱灰(溶かします)させます。

そうすることにより接着面積が増えるのと、器械的嵌合力が増しレジンが取れにくくなります。

ただ、今の商品は1液性のものが主流で1液の中に
エッチング剤+プライマー+ボンディング剤が配合されています。

昔はこれら3工程をそれぞれの液を用いて樹脂含浸層を作っていました。

1液で非常にラクになった分、説明書どうり行わないとテクニカルエラーが出やすくなります。

参考程度に

では頑張ってください。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-09-13 10:10:00
あ、いい衛生士さんになって下さいね!

因みに、蛇足ですが1液性はラクなので、保険で大急ぎで患者さんを診なくてはいけない日本では特に流行っています。

・・が色々注意が必要で、実はそんなにラクでもありません。

メーカーの公表値では2ステップ、ないし3ステップのものには劣るものの、臨床上大丈夫だろう接着力は出ていますよ(10Mpaちょっとぐらい)、とのことなのですが、井野先生の記述の通り色々無理をした製品です。

例えば保管中の気温や、呼気中の湿気によって明瞭に接着力が低下しますから、1液を使用するならマニュアル通りの厳重な保管(衛生士さんの仕事です)、およびラバーダム防湿やADゲル使用などの注意が本来は必要ですよ。

・・豆知識でした^^

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2007-09-13 10:51:00
ADゲルの働きについて。
ADゲルは象牙細管内のコラーゲンを溶かす目的で使います。

ADゲルの添付文書を見てもらえば分かりますが
http://www.kuraray-dental.com/catalog/adgel/adgel.pdf

元々接着を強化させる目的の商品です。
間違った知識を公表してはいけません。

目的は、象牙細管内のコラーゲンファイバーを溶解し、そこにレジンタグを入れて接着力を強化させるものです。

レジンタグは100μに及ぶこともあります。

ただ、高濃度のNaHClOなので殺菌力も当然あるため、歯内治療の先生が使っているようですが、見てのとおり フィラーなどの不純物も入っているものですので根管治療に使うのはどうでしょうか・・・

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2007-09-13 13:32:00
すみません。
だそうです。

>バンビ さん

大変申し訳ありません。

私が勉強しなおします。m(_ _;)m
ごめんなさいね・・・

回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2007-09-13 16:48:00
そうですね。
確かにADゲルで殺菌できるか?と言われれば当然「できる」でしょうね。

おそらく、根管治療時に使用したと言う事は次亜塩素酸ナトリウムの水溶液では「垂れてしまう」から、ADゲルを代用したのではないでしょうか?

特にラバーダムを使用されていないとしたら、上顎臼歯部などでは垂れてくるのは怖いですよね。

じゃないかなぁ?

あと、僕は直接覆罩の時の面処理に最近は次亜塩素酸ナトリウムの水溶液ではなく、ADゲルを使っています。

何となく成績が良いような気がします。
抜髄へ移行するケースが減ったような‥気のせいかな?)

回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2007-09-13 16:55:00
確かに、皆さんがおっしゃるように"使える"とは思います。

ただ、"使える"というのと、"正しい使い方"が異なることはちゃんと発言すべきだと思ったんです。

なんせ、質問者は衛生士の卵さんですから。。。

ただ、ADゲルはかなりキツイので、ひどいときには歯根膜炎を起こすこともあるのであまりお勧めできない代物ではあります。

回答 回答8
  • 回答者
回答日時:2007-09-13 17:09:00
はい。
「正しい使い方」はタカタ先生のおっしゃる通りです。

正しい知識を身に付けましょう。>バンビさん

そして、正しい使用法でない事をドクターがやっていたら「迷わず質問」しましょう。それなりに考えて行っていると思いますから‥。




タイトル ADゲル(次亜塩素酸ナトリウムゲル)を根管の殺菌に使っても良い?
質問者 バンビさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 根管治療関連
材料・機材関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日